否定脳(旧観念)からの脱却
103634 > 漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
 
寺嶋眞一 HP ( 68 静岡 無職 ) 06/01/05 PM03 【印刷用へ
> 閉塞の元凶は、個人主義 
> 933 漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
> 阪本剛 HP  ( 27 千葉 SE ) 01/03/06 PM10 【印刷用へ】 
>>「近頃自我とか自覚とか唱えていくら自分の勝手な真似をしても構わないという符徴に使うようですが、その中にははなはだ怪しいのがたくさんあります。
 彼らは自分の自我をあくまで尊重するような事を云いながら、他人の自我に至っては毫も認めていないのです。」 (夏目漱石「私の自分主義」より)<<

同感です。彼らは、自我が無くても、我 (が) が強い。利己主義者は、他人の利己を認めない。97183 

>> ■「たとえば西洋人がこれは立派な詩だとか、口調が大変好いとか云っても、それはその西洋人の見るところで、私の参考にならん事はないにしても、私にそう思えなければ、とうてい受売(うけうり)をすべきはずのものではないのです。」 <<

気分・雰囲気の話は、議論にならない83954。受売(うけうり)を得意とするのもどうかと思う。93306 

>>■「私が独立した一個の日本人であって、けっして英国人の奴婢でない以上はこれくらいの見識は国民の一員として具えていなければならない上に、世界に共通な正直という徳義を重んずる点から見ても、私は私の意見を曲げてはならないのです。」 <<

アメリカ人は、’independent’ (独立している) が個人に対するほめ言葉である102886。日本人のほめ言葉は、「言いなり」といえば格好は悪いが、「従属」がすなわち忠義の手本ではないのですか。19034 

>>■「普通の学者は単に文学と科学とを混同して、甲の国民に気に入るものはきっと乙の国民の賞讃を得るにきまっている、そうした必然性が含(まれていると誤認してかかる。そこが間違っていると云わなければならない。」 (以上「私の個人主義」より)<<

日本人は、「世の中は、、、、、」の発想法に慣らされている82504。日本語を使って、世界観の個人差を意識することは難しい。94865 

>>「西洋の理想に圧倒せられて眼がくらむ日本人はある程度に於て皆奴隷である」(「野分」) <<

そうですね。奴隷解放の方策など、今に至るまで聞いたことも無い。99076

>>「もし人格のないものがむやみに個性を発展しようとすると、他を妨害する、権力を用いようとすると、濫用に流れる、金力を使おうとすれば、社会の腐敗をもたらす。ずいぶん危険な現象を呈するに至るのです。」<<

人格のない人間では、どうしようもありませんね94438。社会の混乱は、危険な現象ですね103548

>>「各人の享有するその自由というものは国家の安危に従って、寒暖計のように上ったり下ったりするのです。
 これは理論というよりもむしろ事実から出る理論と云った方が好いかも知れません、つまり自然の状態がそうなって来るのです。
 国家が危くなれば個人の自由が狭められ、国家が泰平の時には個人の自由が膨脹して来る、それが当然の話です。」 <<

同感です。それが当然の話です。102795 
リンク
リンク







 
   
 
 
List
  この記事は 933 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_103634
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp