アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
124322 ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
 
きっちょむ ( 36 大阪 会社員 ) 06/06/30 AM02 【印刷用へ
以下リンクより引用

■■戦う二大企集群を具体的に織別する

それではより具体的に、両陣営のおもだった企業はどことどこなのか。英米の企業を中心に、産業分野ごとに、《米保守本流系》と《英シオニスト系》の対立軸を確認していこう。

なお、ここで初めに2つの点をお断わりしておく。

第1に、実は、日本・ドイツ・フランス等々の多くの企業も両陣営に識別されるのだが、あまり包括的にやっても焦点がぼけるので、政治的立場がはっきりしている両陣営の中核的企業に限って以下に紹介する。

第2に、《米保守本流系》同士、《英シオニスト系》同士、株の持ち合い、企業提携、経営者の交流などを通じて、相互に通じてはいるが、日本の「系列」のように、常に株の持ち合いのような公的な関係が確かめられているわけではない。筆者が長年これらの企業を観察してきた結果に基づく分類である。

※以下表は原表より抜粋
       
         ロックフェラー    ロスチャイルド

石油エネルギー  エクソン       ロイヤルダッチシェル
         モービル       ブリティッシュペトロリアム

情報・通信    IBM         ATT 
     
金融       メリルリンチ      ゴールドマンサックス
         モルガンスタンレー

化学・電気    GE          フィリップス
                     デュポン

自動車・防衛   GM          フォード
         ボーイング       ルノー
                     ロッキード

マスコミ・その他 ペプシコーラ      コカコーラ
         NBCテレビ       ABCテレビ
         AP通信         ロイター通信 
                     ニューヨークタイムズ

引用ここまで

世界的な企業が、ロックフェラー系、ロスチャイルド系という2大陣営の中にある事に驚かされる。
これら2大陣営による、私益追求の行方が国の政治に大きな力を及ぼしていることは、容易に想像できる。
むしろ国家は彼らが市場拡大するための、道具に過ぎない(牛耳られている)122228というのもリアリティーを帯びてくる。

アメリカを中心とした、私権国家を対象化する上で、ロックフェラーとロスチャイルドという世界の2大陣営から見た分析が不可欠だと思う。

        
 
List
  この記事は 122091 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_124322
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
178374 ロックフェラー系?ロスチャイルド系?? マナティー 08/06/04 PM06
166959 ロスチャイルド資料 〜人脈〜 孫市 07/12/12 PM09
166920 ロスチャイルド資料 〜代表的な企業など〜 孫市 07/12/12 AM07
地球温暖化を喧伝するロスチャイルド 「全体主義的言語の時代〜社会学的トリックスター分析〜」 07/06/16 AM10
ロックフェラーとロスチャイルド 仲良く喧嘩? 「Trend Review」 07/03/14 AM01
144086 世界情勢の背後に財閥間の闘争があった 高橋幸香 07/02/03 PM11
134343 ブッシュ政権とゴールドマン・サックスの関係 阪本剛 06/10/15 AM03
133086 ロックフェラーはプレジデント・メーカー? tanvool 06/10/04 PM04
125389 ユダヤ系 世界7大財閥 06/07/10 AM09
124587 ロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥の生い立ちからの特徴 新井重雄 06/07/02 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp