学者とマスコミはグルで頭脳支配
127592 <灯籠流し>水に溶ける商品…「環境問題」で揺れる  やっぱりここでも、NPOのチンケな要求運動
 
志水誠 ( 27 神戸 会社員 ) 06/08/06 AM09 【印刷用へ
夏の風物詩「灯籠(とうろう)流し」。最近、水に溶ける灯籠が回収の手間がかからないことを売りに増えつつある。ところが、環境NPO(非営利組織)などが「川が汚れる」と問題視し、国土交通省や自治体も「回収できず不適当」と主催者側に見直しを求める事態になっている。「目の前で回収されたら味気ない」との思いからも考えられた溶ける灯籠。日本の伝統的な風習が、環境問題で揺れている。
 5日午後7時過ぎ、東京都足立区千住の荒川河川敷・虹の広場で、被爆2世の演歌歌手、山村貴子さんを中心とした実行委員会主催の灯籠流しが行われた。流された約300の灯籠は、約100メートル離れた2隻のボートから次々と回収された。
 この灯籠流しは03年から始まり、水に溶ける灯籠は当初から使用。しかしNPO「荒川クリーンエイド・フォーラム」が、「河川を汚すのではないか」と国交省に申し入れ、同省荒川下流河川事務所は今年、主催者側に回収するよう行政指導した。山村さんは「故郷の広島市で毎年行われる灯籠流しは、灯籠がすぐ下流で回収され、心を痛めていた。回収せずに済む灯籠にしたのに残念です」と話す。
 水溶性の灯籠の使用は全国的には100カ所程度と見られている。東京・隅田川の灯籠流しでは、昨年は水に溶ける灯籠だったが、東京都が「好ましくない」としたため、今年は溶けない材質に切り替えた。【山本建】
(毎日新聞) - 8月5日22時39分更新

 水溶性紙灯篭の製造元
 リンク
 
 荒川クリーンエイド
 リンクのホームページから・・・。

 分解性の灯篭がどんなものかという写真を載せてるが、所詮はビーカーの中で、やった実験にすぎず、その実験結果が、必ずしも分解性の灯篭が環境の負荷にはつながるという事実を実証するとは思えない。明らかにゴマカシである。

 東京の荒川と隅田川で、今年の8月に灯篭流しが行われた。隅田川では数十年ぶりの復活であった。川を管理する国土交通省(荒川)と東京都(隅田川)は、ともに灯篭の回収を条件に許可した。ところが、両方とも水に溶ける灯篭を使い、回収しなかった。
 荒川では、昨年水に溶けるものが使われ、水質を汚染する恐れありとの意見があって、今年は回収することとなった経緯がある。許可条件に違反した主催団体も図々しいが、違反されても、何らの罰則も適用できないという役所も考える必要があろう。河川法により、汚物や廃物などを川へ棄てれば罰せられるが、水に溶ける灯篭が廃物に当たるかどうか難しいのだそうだ。

 今回使われたものは、プラスチック袋から取り出したセットを数分で組立て、ろうそくを点灯して水に浮かべれば、約30分後には水に溶けてなくなる。全国的に、灯篭流しが行われているが、私が問い合わせた限りでは、一様に回収まで行事の一環としている。しかし、隠れて使われれば水質は汚染される恐れがある。本来、灯篭流しとは、盂蘭盆の終わりに、精霊を送り返す霊送りの行事である。心を込めて作った灯篭を流して、回収まで責任を持って行ってこそ霊もなぐさめられるのではないのか。(文責:野村圭佑)

 >回収まで責任を持って行ってこそ霊もなぐさめられる。

 結局は、環境負荷の事実を実証できないから精神論・感情論を引っ張り出すお粗末さ。こうやってNPOは、己の自我充足のために、みんなが共認して続けてきた日本の伝統行事を、根こそぎ潰していっている。
 
  
 
List
  この記事は 9050 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_127592
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ミス大爆発⇒警戒心発の集中力はガタガタ⇒共認圧力発の集中力を形成するには?
トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ
隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代企業が生き残っていくのに必要な力は何か(前半)
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代、企業が生き残っていくのに必要な力は何か(後半)
自主管理への招待(1)工業生産から意識生産へ。時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。
自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない
自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換
自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ
自主管理への招待(6) 実現思考とは何か
自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則
学生に与う1 いま、社会の基底部で何が起きているのか
学生に与う2 私権の終焉と市場の縮小と権力の暴走
学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足
学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ
学生に与う5 共同体の母胎は女性が生み出す充足空間
学生に与う6 この行き詰った社会をどう再生するか
供給発のカギは、ゼロから新しい供給者を育成してゆく仕組み
新概念を使いこなせて、はじめて供給者になれる
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
出来ない、覚えられない
「みんなの成功体験」ならいくらでも積める
対面会議の欠陥
民主主義=会議という固定観念
集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ
企業革命の切り札は、社内ネット
経営者への提言:会議から社内ネットへ
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク
共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
『類グループが勝ち続ける理由』〜まとめ〜
協同組合法:出資・経営・労働を一体化した働き方をしている人たちは10万人を越えている
「人口減少社会の衝撃!!これからの働き方はどう変わる?」〜今、なぜ労働法について考えるのか?〜
感謝の心を損なう「有給制度」に代わる、『有給休暇一括買取方式』

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp