趣旨と掲載基準
  趣旨
  掲載基準と投稿の心得
 利用規約・会員規約
  応援会員(無料)
  利用規約・会員規約
 構成と使い方
  注目サイト・便利データ・注目書籍
  るいネットの基礎理論
  会議室の構成と使い方
  なんでや露店と劇場とサロン
  メルマガ
  友好サイト
  会員情報の更新
 Q&A〜よくある質問〜
  Q&A〜よくある質問〜

◆るいネットの変遷
12/02/29
運営会員を廃止
--------------------------------
12/01/24
経営板会員を新たに設置
--------------------------------
11/11/09
表紙に「共同体経営の成功事例」を設置
--------------------------------
11/08/27
「実現論序:共同体社会の実現に向けて」を公開
「『実現論』の塗り重ね板」を設置
表紙に本文検索機能を追加
--------------------------------
11/08/11
表紙を全面改訂し、最新注目記事15投稿を表示
新たに「経営板」を設置
生活板を、「男女」「教育」「暮らし」「環境」に再編
社会板の「マスコミ支配」「借金800兆」「日本の未来」を廃止
--------------------------------
11/07/07
るいネット投稿下部にTweetボタンを設置
--------------------------------
09/08/27
表紙の改良
認識革命るいネット⇒共認の輪るいネット
注目サイト板にアクセス数追加
よく読まれている記事 週間ランキング追加
--------------------------------
08/07/02
GRAND THEORYのネット販売開始(なんで屋カード・るいネット書籍・GRAND THEORYを統合)
--------------------------------
07/07/27
メルマガ改良(携帯電話対応)
--------------------------------
07/05/23
表紙の改良
四方勢至投稿集、岡田淳三郎投稿集、男の注目投稿集、女の秀作投稿集を追加
--------------------------------
06/08/28
注目サイト板、便利データ板、注目書籍板
--------------------------------------
06/02/01
るいネット開設5年で
来場数     6,022,239
投稿数      238,668
--------------------------------------
05/12/22
新概念定義への自動リンク機能追加
--------------------------------------
05/11/09
表紙の改良(サイトの趣旨とテーマを鮮明に打ち出す)
「社会統合」を「マスコミ支配」、「借金800兆」、「日本の未来」に分割
「仕事・企業・共同体」と「環境・健康・農業」を「環境と仕事」に合体
匿名及び未登録で投稿可能に
新概念定義集を自由編集方式に改訂
なんで屋カードのネット販売を開始
るいネットの構成と使い方を改訂
--------------------------------------
05/02/01
るいネット開設4年で
来場数     4,446,970
投稿数      218,933
--------------------------------------
04/11/22
会議室をお題形式に変更
るいブログのサービスを開始
--------------------------------------
04/11/15
応援サイト募集開始
--------------------------------------
04/10/13
「序」と「場の転換」を「社会統合」に、「採取時代」を「猿と人類」に合体
「私権時代」を「国家時代」に、「滅亡」を「市場時代」に改名
--------------------------------------
04/08/26
「新概念の定義集」公開
--------------------------------------
04/02/01
るいネット開設3年で
総アクセス数 25,192,708
来場数     3,096,572
投稿数      181,372
--------------------------------------
04/01/17
なんでや劇場 開始
--------------------------------------
03/10/11
表紙の改良(簡略化。なんでや露店・なんでや勉強店の案内を表示)
--------------------------------------
03/10/04
なんでや勉強店 開始
--------------------------------------
03/04/12
「異世代・認識交流会」を「異世代交流会⇒円卓勉強会」に改名
--------------------------------------
03/02/01
るいネット開設2年で
総アクセス数 14,870,038
来場数     1,588,059
投稿数      137,960
--------------------------------------
03/01/15
認識を広めるためのポイントシステム 開始
--------------------------------------
02/12/28
初級会議室「テレビが面白くない理由」を設置
異世代・認識交流会 開始
--------------------------------------
02/11/30
「協働会員の交流の広場」を「交流会・催し物紹介&仲間探し」に改名
--------------------------------------
02/09/09
出版サービス 開始
--------------------------------------
02/08/13
メルマガ・るい 開始
--------------------------------------
02/08/10
応援会員(無料)と協働会員(有料)の登録開始。同時に懸賞投稿を開始。
るいネット規約を全面改定
--------------------------------------
02/08/01
「るいネット応援板」を設置
--------------------------------------
02/06/12〜7/6
統合板・現代板・史論板各会議室の 「注目投稿」を右フレームに表示
--------------------------------------
02/06/11
「投稿の心得」を改訂
--------------------------------------
02/06/10
「NW板」を「統合板」に改名し、
現代板の「社会統合」を吸収合併
「サル時代」と「始原人類」を「猿と人類」に合体
--------------------------------------
02/04/03
「秀作ポイントランキング」を公開
--------------------------------------
02/04/01
「秀作・佳作ポイントランキング」を公開
--------------------------------------
02/02/01
るいネット開設1年で
総アクセス数 4,241,373
来場数     496,088
投稿数      57,220
--------------------------------------
01/10/26
「投稿の心得」を改訂
--------------------------------------
01/09/14
表紙とINDEXの整序・変更
--------------------------------------
01/09/03
MLサービスを開始
--------------------------------------
01/08/21
会議室「メールでつながろう」開設
--------------------------------------
01/08/19
新たに「秀作板」を設け、「一般板」「佳作板」「秀作板」の三段階編成に変更
--------------------------------------
01/08/06
「投稿ランキング」を公開
--------------------------------------
01/08/01
るいネット開設6ヵ月で
総アクセス数 1,248,010
来場数     124,479
投稿数      13,119
--------------------------------------
01/07/26
佳作板各投稿毎の「累積読者数」を公開
一般板各投稿毎の「累積読者数」の機能追加と公開
--------------------------------------
01/07/23
「現代板」を「本源派の談話室」として「史論板」から分離
表紙に、当サイトの主張と追求テーマを鮮明に打ち出す
各会議室毎に、「本日の来場数」を表示
--------------------------------------
01/07/21
サイト評価機能の追加
--------------------------------------
01/07/18
トップ見出しを「本格派の理論サイト」から「本源派の協働サイト」に改名
「るいネットの改良と成長」を「新しい社会統合ネットワークを作ろう」に改名
ネットワーク作りの具体策の検討を開始
友好サイトへの感想投稿開始
有望集団への感想投稿開始
従来の「秀作板」を「佳作板」に改名
--------------------------------------
01/07/09
会議室「人気サイトの秘密」開設
--------------------------------------
01/06/18
「過去ログ」追加
--------------------------------------
01/06/04
サイトの検索(みんなで作る友好サイト総目録)の追加
--------------------------------------
01/05/12
「サイトの構成と使い方」追加
--------------------------------------
01/05/01
返信機能・返信検索機能の追加
るいネット開設3ヵ月で
総アクセス数  590,083
来場数     41,043
投稿数      3,859
--------------------------------------
01/04/25
各会議室ごとに秀作掲示板を設ける
総合掲示板投稿方式から各会議室選択投稿方式へ変更
会議室「システムQ&A」開設
--------------------------------------
01/04/18
会議室「るいネットの改良と成長」開設
--------------------------------------
01/04/13
有望集団・注目サイトの紹介開始
--------------------------------------
01/04/12
参考文献を掲載 
--------------------------------------
01/04/08
表紙に各会議室の投稿数を表示
--------------------------------------
01/04/03
プロフィール掲載
--------------------------------------
01/03/24
会議室「交流の広場」開設
--------------------------------------
01/03/23
現代版に、会議室「環境・農業」追加
会議室「実現論第一部」を、テーマ毎に細分化
--------------------------------------
01/03/05
実現論各部毎の「史論版(5部)」に加え、「現代版(4ジャンル)」を開設
「史論版」「現代版」夫々の秀作板を設ける
各会議室選択投稿方式から総合掲示板投稿方式へ変更
検索機能を追加
--------------------------------------
01/03/01
るいネット開設1ヶ月で
総アクセス数  118,200
来場数      7,880
投稿数       708
--------------------------------------
01/02/01
るいネット開設
実現論各部毎の会議室と実現論各部の本文公開
佳作(のみ掲載)方式、各会議室選択投稿方式

るいネットの趣旨 ー 必要なのは新理論


るいネットは、近代観念に代わる新たな認識=事実の体系を創出することを目的としたサイトです。新認識の必要に気付いた人々が、皆の役に立つ認識を発表、紹介し、共有することで新たな認識体系を構築してゆきます。



 ■ 私権(地位やお金)の強制圧力の衰弱と社会の迷走

今、社会は全面閉塞に陥り、誰もが「出口が見えない」「答えが欲しい」と必死に突破口を探している。つまり、誰もが目標を見失って、答えを探しており、それは、もはや自分だけの課題ではなく、みんなに共通の普遍的な課題になってきている。
実際、家庭も、学校も、企業も、国家も、それぞれに深刻な問題を抱えて行き詰まり、今や目標を失ってフラフラと迷走しているだけである。では、人々が目標を見失い、社会がここまで閉塞してしまったのは、いったい何故なのか?

それは、(先進国では)'70年頃に貧困を克服してしまったからである。
人々が貧困に喘いでいた時代は、いい生活を手に入れる⇒そのための私権(地位や財産)の獲得が大きな目標だったが、豊かになり物が有り余る時代になると、いい生活はもはや目標にも活力源にもならなくなった。
従って、私権の獲得に代わる新たな目標あるいは活力源を見つける必要がある。
では、新しい活力源は何か?
すでに仲間充足が最大の活力源になり、「役に立ちたい」という願望が目標代わりになっているが、身体の奥から沸きあがるような強い活力源にも目標にもなっておらず、現状は全てが中途半端ですっきりしない状態にある。
それどころか貧困を克服した先進国・中進国は軒並み活力低下に直面しており、とりわけ日本人の活力はどん底状態にある。


 ■ 「何をなすべきか?」、答え欠乏の顕在化

人々が貧困に苦しんでいた過去3000年間は、誰もが私権の獲得という目標一点に収束し、その収束力によって社会は統合されていた。つまり、過去3000年間は、私権がものをいう時代であった。そして、誰もが私権の獲得に向かうその収束力は、嫌も応もない絶対的な強制圧力となって、社会の隅々に浸透し、人々をしばしば苦しみのドン底に突き落としてきた。
その私権の強制圧力が終焉に向かえば、これまで私権の強制圧力によって抑圧されてきた、人類本来の充足可能性(本源可能性)が開かれ、人々はそれら本源充足の実現に向けて動き始めるはずである。

ところが、10年ほど前に、本源可能性の実現という大潮流に真っ向から対立する出来事が起こる。それが、2011年の大地震・原発・放射能とそれに続く不正選挙疑惑である。本源充足の実現の潮流と真っ向から対立するこれらの出来事は、人々の意識の深層に危機感を生起させ、お上に対する不信感も相まって、「どうにかしなければ」という切実な答え欠乏や、「何が起こるか分からない。どうする?」という切迫した答え欠乏を芽生えさせた。その後も、異常気象や不正選挙疑惑、更にはコロナ騒動と危機感や不整合感を生起させる現象が続いており、人々の切迫感や答え欠乏は、日に日に強くなってきている。

また同時に、これらの潜在思念は、例えば若者たちを中心に、自分探しから、「みんなの役に立ちたい」「なすべきこと(使命)は何か?」など、自分発からみんな発の意識の転換を顕在化させている。
このように、本源可能性の実現に向かう潮流は間違いなく上昇し続けている。ところが、活力源は仲間なのに現実にはいじめがあったり、もっとやりたいことがあるのに勉強を強制されたりして、現状は本源充足を実現することが出来ずに立ち往生しているのが現状である。


 ■ 本源充足の可能性を塞いでいるのは近代観念

この本源充足の実現を阻んでいるのは、学校制度を初めとする様々な社会制度であるが、それらの制度を作り出したのは、観念(言葉や思想)であり、現代の制度を生み出したのは、近代観念、つまり自由・平等・博愛や個人主義や民主主義や権利主義という観念群である。
これらの観念は、現実が苦しみに満ちているがゆえに生み出された、頭の中だけの願望であり、現実が苦しみに満ちているがゆえに、現実から反転して作られた、架空観念に過ぎない。

現実に生きる人々は、皆行動しながら追求している。発明家や起業家はもちろん、経営者や会社員も、みんな行動する中で現実を直視し、事実を追求し、それなりに答えを出して生きている。それが、人類本来の当たり前の思考のベクトルだからである。
ところが、架空観念の思考のベクトルは、現実ではなく現実から反転した非現実の世界に向かっており、人類本来の思考ベクトルとは完全に逆転している。

では人類は、いつ、なぜ、思考ベクトルを逆転させてしまったのか?
それは、古代宗教の登場に端を発している。私権の強制圧力は、戦争や支配や貧困など、様々な苦しみを作り出すが、その苦しみがどれだけ大きくとも、万人が私権の獲得に収束してその苦しみに満ちた現実世界を作り出している以上、現実世界を変革することは不可能である。人類は、この変革不可能な現実の壁に跳ね返されて、思考ベクトルを反転させるしかなかった。つまり、現実に対する不可能視こそ、人類が思考ベクトルを反転させた真の原因である。
ところが、’65年頃、日本は世界の先頭を切って豊かさを実現する。そして、豊かさが実現されるや否や、近代観念はあっという間に見捨てられてしまう。それ以来、無思想・無気力・無関心が当たり前となり、その状態が現在まで50年に亙って続いており、その間に、日本人の活力はドン底にまで衰弱し、今や、世界最低の水準にまで落ち込んでしまったのである。


 ■ 近代観念から脱却し、現実に使える認識を作り出す

現在、先進国や中進国には際限のない活力衰弱や、少子化や、環境破壊など、このままでは人類滅亡に直結するような問題が山積している。しかし、誰も答えを出せていない。そして、その原因が、思考ベクトルの逆転した架空観念にあることは明らかである。
人類の最先端機能は観念機能であり、この観念機能によって人類は人類に進化し、ここまで生き延びてきた。その観念が、このまま答えを出せなければ、人類は滅亡してしまう。従って、架空観念に代わる新しい観念を作り出すことが急務なのである。

それは人類本来の思考に戻れば作り出せる。現実を直視し、とことん事実の追求を重ねてゆくことによって構築されてゆく事実の体系こそがいま求められている。
現実を直視して事実を追求することは誰にでも出来る。なぜなら、それは人類にとって当たり前の頭の使い方だからだ。従って、みんなで力を合わせて自然現象や社会現象を追求して、最終的に事実の体系を構築することは決して難しいことではない。


 ■ 羅針盤となるのは、『自然の摂理』や『生命原理』

ただし、事実を追求していく上で、大きな障害となっているものがある。それは、すでに頭の中が架空観念に支配されてしまっていることである。だからこそ、誰も答えを出せない閉塞状態に陥っている訳だが、その因果と壁の正体はすでに明らかである。つまり、本源充足の実現の出口を塞いでいる壁の正体こそ、頭の中を支配しているこの架空観念なのである。従って、本源可能性を実現できるか否かは、架空観念を廃棄して、現実直視→事実の追求→事実の体系の構築に向かえるか否かにかかっている。
今、求められているのは、架空観念とは逆の、現実直視→実現思考に基づく全く新しい認識である。
それは、夫々の仕事に従事しながらこの現実を生きる『みんな』=普通の人々によって生み出される。傍観者ではなく当事者として現実を生きる普通の人々の実感と、それに基づく徹底した事実の追求だけが、現実に使える認識を発掘してゆく。その際に、人類史上の事実や、生物史上の事実から抽出される、「自然の摂理」や、「生命原理」は大きな羅針盤となり、導きの糸となるだろう。

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。
るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp