子育てをどうする?
105839 親子関係を越えた母親から母親への伝授をしたがっているのかも
 
塩貝弘一郎 HP ( 31 京都 営業 ) 06/02/16 PM10 【印刷用へ
>市場拡大によって職場と家庭が分断され、かつ家庭が絶対不可侵の聖域となった(例えば、よく「企業が悪い」「学校が悪い」と糾弾されるが、「家庭が悪い」と糾弾されることは殆どない)ことによって、家庭には何の圧力も働かなくなり、その結果、家庭は子供を教育する資質をほぼ全面的に喪ってしまった。サラリーマン家庭が孕む教育不能という問題の深刻さは、当分の間は、まだ農家育ちの祖父母や両親が居たお陰で、顕在化してこなかった。しかし、農村から都市への大移動がほぼ終わった'70年以降、その致命的な欠陥が徐々に露呈され始め、とりわけ老人と共に農家時代の諸規範が家庭から消え去った'90年以降、若者たちの間に心の欠陥児が急増し、子供の精神破壊が恐ろしいスピードで進行中である。(実現論9_2_03 実現論 ロ.肉体破壊・精神破壊と市場の拡大停止)

先日、京都で「なんで屋」をやっていた時に、子育てを終了し、余暇を持て余している2人組のおばちゃんに出会った。

そのおばちゃん達の最近の話題はもっぱら社会の時事ネタらしく、かなり昨今の「幼児虐待」や「精神欠陥の子供達」の事を心配している様子でした。
おばちゃん達にとって、数年前から言われ出した「公園デビュー」なんてこと自体が到底考えられなかったらしい。なぜ周りの人たちとの関係をもっと築く事が当たり前にできないのか?と疑問にあがった。

そこで、
>生産集団である共同体を基盤とし、その共同体を維持するための規範に基づく行動が残存していたといえます。共同体を構築し、維持するには生産・闘争過程だけを共同にするだけでは不十分で、子を育てるといった生殖過程も包括しなければいけないことをあらわしています。また、誰の子というこだわりなく育てていくことで女性の自我も自然と抑制される、または自我が萌芽しないといったほうがいいかもしれません。(24993 槇原さん)

子育て規範や共同体が解体されて以後、子育て環境は社会環境と共に変化し、今では母親自体が、
@周りへの肯定視が無い
A自分自身に自信が無い ⇒人間関係の不足
B他者否定(信頼が無い)
の「3無い」になってしまった。結果、誰も近くに信頼できる「仲間」がおらず・できず、母親(女)の不全ばかりが高まっている。
とはいえ、子育て課題は緊迫した課題であり、どうにかしないといけない、その結果、その不全を少しでも共有できる仲間を求め、公園であったり、サークルであったり、目先に必死に収束しているのでしょう。
しかし、これでは何時か破綻をきたすのは目に見えている。
彼女達の不全の本質部分の「答え」槇原さんが(24991)(24993)で挙げておられるように=安心できる「場」・「体制」作りなのだと思います。(ここが子育てにおける男の役割なのでしょう。)

潜在的にこのままじゃ「まずい!!」って思うからこそ、古きを知るおばちゃん達は、親子関係を越えたところで「自分達の「子育て」経験の伝授を彼女達から求められるのならば、いくらでも提供する」と、母親⇒母親、母親⇒社会へと何らかの形での役割を求めているようでした。
 
List
  この記事は 24993 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_105839
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp