検索頁へ
 
件 (1/13902頁) 総数278021件
  合同板  
( 注目サイト・便利データ・注目書籍の紹介板の記事も含む )

343603
学校って、必要なの? 19/02/24 PM00
過去の入試対策は通用しない、「解答なし」など新制度続々 佐藤晴彦

343602
次代の活力源は? 19/02/24 AM10
【全国の学生団体30選!】学生団体とは?採用活動の可能性 おぬこ

343601
収束不全:やりたいことが見つからない 19/02/24 AM09
どこに向かっているのか、どこに向かえばいいのか。〜〇〇したい。してみようは辞めて、やってみることにしよう〜 近藤文人

343596
脳回路と伝達物質 19/02/24 AM02
言語を作り出す「感覚」 〜三感と二感、という分類の仕方 根木貴大

343595
脳回路と伝達物質 19/02/24 AM01
記憶とは、過去のある時点で活発だった脳の複数の部位のつながりが、再び活性化すること 大森久蔵

343594
脳回路と伝達物質 19/02/24 AM00
小脳の位置は脳の後ろで重要な役割を担っている 匿名希望
トラック
バック
脳回路と伝達物質 19/02/24 AM00
脳回路の仕組み7 把握(認識)の二元化と類型化 生物史から、自然の摂理を読み解く

343592
次代の活力源は? 19/02/23 PM11
年収2億円のホステスが「好かれる極意」を指南 営業へのヒントは? 直永亮明

343591
社員の活力を引き上げるには? 19/02/23 PM11
30代後半からは、意図的に「教えてもらう側」に回り続けないと、学びがどんどん下手になる。 別所彦次郎

343590
次代の活力源は? 19/02/23 PM10
成功・失敗は古い固定観念。そこを突破するのは、現実直視と追求の連続! 酒井俊弘

343589
密室家庭は人間をダメにする 19/02/23 PM10
家業の勧め、社会・自然外圧を異世代で共有する場。 持国天

343588
社員の活力を引き上げるには? 19/02/23 PM10
1回や2回じゃダメ。問題を解決するには「なぜ」を5回繰り返せ 伊達政宗

343587
試験・身分制度の根深い害 19/02/23 PM09
インプットとアウトプットの黄金比 原てふ子

343586
子育てをどうする? 19/02/23 PM09
子どもの脳を育てる5つのヒント 匿名希望

343585
脳回路と伝達物質 19/02/23 PM09
「何を知覚するか」 男と女の職場話

343584
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 19/02/23 PM08
辺野古新基地建設を阻止する追撃戦 注目される沖縄県民投票(その2) わっと

343583
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 19/02/23 PM08
辺野古新基地建設を阻止する追撃戦 注目される沖縄県民投票(その1) わっと

343582
マスコミに支配される社会 19/02/23 PM07
その判定結果は正確なのか? ニュースサイトの信頼性を評価する機能が呼ぶ波紋 古越拓哉

343581
共認運動をどう実現してゆくか? 19/02/23 PM06
離島とともに歩む「離島経済新聞」の活動 新川啓一

343580
農村を活性化させる為には? 19/02/23 PM05
「日本の食料自給率が低い」は嘘? 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp