学者とマスコミはグルで頭脳支配
126159 創り出された「コジンシュギ」という価値観念
 
匿名希望 06/07/18 AM01 【印刷用へ
「本来の個人主義はまだ実現されていない」という台詞が出てくるその裏には、「西洋のモノは良い」といった価値観が働いているのではないかと思います。つまり、「日本に入ってきた個人主義は、本来の西洋の個人主義とは違うんだ。そしてその西洋の個人主義はまだ実現できていないんだ!」とする考え方です。

確かに私自身、小学校時代(1990年)にドイツに住んでいましたが、そこでみんなが持っていたイデオロギーは、日本で言う「コジンシュギ」という言葉とは違うように思います。

何が違うかというと、ドイツではそもそも「Individualismus」(邦訳=個人主義)という言葉が何かにおいて用いられることはありません。(政治的な話になると別です。ヒトラーの経験があるため、「全体主義はよくない」という対比として「Individiualismus」が謳われることはあります。)

「Individualismusだから、核家族で生きよう。子供部屋を作ろう。個室をたくさんつくろう。」といったような考え方は全くありません。むしろ個室や核家族で社会が構成されている限り自然発生的な人間関係はありえませんから、積極的に人と関わりを持とうとします。

初めて友達の家に遊びに行くと、まずは握手から始まって、客間に通され、その友達のアルバムを一緒に見るという流れから始まります。そこには「自分の聖域を侵さないで」というムードはなく、自分を知って欲しい、相手を知りたいという姿勢が見られます。

このように、少なくとも私がドイツで経験した「Individualismus」は、「人と人が違うのは当たり前。だから周りを見て、自分がどんな人間かを明らかにして、どうすればうまいこと人間関係を作れるのか(あるいはグループとして統合されていくのか)を明らかにしよう」という態度でした。

日本では、西洋における家族構成だとか、教育制度その他の表層的な事象をみて、そのイメージから幻想観念である「コジンシュギ」を創り出したのではないでしょうか。(だから、「本当のコジンシュギ」=西洋の個人主義、という言葉にまだ信憑性があるように聞こえ、言い逃れの道として使うことができてしまう)

もし「俺はコジンシュギだけど、人のためも思って行動している」というのであれば、「人のためを思って」と言っている時点で既に「個人主義」ではありえなくなります。

「コジンシュギ」=「なんとなく格好いい価値観」と思うのはやめて、「本当の個人主義」とは、ゴマカシであるか、あるいは実は個人主義ではないということに気付く必要があります。
 
List
  この記事は 972 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_126159
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
128943 子供部屋って、必要なんだろうか? 小暮 勇午 06/08/25 AM01
126592 Re:創り出された「コジンシュギ」という価値観念 日浦雅俊 06/07/23 PM04
126448 誤魔化し言葉は止めて本当のこと教えて欲しい 後藤美奈子 06/07/21 PM05
126431 「西洋個人主義」の洗脳から脱し切れていない親や教師 仙元清嗣 06/07/21 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp