日本人の起源(縄文・弥生・大和)
103782 古代中国の社会(1)〜農耕社会の発生
 
にっすぃ〜 ( 29 奈良 ) 06/01/08 PM05 【印刷用へ
なぜ中国大陸にいち早く古代国家が生まれたのだろうか?それを知るためにも古代国家が生まれる前段階の農耕社会を、その発生から展開、変遷について調べ、到達した古代国家の枠組を整理していきたい。

■東アジアの農耕社会
華北の河北省南荘頭遺跡・河北省天年遺跡・北京市東胡林遺跡、華中の湖南省玉セン岩遺跡・江西省仙人洞遺跡、華南の広西壮族自治区桂林甑皮岩遺跡など、中国全土から1万年を遡る土器が出土している。

メソポタミア文明を生んだ西アジアにおいても土器の出現はせいぜい8000年前であり、東アジア諸地域の土器の出現は世界的にみても最古地である。東アジア各地で更新世から完新世を迎える時期に土器が出現している。

この時期に、中国大陸では華北ではアワ・キビを、華中ではイネを栽培化していった。東アジア各地は土器が出現する段階に、それまでの獲物を追って移動した遊動社会から、植物資源の採取を基盤とした定住化社会へと変化していった。

穀物栽培が発生した華北や華中では、更新紀には高原や丘陵の分布が見られたものから、完新世には平原へ遺跡の分布の中心が移動している。これはまさに生態系の変化から新たな人類の適応戦略の中で、植物資源への依存の高さを物語る。こうした中、華北・華中では禾本科植物である穀物が食物資源として重要な存在になった。

一方、日本列島から極東は、照葉樹林帯から落葉樹林帯の森林帯の発達が、ドングリやクルミなどの豊かな堅果類を提供している。堅果類を中心とした植物資源が採取戦略の中心になっていくのである。

他方、亜熱帯から熱帯域の華南では、果実や根菜類など豊富な食料資源が存在する。こうした多様な植物質食料が人々の安定した食料源であった。各地で始まった植物質食料を中心とした採取活動、さらにそれを補完する狩猟や漁といった生業形態に支えられながら、東アジア各地では定住社会が始まっていった。

こうした中で禾本科植物を食料源の主体とする華北や華中では、ヤンガー・ドリアス期のような一時的な気候悪化は、さらに禾本科植物への依存を促し、人間の植物食への関わりが深まった。ここに生物学的理由とともに、人間の社会集団の組織化により、栽培という初期農耕が始まっていく。

初期農耕はそうした意味で決して豊かな社会を目指したものではなく、生態への適応戦略として人間集団が選んだ仕方のない選択肢の一つであった。したがってこの段階における食料採集と生産高という意味では、東アジア各地域はそれほど大差がない。むしろ採集のみに依存できる社会のほうがよほど安定した社会であったと言える。

完新世の始まる時期は、三地域とも「栽培化」という生産形態が起こったものの、社会的な内容と意味においては同一ラインにあり、ここよりそれぞれが新しい社会集団構成へと分岐し始めた。これからの注目点として、定住社会として同じスタートラインに立った東アジア各地域が、どうしてその後に社会進化に差異が生じたのかを見ていきたい。
 
List
  この記事は 90515 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_103782
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
中国文明:森に囲まれた殷墟〜霊的儀礼としての狩猟 「縄文と古代文明を探求しよう!」 07/07/01 PM11
113859 完新世とは 阪本剛 06/05/15 PM02
113612 「禾本科」植物は何て読む? 黒田裕二 06/05/14 PM00
113604 アワ、キビって何? 黒田裕二 06/05/14 PM00
113601 語句解説「長江」「黄河」 555-666 06/05/14 PM00
113287 中国古代文明の遺跡について補足 ハリケーンミキサー 06/05/13 PM00
113274 語句解説:ヤンガー・ドリアス期、ヒプシサーマル期 中村康次郎 06/05/13 PM00
107200 古代中国の社会(2)〜農耕集団の組織化 にっすぃ〜 06/03/11 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp