アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
13411 アメリカの精神分析 1(古代〜近世)
 
阪本剛 HP ( 27 千葉 SE ) 01/10/13 AM00 【印刷用へ

 今回の同時多発テロに限らず、アメリカは「自由を守る戦い」「民主主義のための戦い」という言い方をよくします。実態としては、アメリカ一国に対する問題であっても、反米の構図よりも、まず「(近代的自由に基づく)善」と「(反近代的な)悪」という構図を作り、アメリカは「善」の守護者であるという言い方をします。

 では、自らの立場が絶対的な正義であり、自らに対立する存在が悪であり、あらゆる行動を正当化する論理の起源はどこから生まれてのでしょうか?
 また、なぜ「自由」や「民主主義」の題目を唱え続けなければならないのでしょうか?

◆◆◆階級闘争論は近代の外観を持つ旧約聖書

 西欧から世界中に影響を与えた思想にマルクスの階級闘争論があります。資本家が労働者を搾取する世界は、やがて労働者によって革命されるという理屈です。

 しかし、階級闘争論から生産手段といった概念、資本蓄積の構造といった経済学的な外観を取り除き、その思想のエッセンスを見れば、ようするに、抑圧された被支配者が、なんらかの時代的必然性によって、支配階級をうち破り、自らの理想世界が誕生する、それが歴史というものだ、という話です。

 よく見れば、これは、ユダヤ人の聖典である旧約聖書のストーリーと相似です。ユダヤ人の古代史に、ローマなどの支配国家が資本家へ、ユダヤ人が労働者へという風に、より近代的・普遍的な支配--被支配の構造の外観を取り付けたものが、いわゆる階級闘争の論理です。

 そして、恵まれなかった自らが、他者を打ち倒すための根拠として、一神教が発達し、それをバックボーンにアイデンティティが形成されていくことになります。

 このような他者に対する民族的ルサンチマン(抑鬱された恨みの感情)は、しかし、ユダヤ人に限らない、と思います。

◆◆◆ヨーロッパ人のルサンチマン

 ヨーロッパ人は、自らをギリシャ、ローマといったかつての文明の後継者を名乗りますが、実際は違います。現在ヨーロッパと呼んでいる地域の国々は、原野で放牧や狩猟を営んでいた人々、ローマが「野蛮人」と呼んだ民族が作ったものです。ヨーロッパ人が、グレコ・ローマン的教養に触れたのは、中世の終わり頃に、イスラム人が著したアリストテレスなど古代の哲学者の研究書・解説書をイスラム文化を通じて知ったのが最初です。

 イスラム圏という自分達よりも優れた文明があることを知ったヨーロッパ人は、これを否定にかかります。
 つまり、この動きの一つが十字軍によるイスラム都市の破壊・略奪であり、アレキサンドリアなど非ヨーロッパ圏の思想を受けた異端への弾圧です。そして、大急ぎで自らの思想を広めることに着手します。これが非ヨーロッパ圏へのキリスト教の大布教運動であり、他民族の文化破壊です。

 そして、先ほど述べたように、古代文明の後継者として、ヨーロッパを世界の中心と見なす、歴史観の捏造を行います。

 もともと貧しい国土と寒冷な気候の上で、生産力に恵まれず、高度な文明も持てなかったヨーロッパ人のルサンチマンは、他民族からの収奪、他文化の否定という形で優越感へ反転、爆発したのです。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_13411
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
アメリカは人種、言語の坩堝(るつぼ)は共認形成の難しさを語っている 「開放空間「THE ROTEN」」 05/11/14 AM07
アメリカは人種、言語の坩堝(るつぼ)は共認形成の難しさを語っている 「開放空間「THE ROTEN」」 05/11/14 AM07
アメリカの正体は野合集団 「開放空間「THE ROTEN」」 05/10/31 PM10
アメリカの正体は野合集団 「開放空間「THE ROTEN」」 05/10/31 PM10
97674 アメリカが「謝らない」のは(歴史)事実に向き合えないから 佐藤祥司 05/09/21 PM10
アメリカの支配欲の強さは? 「開放空間「THE ROTEN」」 05/09/17 PM09
アメリカの支配欲の強さは? 「開放空間「THE ROTEN」」 05/09/17 PM09
84278 RE:アメリカの精神分析 武田瑞紀 05/01/20 PM01
13723 アメリカの劣等感について 匿名希望 01/10/17 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp