1〜50 51〜100 101〜150 151〜200 201〜260 261〜320 321〜380 381〜440
750433
967
実現論を塗り重ねてゆく 01/03/07 AM02
大転換期の予感と事実の追求 四方勢至
559287
256228
民主主義と市民運動の正体 11/08/31 AM00
実現論:序3(下) 民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である 岡田淳三郎
536067
471
恋愛って、何?結婚って、何? 01/02/25 AM00
自我が邪魔をして心を開けないセックス 西知子
531278
256180
民主主義と市民運動の正体 11/08/30 AM00
実現論:序3(上) 市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由) 岡田淳三郎
437039
264228
民主主義と市民運動の正体 12/05/16 PM01
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会 縄文男児
427391
20355
実現論を塗り重ねてゆく 02/01/09 PM05
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である 四方勢至
424293
236
実現論を塗り重ねてゆく 01/02/16 PM11
実現論の形成過程 四方勢至
408615
256356
試験・身分制度の根深い害 11/09/03 AM00
実現論:序4(下) 大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち 岡田淳三郎
399140
287819
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 14/02/27 PM08
【不正選挙】舛添氏の市区別の得票が、猪瀬氏得票の48%にピッタリ一致!!/開票立会人の告発! 匿名希望
396697
60
生物学を切開する 01/02/10 PM10
「利己的な遺伝子」を切開する 1 四方勢至
388533
255984
実現論を塗り重ねてゆく 11/08/25 AM00
実現論:序1(上) 近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機 岡田淳三郎
381073
256024
素人による創造 11/08/26 AM00
実現論:序1(下) 新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者 岡田淳三郎
373870
247376
健康と食と医 11/03/18 AM00
放射能汚染から身を守る為の知恵〜塩、味噌が身を守る! 田野健
373685
260719
新しい共認勢力 12/01/21 AM02
1.これから生き残る企業に求められる能力は? 岡田淳三郎
370387
30709
古代市場と近代市場 02/05/12 AM02
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である 四方勢至
367428
289090
共認運動をどう実現してゆくか? 14/04/08 PM07
LINEはなぜ無料なの?完全無料の通話アプリが儲けを出す「危険なカラクリ」が分かった。 りんいちろう
367245
972
否定脳(旧観念)からの脱却 01/03/07 AM02
個人主義者の詭弁 個人と自我 四方勢至
355260
205507
試験・身分制度の根深い害 09/04/29 PM11
学歴エリートの自家中毒 縄文男児
349867
267879
健康と食と医 12/08/21 PM08
抗がん剤は、実は増癌剤だった 中村英起
346386
33821
現代意識潮流を探る 02/06/17 PM05
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 四方勢至
342108
267671
健康と食と医 12/08/16 PM00
「ガンはうかつに治療するな!」はごく一般的選択肢 西村真治
341266
211321
企業を共同体化するには? 09/07/23 AM00
自主管理への招待(1)工業生産から意識生産へ。時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。 岡田淳三郎
335628
2772
否定脳(旧観念)からの脱却 01/04/04 PM11
自我ではなく、共認こそ原点である 四方勢至
334496
9561
共認運動をどう実現してゆくか? 01/09/01 PM07
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである 岡田淳三郎
331762
264384
’70年貧困の消滅と私権の衰弱 12/05/20 AM02
金貸し勢力の弱点と自滅の構造 縄文男児
326530
6590
素人による創造 01/07/23 PM05
素人の社会活動19 素人と創造 岡田淳三郎
325153
21495
否定脳(旧観念)からの脱却 02/01/19 PM06
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い 四方勢至
320010
31251
市場は環境を守れない、社会を統合できない 02/05/18 AM02
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない 四方勢至
311254
770
いい女って、何?いい男って、何? 01/03/03 PM11
転換期の女たち 西知子
306383
968
学者とマスコミが人類を破滅に導く 01/03/07 AM02
現代の神官=社会統合階級の欺瞞 四方勢至
305579
18719
否定脳(旧観念)からの脱却 01/12/18 AM02
構造認識の現況3 既成観念の全的否定 四方勢至
300725
256916
共認運動をどう実現してゆくか? 11/09/20 AM00
実現論:序8.新理論の構築をどう進めてゆくか 岡田淳三郎
296730
271988
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 13/01/06 PM08
不正選挙まとめ〜パイナップルさんのツイートより〜 猛獣王S
296106
211583
企業を共同体化するには? 09/07/26 PM07
自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則 岡田淳三郎
295876
265994
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 12/06/29 PM08
驚愕!すでに日本の消費税は世界第2位になっていた! ET
292442
290351
健康と食と医 14/05/18 PM03
栄養学の嘘:食物のカロリー表示は全く意味のない数字 スズムシ
291827
32087
共認運動をどう実現してゆくか? 02/05/28 PM06
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である 四方勢至
290334
31252
国債経済とその破綻(大破局の予感) 02/05/18 AM02
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある 四方勢至
288091
258202
日本を守るのに、右も左もない 11/11/01 PM00
国破れてTPP在り VMAX
287529
29834
共認運動をどう実現してゆくか? 02/05/01 PM07
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応 四方勢至
287116
18572
素人による創造 01/12/14 PM07
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平 四方勢至
283063
299413
日本を守るのに、右も左もない 14/12/20 PM10
巨大企業はほとんど法人税を払っていない 匿名希望
277938
7453
素人による創造 01/08/04 PM06
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換 岡田淳三郎
277102
287845
西洋医療と東洋医療 14/02/28 PM06
輸血に関するウソ、赤十字社などの血液利権の巨悪犯罪(1) 大西敏博
276455
256788
共同体社会の実現 11/09/15 AM00
実現論:序7(上) 国家紙幣によるゼロ成長の経済運営 岡田淳三郎
276273
261011
試験・身分制度の根深い害 12/01/31 AM00
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない 岡田淳三郎
274304
256534
共認運動をどう実現してゆくか? 11/09/08 AM00
実現論:序5(下) 経済破局の下で秩序は維持できるのか? 岡田淳三郎
274232
299035
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 14/12/10 PM07
米大統領選挙での不正の有無を巡っての裁判で、不正プログラミングを作成したCPUプログラマーが証言。調査官曰く「自動票数計算機を信じる人がいたら、脳みそを検査してもらったほうが良い」 ryujin亭
271966
418
新しい男女関係(→婚姻制)の模索 01/02/23 AM02
闘争と生殖の包摂@ 西知子
271573
260986
学者とマスコミが人類を破滅に導く 12/01/30 AM00
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった 岡田淳三郎
  このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

◆新概念の定義集
●収束と統合(しゅうそくととうごう)
収束とは、一点に収斂してゆくこと。全ゆる存在は、外部世界に適応しようとして先端可能性に収束する。先端可能性への収束とは、与えられた状況の中で最も可能性のありそうな対象とそれに対応する機能に収束すること。各機能がその時々の先端可能性に収束することによって個体の意識は統合され、各人が先端可能性に収束することによって集団や社会は統合されている。

●性闘争⇒縄張り闘争(せいとうそう⇒なわばりとうそう)
性闘争とは、メスの獲得を巡るオス同士の闘い。淘汰適応の一形態で、メスには強者選択本能に基づく選択権(力)が与えられており、オスがメスに受け容れられる為には、メスが安全に出産・子育てができる縄張りを確保しなければならず、従って縄張り闘争も勝ち抜かなければならない。 性闘争本能⇒縄張り本能は、雌雄に分化したすべての動物に備わっているが、とりわけ哺乳類は(胎内保育中は淘汰されないので)性闘争本能をとことん強化して、淘汰適応を成体後の激しい性闘争に委ねた動物である。

●序列原理(じょれつげんり)
集団動物の性闘争には、相手を殺すまで闘ったのでは種が絶滅してしまうので、敗れた方が勝者に従う敗従本能が付帯している。とりわけ、サル・人類集団では、性闘争と敗従本能に基づく評価共認の結果として、1位・2位・3位…の序列が形成される。これは、徹底した力の原理の貫徹であり、力の追共認であるとも言える。 サル・人類集団は、この序列によって秩序化され統合されており、人類集団の肩書や人類社会の身分制度も、この序列原理に基いている。

●同類闘争(どうるいとうそう)
一般に動物は外敵闘争を第一義課題としており、同類集団同士が闘うことはない。しかし、サルは、樹上に棲むことによって栄養価の高い果物など最高の生産力を手に入れ、その上外敵が殆どいないという最高の防衛力をも手に入れたことによって、樹上という限られた空間の食糧限界まで繁殖し、その結果、サル集団同士の縄張り闘争が第一義課題となった。これが、サル・人類に固有の同類闘争であり、サルと人類はこの同類闘争の外圧を最大の圧力源=活力源にしている。 なお、原猿集団は家族集団であり、オスは首雄だけなので性闘争=縄張り闘争であるが、オスが複数居る真猿集団では性闘争(個間闘争)と縄張り闘争(集団闘争)は切り離されている。従って、真猿集団や人類集団における序列は、もはや性闘争ではなく、もっぱら縄張り闘争での評価共認に規定される。

●不全と解脱(ふぜんとげだつ)
不全とは機能不全のこと。本能が機能不全に陥ると、飢えや怯えなどの不全感に恒常的に苛(さいな)まれることになる。この不全感を麻痺させる麻薬回路が解脱(げだつ)充足回路(主な伝達物質としては、オキシトシンとβエンドルフィンとドーパミンがある)。サルや人類は、不安や苦痛など何であれ不全感を刺激されると、その不全感を和らげてくれる解脱回路に収束する。解脱充足の中心は、スキンシップを原型とする親和充足と性充足。人類の解脱充足にはその他に、涙や笑いなど(一般的には娯楽)がある。

●共認機能 (きょうにんきのう)
共認とは、共に認め合うこと。人類の集団や社会は、互いに課題を共認し、評価を共認し、役割や規範を共認することによって統合(=秩序化)されている。  共認機能は、元々は不全から解脱する為に形成された機能で、相手の不全→期待と自分の不全→期待を重ね合わせ同一視することによって安心感や癒やしなどの充足を得る機能(=上記の充足回路)。つまり、相手(=自分)の期待に応えることによって、正確には期待と応合のやり取りによって充足を得る機能である。なお、この共認充足は、サル・人類の最大の充足源・活力源となっている。

●自我(じが)
一般の動物には見られない、共認動物たるサル・人類に固有の欠乏である。その正体は、みんなの評価共認によって(自分には)与えられなかった評価の欠乏であり、従って他者否定と自己正当化に向かい、常に己に都合の良い幻想(妄想)に収束してゆく。むしろ、自我は妄想によって成り立っているとも言える。  従って、自我は共認機能の派生物であるが、みんなの共認を破壊する敵対物でもあり、言わば共認機能が生み出した鬼っ子である。

●私権(しけん)
私権とは、私的権益あるいは私的権限のこと。具体的には、財(金)や地位や女などの私有権のこと。ひとたび私有権が共認されると、社会に存在する全てのものが私有の対象となり、その結果、私権を獲得しなければ生きてゆけなくなる。従って、誰もが私権の獲得(→私権闘争)に収束し、それによって統合された私権統合の社会(省略して私権社会)が出来上がる。いわゆる文明社会とは、私権社会に他ならない。この私権闘争は巨大な私権圧力を形成するが、それらは飢餓の圧力に晒されている以上、従わざるを得ない否も応もない強制圧力として機能してきた。  しかし、’70年貧困が消滅して以後、私権欠乏や私権圧力は衰弱し続けている。


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp