子育てをどうする?
103769 少子化が止まらない
 
福田慎一郎 ( 29 愛知 営業 ) 06/01/08 AM02 【印刷用へ
少子化が止まらない。ついに日本の人口は減少に転じるようだ。厚生労働省はその対策として、企業に対して子育て支援の行動計画の策定を義務付けた。
これで効果はあるのだろうか?

リンク
○次世代育成支援対策推進法に基づき、従業員数が301人以上の企業では、2005(平成17)年4月から次世代育成支援のための行動計画を策定し、実施することになった。行動計画に定めた目標を達成したことなど一定の要件を満たす場合には、申請により厚生労働大臣(実際は権限を委任された都道府県労働局長)の「認定」を受けることができ、その企業は「次世代認定マーク」を広告等で利用できる

一般事業主行動計画の内容に関する事項
以下のような事項から必要なものを、事業所の実情に応じて選択して定めることが出来ます。
とくに1と2について、行動計画に掲げた目標を達成したこと等の基準を満たすことにより認定企業とされ、企業の商品、広告等に認定を受けたことを示す表示(次世代認定マーク)を使用できることが認められます。

1.子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備
・妊娠中及び出産後における配慮
・子どもの出生時における父親の休暇取得の促進
・育児・介護休業法の規定を上回る、より利用しやすい育児休業制度の実施
・育児休業期間中の代替要員の確保や育児休業中の労働者の職業能力の開発・向上等、育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備
・短時間勤務制度やフレックスタイム制度の実施等、労働者が子育てのための時間を確保できるようにするための措置の実施
・事業所内託児施設の設置及び運営
・子育てサービスの費用の援助の実施
・より利用しやすい子どもの看護のための休暇の措置の実施
・育児等退職者についての再雇用特別措置等の実施 等

2.働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備
・ノー残業デー等の導入・拡充や企業内の意識啓発等による所定外労働の削減
・年次有給休暇の取得の促進
・短時間勤務や隔日勤務等の多様就業型ワークシェアリングの実施
・テレワーク(ITを利用した場所・時間にとらわれない働き方)の導入
・職場優先の意識や固定的な性別役割分担意識の是正のための意識啓発

3.その他の次世代育成支援対策
・託児室・授乳コーナーの設置等による子育てバリアフリーの推進
・地域における子育て支援活動への労働者の積極的な参加の支援等、子ども・子育てに関する地域貢献活動の実施
・子どもが保護者の働いているところを実際に見ることができる「子ども参観日」の実施
・企業内における家庭教育に関する学習機会の提供
・インターンシップやトライアル雇用等を通じた若年者の安定就労・自立した生活の推進

○2005(平成17)年9月末時点で、全国の従業員数301人以上の企業のうち、各地の労働局に対して行動計画作成の届出があったのは、全体の84.4%である。

少子化の原因を経済的なものとして捉えるのであれば、上記のような政府の対策(足りないお金や時間の援助)は一定有効なのかもしれない。しかし、「子どもを産み育てたいと望む人たちが、安心して活力を持って子育てできる環境」には繋がっていないように感じる。

都市化の進行は家族や地域の形を大きく変えた。それによって出産や子育てにも影響が現れている。
例えば、女性の社会進出は、閉ざされた家庭では得られない男性へ共認充足、そして女性としての役割や評価を期待しての動きである。子育ての不安は、「お金や時間が足りずに育てられない」というものではなく、「どう育てたらいいのか分からない」もしくは「自分に子供が育てられるのだろうか」というものである。

少子化の問題を考える時には、まず出産・子育ては集団しいては社会全体の課題であるという大前提をおさえる必要がある。本質的には、闘争(生産)の場と生殖(消費)の場の分断をいかに修復していくか、共同体をいかに再生していくかということである。
 
List
  この記事は 98313 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_103769
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp