GRAND THEORY
Vol.11-1
原発問題から次代のエネルギーを考える
GT WEEKLY(無料)
原発問題を考える/放射能対策どうする?/など
Vol.10
金貸しが支配する世界経済の行方
Vol.9
農から始まる日本の再生
Vol.8
戦争はなくせるのか?
Vol.7
マスコミが伝えない事実がここにある!! 2
Vol.6
学力低下どうすればいい!?
〜なんで思考と構造認識が学力再生のカギ〜
Vol.5
逆境を乗り越える企業
 仕事で成果を上げるには?
 人材育成どうする?
Vol.4
経済破局は来るのか?
〜金貸しが創りあげた近代市場の崩壊〜
Vol.3
マスコミが伝えない事実がここにある!!
Vol.2
砂糖が危ない!?/塩のヒミツ
野菜がスカスカ!?
深刻な食品問題どうしたらいい?
Vol.1
環境問題が解決しないのはなんで?
国の借金が800兆円もできたのはなんで?
GRAND THEORYバナー一覧


感トレノート Selection
Step1
女は『充足存在』
 もっともっと、女だから できることがある。
Step2
感謝の種まきと、
 応望の水やりで、みんなのやる気が育つ。

販売について
 ・ ご注文方法
 ・ お支払い方法
 ・ 送料について
 ・ お問い合わせ先

関連メニュー
るいネット書籍
GRAND THEORY
感トレノートSelection
メルマガるい
なんで屋カード
 Vol.4 購入予定リストへ


冊数

経済破局は来るのか?
〜金貸しが創りあげた近代市場の崩壊〜

発行 2008年4月7日
サイズ

A4 58頁

定価 2000円

2007年のサブプライムローン問題を契機に、アメリカ・NY株式市場は株価の急落に見舞われました。それに対してFRB(アメリカ中央銀行)は、幾度にも渡る利下げを通じて、市場に大量の資金を供給することで、株価を維持しようとしています。

しかし、大量にドル紙幣がばら撒かれたことで、さらにドル安圧力が高まり、対アメリカ輸出国は自国通貨高を食い止めるため、ドル買い(米国債買い)を余儀なくされています。これにより、中国や日本を中心とする輸出国は、さらに大量のドル建て資産を抱えています。しかし、ドル下落が加速する中で米国債の売却を画策し始めているのです。
また、大量の余剰ドルが原油などの"現物"に流れ込み、現物をさらに高値に押し上げています。このため、ほぼ全ての工業国家で物価上昇(インフレ)が進行しています。
加えて、ドルとの固定相場制をひいている中東産油国は、ドル安及びアメリカの金利下げを受けて、先進国以上のインフレに見舞われています。

これら全ては、ドル大暴落による「ドル基軸通貨体制崩壊の危機」が近いことを示しています。
果たして、2008年、経済破局は来るのでしょうか?

このグランドセオリーのトラックバックURL : http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_180438


◆内容紹介

■ドル基軸通貨体制崩壊の危機



■金貸しの支配構造



そもそも「基軸通貨体制」とは何なのか?これが理解できなければ、この問題の本質をつかむ事も、今後の状況を予測することもできません。

今までに、基軸通貨は2つ登場しました。
最初の基軸通貨は、産業革命期のイギリス・ポンドです。当時、世界最大の貿易国であったイギリス・ポンドは世界中に流通し、基軸通貨となりました。
しかし、第一次世界大戦を迎えるころには、ポンドの価値は、アメリカのドルと同程度の価値まで下落していました。第二次世界大戦後、没落したイギリスに代わり、基軸通貨の地位は当時最大の輸出国であったアメリカ・ドルへと移っていきます。
しかし、戦後の基軸通貨・ドルも、1945年1ドル=360円から年々下落し、今や1ドル=100円前後となってしまっています。

この基軸通貨体制の宿命を解き明かし、今後どうなっていくのかを考えるためには、
 ・基軸通貨体制は、どのように成立したのか?
 ・基軸通貨体制を初めとする現在の経済システムの基盤である中央銀行制度は、どのように成立したのか?
 ・中央銀行制度を作り上げた「金貸し」は、どのようにして登場したのか?
 ・金貸しを生み出した「市場」の起源とは?
これら全てを追求する必要があります。

そこで今回のグランドセオリーでは、2007年末なんでや劇場で話し合われた議論を元に、市場誕生からの歴史を紐解き、今後の経済状況を予測します。

◆目次
1 古代市場の誕生
生活必需品の物々交換が市場の起源ではない
贈与による緊張の緩和
戦争の勃発→武力支配国家の誕生→身分制度の確立
(市場登場の前夜)
序列闘争の抜け道として誕生した古代市場
価格格差の秘密
〜生活必需品より贅沢品の方が高いのは、なぜか?〜
市場拡大の原動力
2 金貸しが創り上げた近代市場
<金貸しの登場>
国家による鋳造貨幣
金の預り証=紙幣の誕生
金貸しの登場
貸すことで、原資以上に発行される紙幣
〜貸出し膨張(信用創造)〜
最も旨みのある相手は国家
<中央銀行制度 〜金貸しは国家を相手に金を貸す〜>
国家に金を貸すために誕生した中央銀行
国家が金を借りた分だけ紙幣(銀行券)が増える
<基軸通貨の誕生>
中央銀行が工業国を創り上げた「産業革命」
貿易量拡大により、「基軸通貨」が誕生する
基軸通貨の弱点
基軸通貨がポンドからドルへ
<不換紙幣>
原資以上の紙幣を発行し続け、不換紙幣となる
債務から通貨を創造する
膨らみ続ける通貨流通量
実物経済からマネー経済へ
〜バブルが発生しては、はじけるのは、なぜか?〜
3 金貸し支配の構造と弱点
金貸しは何をしてきたのか?
金貸しの弱点
4 2008年 経済破局は来るのか?
ドル基軸通貨体制崩壊の危機
基軸通貨体制崩壊に際して、
金貸しはどんな手を打っているのか?
5 市場社会に代わる新しい可能性は?

◆トラックバック&感想一覧
経済破局は来るのか2 〜金貸しの登場〜 [金貸しは、国家を相手に金を貸す] 08/10/26 PM09
金(ゴールド)が他国へ流出したのはなんで?? [かんちゃん] 08/10/21 AM00
経済破局は来るのか1 〜古代市場の誕生〜 [金貸しは、国家を相手に金を貸す] 08/10/14 PM10
メルマガ「 経済破局、市場崩壊」 [路上で世直し なんで屋【関西】] 08/09/26 AM04
現物価格が高騰するのは何で?〜パート1 石油価格は、どこで誰が決めているのか? [路上で世直し なんで屋【関西】] 08/07/10 AM01
グランドセオリーVol.4「経済破局は来るのか?」を読んで。 [権守美保] 08/07/02 PM07

 このグランドセオリーのトラックバックURL : http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_180438
『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp