アメリカ→官邸→マスコミによる支配
133736 FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部
 
南風小僧☆ ( 天然おやじ 島国 ) 06/10/10 AM02 【印刷用へ
FRBは、公的な顔をしているが闇の勢力が、国家に寄生し操るための核心部分だ。いわば国家経済の心臓部に直接、寄生してしまったといえる。
(参考 133290 ←これも読んでね)

実際イングランド銀行に巣くうロスチャイルド家を中心に1913年FRBが設立されてから、アメリカは、闇の勢力(国際金融資本)のなすがままにされていく。そして世界中が、アメリカに巣くった闇の勢力によって翻弄されていく。
----------------------------------------------------------------
○1913年 FRB創立
○1913年 連邦所得税法制定
  ※政府がFRBから借金をしなければなくなり、その借金
   返済のために制定された。アメリカ国民から金が掠め
   とられるようになった。
  ※所得税の裏には謀略があった。金持ちは、“免税の財団”
   に金をつぎ込んでまんまと課税を逃れ、それ以外の人々は
   “累進課税制度”に操られる。

○1914年 第一次世界大戦
  ※第一次世界大戦は、アメリカ政府を国際紛争に巻き込み、
   巨額の融資を銀行団から受けさせるために目論まれた。
   そのために、客船ルシタニア号が、1915年にドイツ潜水艦
   に撃沈されるのを(初めから計画して)故意に見過ごした。
   この時128名のアメリカ人が死亡して、アメリカ国民に衝撃
   を与え、確実に戦争に引き込まれるように仕向けた。

○1917年 ウォール街の金融関係者15人とFRBの総裁一行が
   「赤十字」の活動を装い、医師団と看護師を伴ってロシア
   革命の中枢機関に出向いた。当然ながら、医療活動する訳
   がなく、真の目的はボルシェビキ“運動”支援のため。
   J.Pモルガンは、「派遣団宛に100万ドル送った。」
   革命後、唯一モルガン銀行だけがロシア政府に国有化され
   なかった。
    
○1930年代 ナチスに資金提供。
   ※ナチスに資金提供したのは具体的にはどんな組織か?
   サットンの答えはこうだ。@ニューヨーク連邦準備銀行
   (FRB)Aイングランド銀行 Bライヒスバンク
   Cフランス銀行

○1929年 株式市場の大暴落→世界大恐慌
   ※これは偶然の出来事ではない。1923年から1929年にかけて、
   FRBは通貨供給量を何と62%も増やしたのである。
   (注:詳しくは別途投稿予定)

----------------------------------------------------------------
以上「次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた」より抜粋引用

ロスチャイルド家を始めとする国際金融資本は、まずFRBを握ってアメリカという国家をほぼ手中にいれた。上記のように当初は、外国への謀略も自ら実行していた。
外国の敵対勢力を自ら育て、出資しアメリカと対立・戦争させ、膨大な戦争需要をもとに莫大な利益を得ていた。

このように見てくると、アメリカ闇の勢力の中核は、FRBに巣くったユダヤ系国際金融資本であることが見えてくる。FRBを中核にCIAや軍産複合体が形成されていく過程。(以下)
・FRBを設立して国家の心臓部に寄生、バブルも恐慌も意のまま。
・次いで戦争の国家需要に群がる軍産複合体を形成して、次第にアメリカ政府と一体化していった。
・さらに第二次大戦を経て国家を隠れ蓑に、専門分化した謀略機関を設立
(OSS→CIA)

では残る疑問、ユダヤ系国際資本がなぜアメリカを支配し得たのか?WASP系は?彼らはFRBを核としてまとまったのだろうか?

 
List
  この記事は 133622 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_133736
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
221763 国債の歴史:17世紀末、中央銀行とセットで開始 井上宏 09/12/12 AM05
211511 赤十字活動の裏で繋がる世界の皇族たち 朱雀 09/07/25 PM08
アメリカ金融史8 アメリカはいか にして金融の中心となっていったのか? 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/04/27 AM11
アメリカが世界から収奪する仕掛けはこうして構築された 「にほん民族解放戦線^o^」 07/09/11 AM00
159098 FRBに抵抗する者はことごとく暗殺されてきた 国道12号 07/08/16 PM06
158932 ロン・ポール〜「連邦準備銀行廃止」を公約する大統領候補〜 国道12号 07/08/14 PM06
158880 外国資本が所有する米国中央銀行FRBとは 復讐の叫び 07/08/14 AM02
158755 ロックフェラー主導で戦争を起こし市場拡大を目指してきたアメリカの帰結〜第一次世界大戦から現代までをみる 猛獣王S 07/08/12 AM11
152663 闇の支配勢力と中央銀行、そしてBIS 南風小僧☆ 07/05/26 AM02
【2006重大ニュース 外交】 北朝鮮核問題 「ブログ de なんで屋 @東京」 06/12/20 AM01
134237 FRBと闇の勢力による“1929ニューヨーク株式大暴落” 南風小僧☆ 06/10/14 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp