人類の起源と人類の拡散
125239 人類の拡散の歴史@
 
渡辺卓郎 ( 34 東京 設計士 ) 06/07/08 PM02 【印刷用へ
多田さんが投稿してくれたサイトが、人類の移動と気候の変化がインタラクティブに表示されていてとてもわかりやすかったのですが、英語だったので解説文を日本語にしてみました。辞書に載ってない単語もあって難しい・・・。
内容を見ると、(125138)で岩井さんが紹介してくれたwikiの記述と概ね合致します。
これらが、今の段階での、遺伝子生物学・考古学・気象学・地学などの科学的知見から推察される人類の拡散の歴史とされているようです。

Jurney of Mankind
リンク 

-------------------------翻訳---------------------------

スティーブン・オッペンハイマー博士によって設立されたブラッドショー財団は、16万年前に遡る、現生人類の旅のバーチャル体験を提供します。最初に表示される地図は、その時代における民族移動と気候変化を、インタラクティブに表示します。

私たちは、熱帯地方のアフリカにおける、外圧に対して団結して立ち向かった、とても小さな集団の末裔です。彼らは、ただ生き延びるだけでなく、洗練された相互の社会的交流や様々な方法での文化的な表現を発展させてきました。

スティーブン・オッペンハイマー博士は、ミトコンドリアDNA(mtDNA)とY染色体の研究、気候学および遺跡の研究から得られた考古学的知見に基づき、世界中の古代壁画の背景となった民族移動のルートと時期を追いました。

■アフリカ起源
16万年以上前、現生人類−ホモサピエンス−たちは、アフリカに住んでいました。
最も古い考古学上の証拠は、私たちのミトコンドリアDNAとY染色体の痕跡が、東アフリカで発見されたことです。

■16万年〜13万5千年前
4つの集団が、狩猟を行いながら、喜望峰、コンゴ盆地の南西、象牙海岸の西にたどり着き、ミトコンドリアDNAのタイプL1となりました。

■13万5千年〜11万5千年前
12万5千年前頃、一つの集団がグリーンサハラを縦断し、ナイルを北上し、レバントに到着します。最初の出アフリカです。

■11万5千年〜9万年前
レバントにたどり着いた部族は、9万年前頃までには死に絶えてしまいます。
全地球的な寒冷期が、この地域および北アフリカを完全に砂漠化させてしまったのです。
この地域は、後に、再びネアンデルタール人の生息域になります。

■9万年〜8万5千年前
8万5千年前、一つの集団が、紅海を渡り、おそらくは沿岸の漂着物を拾いながら、アラビア半島の南の沿岸部を通ってインドの方へと進みます。
全てのアフリカ人でない人種は、この集団に由来します。

■8万5千年〜7万5千年前
スリランカから、インド洋沿岸を経て西インド諸島まで、彼等は移動し続けました。引き続き、沿岸を辿りながら、ボルネオを迂回して中国南部を移動し続けます。

-------------------------続く---------------------------
 
List
  この記事は 125144 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_125239
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
人類の拡散は東方の海岸ルートで行われたらしい 「類塾ネット」 06/09/27 PM01
126393 アフリカ起源への疑問 匿名希望 06/07/20 PM10
人類の祖先のほとんどは死滅していた(人類の拡散状況) 「Biological Journal」 06/07/14 AM02
125240 人類の拡散の歴史A 渡辺卓郎 06/07/08 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp