アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
124322 ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
 
きっちょむ ( 36 大阪 会社員 ) 06/06/30 AM02 【印刷用へ
以下リンクより引用

■■戦う二大企集群を具体的に織別する

それではより具体的に、両陣営のおもだった企業はどことどこなのか。英米の企業を中心に、産業分野ごとに、《米保守本流系》と《英シオニスト系》の対立軸を確認していこう。

なお、ここで初めに2つの点をお断わりしておく。

第1に、実は、日本・ドイツ・フランス等々の多くの企業も両陣営に識別されるのだが、あまり包括的にやっても焦点がぼけるので、政治的立場がはっきりしている両陣営の中核的企業に限って以下に紹介する。

第2に、《米保守本流系》同士、《英シオニスト系》同士、株の持ち合い、企業提携、経営者の交流などを通じて、相互に通じてはいるが、日本の「系列」のように、常に株の持ち合いのような公的な関係が確かめられているわけではない。筆者が長年これらの企業を観察してきた結果に基づく分類である。

※以下表は原表より抜粋
       
         ロックフェラー    ロスチャイルド

石油エネルギー  エクソン       ロイヤルダッチシェル
         モービル       ブリティッシュペトロリアム

情報・通信    IBM         ATT 
     
金融       メリルリンチ      ゴールドマンサックス
         モルガンスタンレー

化学・電気    GE          フィリップス
                     デュポン

自動車・防衛   GM          フォード
         ボーイング       ルノー
                     ロッキード

マスコミ・その他 ペプシコーラ      コカコーラ
         NBCテレビ       ABCテレビ
         AP通信         ロイター通信 
                     ニューヨークタイムズ

引用ここまで

世界的な企業が、ロックフェラー系、ロスチャイルド系という2大陣営の中にある事に驚かされる。
これら2大陣営による、私益追求の行方が国の政治に大きな力を及ぼしていることは、容易に想像できる。
むしろ国家は彼らが市場拡大するための、道具に過ぎない(牛耳られている)122228というのもリアリティーを帯びてくる。

アメリカを中心とした、私権国家を対象化する上で、ロックフェラーとロスチャイルドという世界の2大陣営から見た分析が不可欠だと思う。

        
 
List
  この記事は 122091 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_124322
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
178374 ロックフェラー系?ロスチャイルド系?? マナティー 08/06/04 PM06
166959 ロスチャイルド資料 〜人脈〜 孫市 07/12/12 PM09
166920 ロスチャイルド資料 〜代表的な企業など〜 孫市 07/12/12 AM07
地球温暖化を喧伝するロスチャイルド 「全体主義的言語の時代〜社会学的トリックスター分析〜」 07/06/16 AM10
ロックフェラーとロスチャイルド 仲良く喧嘩? 「Trend Review」 07/03/14 AM01
144086 世界情勢の背後に財閥間の闘争があった 高橋幸香 07/02/03 PM11
134343 ブッシュ政権とゴールドマン・サックスの関係 阪本剛 06/10/15 AM03
133086 ロックフェラーはプレジデント・メーカー? tanvool 06/10/04 PM04
125389 ユダヤ系 世界7大財閥 06/07/10 AM09
124587 ロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥の生い立ちからの特徴 新井重雄 06/07/02 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp