GRAND THEORY
Vol.11-1
原発問題から次代のエネルギーを考える
GT WEEKLY(無料)
原発問題を考える/放射能対策どうする?/など
Vol.10
金貸しが支配する世界経済の行方
Vol.9
農から始まる日本の再生
Vol.8
戦争はなくせるのか?
Vol.7
マスコミが伝えない事実がここにある!! 2
Vol.6
学力低下どうすればいい!?
〜なんで思考と構造認識が学力再生のカギ〜
Vol.5
逆境を乗り越える企業
 仕事で成果を上げるには?
 人材育成どうする?
Vol.4
経済破局は来るのか?
〜金貸しが創りあげた近代市場の崩壊〜
Vol.3
マスコミが伝えない事実がここにある!!
Vol.2
砂糖が危ない!?/塩のヒミツ
野菜がスカスカ!?
深刻な食品問題どうしたらいい?
Vol.1
環境問題が解決しないのはなんで?
国の借金が800兆円もできたのはなんで?
GRAND THEORYバナー一覧


感トレノート Selection
Step1
女は『充足存在』
 もっともっと、女だから できることがある。
Step2
感謝の種まきと、
 応望の水やりで、みんなのやる気が育つ。

販売について
 ・ ご注文方法
 ・ お支払い方法
 ・ 送料について
 ・ お問い合わせ先

関連メニュー
るいネット書籍
GRAND THEORY
感トレノートSelection
メルマガるい
なんで屋カード
 Vol.8 購入予定リストへ


冊数

戦争はなくせるのか?

発行 2009年8月8日
サイズ

A4 56頁

定価 2000円

21世紀に入っても、世界では戦争が絶えることがない。 歴史を俯瞰すれば、戦争の世紀といわれた近代(〜第二次大戦まで)の教訓から、世界世論は反戦に転換しつつある。しかし、911同時多発テロ、アフガン、イラク戦争etc いまだに各国の自己都合による破壊と殺戮が繰り返されている。いくら「平和」を叫んでも戦争がなくなることはなかった、これが歴史的事実である。果たして、人類は、戦争をなくすことができるのであろうか?

このグランドセオリーのトラックバックURL : http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_212613


◆内容紹介










「戦争は人類の本能だ。だから戦争はなくならない」といった悲観論があるが、それは事実ではない。約500万年にわたる人類史において、最初の戦争が発生したのは約6000年前であり、人類史全体のたった0.1%に過ぎない。また、哺乳類の本能では性や縄張りをめぐって激しく闘うことはあるが、同類同士の殺し合いにまで至ることはない。同類同士での殺し合いは、本能には存在しないからだ。同類同士が殺し合いをするのは約6000年間の人類だけである。

動物の本能にはない同類同士の殺し合いを、人類が始めたのは、なぜなのか? 国家規模の殺し合い、つまり戦争が続いてきたのは、なぜなのか? そして、世界の至る所から平和を求める声が上がっているにも関わらず、今尚戦争が繰り返されるのは、なぜなのか? これらの問いに答えを出さなければ、戦争をなくすことはできない。

今なすべきことは、感情論をふりかざしたり、悲観的に諦めたりすることではなく、事実=人類の歴史構造を解明し、体系化してゆくことである。そして、そのなかから「戦争はなくせるのか?」その実現基盤を発掘する必要がある。

◆目次
第1章 戦争の起源
〜私有意識と正当化観念による戦争の勃発〜
1 始原人類はどのような生活を営んでいたのか?
極限時代の共同体生活
人類の地上進出と贈与による争いの回避
2 遊牧部族の登場は集団にどのような変化をもたらしたか?
遊牧の開始→父系制への転換
私有意識の登場⇒力の原理による統合
3 略奪闘争を引き起こしたものは何か?

観念による殺しの正当化
4 武力支配国家はどのようにして誕生したのか?
略奪闘争の玉突き的拡がり
強固な身分制度の確立⇒武力支配国家の成立
生涯固定の身分序列からの抜け道として登場した古代市場
<第1章まとめ・総合年表>
私有意識と正当化観念が戦争を引き起こした
 
第2章 中世・近代の戦争
〜市場拡大競争が生み出す戦争〜 
1 戦争が常態化したのは、なぜか?
巨大帝国の誕生 帝国による交易路の独占支配
市場拡大に賭けた弱小ヨーロッパ
戦争するにも金が要る⇒金貸しと国家の結託
2 大航海時代を実現させたものは何だったのか?
金貸しの世代交代を引き起こした宗教改革
大航海による原資の略奪
3 戦争の大規模化をもたらしたものは何だったのか?
近代思想の登場と民主主義国家の成立
"世論"によって正当化される戦争
4 大規模化した戦争の資金は、どのように調達したのか?
議会が金を借りる 中央銀行制度の誕生
<第2章まとめ・総合年表>
市場拡大競争が生み出す戦争
第3章 現代の戦争
〜金貸しの世論支配による戦争の正当化〜
1 どこで誰が戦争をしているのか?
ほとんどが発展途上国で起こっている
現代の戦争の多くはアメリカが仕掛けている
2 アメリカだけが戦争を続けるのは、なぜか?
略奪による市場拡大の中心国=アメリカ
戦争を仕掛ける軍産複合体
国家統合を維持するための戦争

金貸しの世論支配による戦争の正当化

<第3章まとめ・総合図解>
現代の戦争の構造
 
 
 
 
 
第4章 戦争はなくせるのか?
〜時代の大転換と戦争をなくす実現基盤〜
1 先進国で戦争ができなくなったのは、なぜか?
貧困の消滅→力の原理の無効化
序列原理から共認原理への転換
2 アメリカの戦争を止める実現基盤はどこにあるのか?
反アメリカの世界潮流 カギは日本が握っている!
3 日本が従米路線を続けるのは、なぜか?
4 マスコミの弊害を突破する実現基盤はあるのか?
事実収束の潮流
事実認識を紡ぎ、新しい社会統合機構を構築していくことが最先端の可能性

◆トラックバック&感想一覧
シリア攻撃不能に・・・おいそれと戦争は起こせない時代に。 [佐藤賢志] 13/09/16 PM07
価値観念ではなく事実認識⇒構造認識が必要 [西村秀彦] 10/05/10 PM07
「集団の自我(私権)こそ、自我(私権)の出発点」 [Rivet16] 09/12/20 AM10
戦争の「量」と「質」 [mosimobox] 09/10/04 AM00
【図解】戦争は人類の本能ではない 『正当化観念』によってひきおこされている [志水誠] 09/09/04 PM04
『戦争はなくせるのか?』発売…超オススメ [にほん民族解放戦線^o^] 09/09/03 AM01
戦争はなくせると言い切れる、なんで屋さんの力を実感しました。 [藤本三和子] 09/08/29 PM11
グランド・セオリーVol.8「戦争はなくせるか?」 [ルポルタージュなんで屋 Second Season] 09/08/27 PM08
流れるような構成で非常に読みやすいです。 [志水誠] 09/08/22 PM07
「戦争はなくせるのか?」〜現在のサル学からの見方(1) [田中素] 09/08/18 AM00
「戦争」を意識するこの時期だから⇒GT8「戦争はなくせるのか?」 [ブログ de なんで屋 @東京] 09/08/16 PM03
GT Vol.8(戦争はなくせるのか?)は戦争だけにとどまらず、市場経済をも含めた成立構造に気づかせてくれる。 [Rivet16] 09/08/12 AM11
GT vol.8戦争はなくなるのか? 発売開始♪♪ [毎日のありがとう☆.。.:*・゜] 09/08/11 PM07

 このグランドセオリーのトラックバックURL : http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_212613
『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp