検索頁へ
 
件 (1/14111頁) 総数282202件
  合同板  
( 注目サイト・便利データ・注目書籍の紹介板の記事も含む )

348814
生物学を切開する 19/08/26 AM01
細胞分裂を核分裂へと矮小化する現行教科書 北村浩司

348813
生物の起源と歴史 19/08/26 AM00
極限環境の強アルカリ性の泉に生息する、現時点の生命科学の知識では特定不能の未知代謝系を駆使して生きる「常識外れな微生物」 斎藤幸雄

348812
環境破壊 19/08/26 AM00
北極にプラスチックの雪が降っている 池谷菜奈子

348811
環境破壊 19/08/25 PM11
地球温暖化を考える。ティッピングポイントとは? 匿名希望

348810
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/08/25 PM11
二酸化炭素温暖化説の嘘が警告する地球の危機(2/2) 山上勝義

348809
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/08/25 PM11
二酸化炭素温暖化説の嘘が警告する地球の危機(1/2) 山上勝義

348807
本能⇒共認機能⇒観念機能 19/08/25 PM10
活力再生の道⇒適応不全に陥った生物は根源=「0」=古い機能に戻って生きて来た歴史がある 酒井俊弘

348806
社員の活力を引き上げるには? 19/08/25 PM10
新しい葬儀社アイル社の「変革する社員を育てる」急成長を生み、社会課題を解決する人事制度 玉田 聡

348805
もはや学校は終っている 19/08/25 PM10
実業学校の潮流〜職人養成学校「匠の学舎」 宮田一郎

348804
次代の活力源は? 19/08/25 PM09
江戸時代の働き方から今望まれる働き方改革を考える 井上智貴

348803
私権原理から共認原理への大転換 19/08/25 PM09
令和の働き方のヒントは縄文にあり 大森久蔵
トラック
バック
企業を共同体化するには? 19/08/25 PM09
肩書きを超えた『役割』を共認した集団は強い! これからは探求の時代

348801
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/08/25 PM08
来年10月に消費税10%…なぜ政府は「キャッシュレス」にこだわるのか? 匿名希望

348800
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 19/08/25 PM08
日本の闇、景気が悪くても消費税を上げようとする理由は? 匿名希望

348799
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 19/08/25 PM07
欠陥機F35を150機も爆買い 米軍需産業にATM扱いされる防衛省 孫市

348798
世界各国の状況 19/08/25 PM06
時計の針が逆に動き出した欧州、ここにもある世界不和の火種 匿名希望

348797
経済破局は来るのか? 19/08/25 PM05
FRBへの利下げ圧力は続く 加賀正一
トラック
バック
世界各国の状況 19/08/25 PM03
反グローバリズムの潮流(イタリアの反EU連立政権崩壊は何を意味しているのか) 金貸しは、国家を相手に金を貸す

348795
次代の活力源は? 19/08/25 PM01
本物・本質に触れることで追求欠乏(学ぶ意欲)を生起させる 匿名希望

348794
次代の活力源は? 19/08/25 PM00
メモるべきはインプットではなくアウトプット 吉 四六
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp