検索頁へ
 
件 (1/2頁) 総数36件
マスコミ・ネット
  佳作一覧 全記事一覧  
トラック
バック
マスコミ・ネット 11/07/22 AM09
「旧体制の政治警察」としての本性をあらわした読売新聞 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
トラック
バック
マスコミ・ネット 09/05/26 AM11
GRAND THEORY vol.7『マスコミが伝えない事実がここにある!!2』発売!! 金貸しは、国家を相手に金を貸す
トラック
バック
マスコミ・ネット 09/04/20 AM03
GRAND THEORY VOL.7『マスコミが伝えない事実がここにある!!2』の販売を開始しました! 路上で世直し なんで屋【関西】

204526
マスコミ・ネット 09/04/16 PM10
『GRAND THEORY Vol.7』なんでやネットワーク著
「マスコミが伝えない事実がここにある!! 2」
るいネット事務局
トラック
バック
マスコミ・ネット 09/03/03 PM09
るいネット兄弟ブログの紹介 路上で世直し なんで屋【関西】

197975
マスコミ・ネット 09/01/22 AM10
田中角栄のつくり上げた放送・新聞の歴史@ リンゴヨーグルト

194696
マスコミ・ネット 08/12/12 PM11
『誤解だらけの「危ない話」』小島正美著
「安全なら報道する意義がない」
久保田彰子

193964
マスコミ・ネット 08/12/04 AM11
『放送中止事件50年』メディア総合研究所著
「テレビは何を伝えることを拒んだか?」
○○紀

193870
政治 08/12/03 AM11
『戦後日本におけるアメリカのソフト・パワー 半永久的依存の起源』松田武著
「日本での米国の占領政策の成功」
dou

191365
マスコミ・ネット 08/11/03 PM01
『メディア裏支配』田中良紹著
「元番組ディレクターが明かすメディアの裏側」
加藤弘行

191210
経済 08/11/01 AM10
『世界金融危機』金子勝/アンドリュー・デウィット著
「サブプライム危機〜現在に至る流れを概観」
竹村誠一

189817
マスコミ・ネット 08/10/16 PM02
『『偽装報道を見抜け!−世論を誘導するマスメディアの本質』』高橋清隆著
「支配装置としてのマスコミ」
Michelle

182469
マスコミ・ネット 08/07/31 PM10
なぜ日本が原発を有し、プルトニウム再処理にまでチャレンジしているのか? 渡邊かお里
トラック
バック
マスコミ・ネット 08/07/10 AM01
通り魔事件を量産し続けているのは、マスコミではないのか? 路上で世直し なんで屋【関西】

180437
マスコミ・ネット 08/07/02 PM00
『GRAND THEORY Vol.3』なんでやネットワーク著
「マスコミが伝えない事実がここにある!!」
るいネット編集部

179168
マスコミ・ネット 08/06/14 PM05
【論文紹介】 「戦争プロパガンダ」 春風

169627
政治 08/01/25 AM03
『日本の論点2008』文藝春秋著
「日本の時事局面。問題は山積、高まる外圧」
岩井裕介

159825
政治 07/08/27 AM08
『占領期の言論統制関連文献』 紹介 ET

155822
マスコミ・ネット 07/07/01 PM08
『マスコミがやってきた!−取材・報道被害から子ども・地域を守る』人権と報道関西の会編著
「報道の刃とどう闘う?」
岩井裕介
トラック
バック
歴史データ 07/06/19 PM10
『読売新聞・歴史検証』 Trend Review
このページの上部へ  
  佳作一覧 全記事一覧  
このお題板のトラックバックURL http://www.rui.jp/tb/tb_odai.php/msg_10512

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp