共認運動をどう実現してゆくか?
107308 露店主に同化。〜3月12日津田沼露店
 
島田早季 ( 20 千葉 歯科技工士 ) 06/03/13 PM10 【印刷用へ

予定されていた千葉露店・・・・・・は千葉駅前のいつもの場所で大々的に署名活動が行われていた為中止となり、急遽予定を変更して津田沼にて開店。

・・・・・しようとしたら、その日は生憎の強風で、風対策をしつつの出店準備だけでも30分くらいかかってしまいました。

やっと準備も整って露店開始。
メンバーは志水師匠・橋田さん・大学生露店主山田君。

山田君とは初めて一緒に露店をやりましたが、彼の『なんで屋やってるのはなんで?』は面白いですよ!
私は今までこのお題は「今社会はなんだかガタガタで・・・・」と社会不全から切り開く展開でしか見たことがなかったのですが
正直、それって自分の意識と繋がりにくい部分がある。今でこそ社会に関心を持ち始めたものの、なんで屋に会う前だったらそれを聞いても「ふーん?」ってぐらいだったのだろうと思います。
山田君は『なんで屋との出会い〜現在露店主になる筋』を『実感(個人不全)〜社会(社会不全)に向かう筋』になぞらえて語っていたので、実感と結びつきやすいと感じました。しかも自身がまだ学生であることをアピールすることでお客さんに「こんな若い世代が社会に関心を持っているのか」と興味をひきつける。
自分の武器をよく生かしているな、と感じました。

強風+寒さでなかなか人が足を止めない中、一人の中年男性が大変関心を持ってそのお題を聞いて、満足料として2000円のカンパをしてくれました。
その後、私がその方のリクエストで「男がハッキリしないのはなんで?」
にチャレンジしました。
実は私は先週の木曜が白板お題のデビュー戦で、このお題なんて数ヶ月前に一度聞いたっきり。でも折角のリクエストだったので、店主さん達の手を借りつつ悪戦苦闘の末何とかやってみました。そしたらなんと、満足料1000円を頂きました!
初めて「満足料」を頂きましたが、お手伝いとしてカードを売った時とは比べ物にならない喜びがあるんですね!金額がどうこう言う以前に「自分の頑張りを評価された」というのがすごく嬉しかったです。
白板お題は少し敬遠しがちでしたが、この充足経験は大分今後の活力になりそうです。
まだ露店でお題をやったことが無い方は、是非やってみることをお勧めします。

気候にこそ恵まれませんでしたが、なかなか充足した露店だったよーに思います。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_107308
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp