検索頁へ
 
件 (1/12807頁) 総数256138件
  合同板  
( 注目サイト・便利データ・注目書籍の紹介板の記事も含む )

318927
世界各国の状況 16/08/27 PM05
2016年夏:地政学的状況が劇的に変化 嵐は訪れるか? 匿名希望

318926
社員の活力を引き上げるには? 16/08/27 PM04
町工場がツアーの目玉に 神社仏閣に劣らぬ魅力 黒湯温泉

318925
世界各国の状況 16/08/27 PM03
核兵器が略奪される可能性 匿名希望

318924
市場の支配構造(金貸し支配) 16/08/27 PM02
資本主義が成長するにはもはや戦争しかない 真田俊彦

318923
一次・二次大戦 16/08/27 PM01
日米戦争は、何のために始まったのか?(2) 井上宏

318922
一次・二次大戦 16/08/27 PM00
日米戦争は何のために始まったのか?(1) 井上宏
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 16/08/27 AM11
生前退位と改憲。早ければ今秋に衆議院解散総選挙!? 日本を守るのに右も左もない

318920
学校って、必要なの? 16/08/27 AM10
ある高校の創作ダンスより 佐藤英幸

318919
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 16/08/27 AM10
クリントン夫妻の友人47人が不可解な死を遂げていた! 自殺から飛行機事故、銃撃まで…!(2/2) 瀬部倫一郎

318918
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 16/08/27 AM09
クリントン夫妻の友人47人が不可解な死を遂げていた! 自殺から飛行機事故、銃撃まで…!(1/2) 瀬部倫一郎

318916
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 16/08/27 AM02
聖徳太子は蘇我入鹿である」(3) 鎌足が百済王の末裔で、大原博士とよばれ、中大兄皇子の懐刀として入鹿=善徳暗殺を実行したのだとすれば、この時代の多くの謎が解け 今井勝行

318914
一次・二次大戦 16/08/27 AM01
1944年ブレトンウッズ会議に日本から出席していた人物とは 中村英起

318913
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 16/08/27 AM00
「聖徳太子は蘇我入鹿である」(2) 日本書紀」では前代未聞の大悪人とされた、聖者聖徳太子の一族を滅ぼしたとされる蘇我入鹿こそが、飛鳥の聖者、聖徳太子その人であった 今井勝行

318912
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 16/08/27 AM00
「聖徳太子は蘇我入鹿である」(1) 「日本書紀」では、物部氏と蘇我氏とが敵対関係にあったとするが、実は蘇我氏が物部氏の血をひきついていたとする方が信憑性を高める。 今井勝行

318911
人工物質の脅威:大気・水・食品 16/08/26 PM11
回転寿司に隠された真実。じつは「マンボウ、ウミヘビ、着色料」が・・・ 櫻井佑衣子

318910
新資源・新エネルギーの開発は? 16/08/26 PM11
フリーエネルギー装置はなぜ商品化できないのか? 岸良造

318909
経済破局は来るのか? 16/08/26 PM11
5ケ月連続して下落したCPIとデフレが進む日本と香港 新聞会

318908
世界各国の状況 16/08/26 PM11
8月25日ロシアが警戒態勢に入った 大友公輝

318907
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 16/08/26 PM10
安陪首相の唱える「攻めの農業へ」の欺瞞 荘家為蔵

318906
学校って、必要なの? 16/08/26 PM10
世界トップレベルの教育水準!フィンランドが実践する「総合学習」が大切な理由って? 櫻井佑衣子
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp