検索頁へ
 
件 (1/3頁) 総数52件
環境
  佳作一覧 全記事一覧  
トラック
バック
環境 11/11/15 PM09
【地震のメカニズム】4.プレートテクトニクスの成立過程・その3〜多様なプレート境界と地震発生地帯の関係 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
環境 11/11/09 PM03
【地震のメカニズム】3.プレートテクトニクスの成立過程・その2〜プレートテクトニクス理論の登場 地球と気象・地震を考える

257165
環境 11/09/28 AM01
『反プレートテクトニクス論』星野通平著
「地殻は歴史的に塗り重ねられてできている」
山澤貴志

255152
環境 11/08/05 AM00
『放射能ホットスポットマップ』オークラ出版著
「ついに出版された地図」
海上

219006
環境 09/11/06 AM00
『緑のループ』「緑のループ」編集委員会+舩岡研究室著「森林資源のなめらかな流れ」 本田真吾

201503
農業 09/03/06 AM11
ニカラグアの月と農業 小松由布樹

189843
環境 08/10/16 PM09
『科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソ\だと知っている』丸山茂徳 著
「日本国中でCO2の排出量をゼロにしても、気温はたったの0.00004℃しか下がらない!?」

185415
環境 08/09/11 PM02
日本という平和で恵まれた国… Silentservice

185402
環境 08/09/11 AM11
養老孟司・評『水の未来−−世界の川が干上がるとき』フレッド・ピアス著 匿名希望
トラック
バック
環境 08/08/28 AM01
横浜では「国の借金800兆なんで?」が人気!! ブログ de なんで屋 @東京
トラック
バック
環境 08/07/10 AM01
清涼飲料を購入すると、CO2が削減するってどういうこと!? 路上で世直し なんで屋【関西】
トラック
バック
環境 08/07/10 AM01
「CO2が原因で地球温暖化 、だから原子力発電の推進」ってどうなん? 路上で世直し なんで屋【関西】

180435
環境 08/07/02 PM00
『GRAND THEORY Vol.1』なんでやネットワーク著
「環境問題が解決しないのはなんで?国の借金が800兆円もできたのはなんで?」
るいネット編集部
トラック
バック
環境 08/05/27 PM07
日本は海底資源大国 日本を守るのに右も左もない

176788
環境 08/05/18 PM01
『地球温暖化論のウソ\とワナ 史上最悪の科学スキャンダル』伊藤公紀、渡辺正著
「温暖化の論議はいわば「環境テロリズム」」
チーズカレー
トラック
バック
環境 08/03/15 PM04
持続可能でない水利用による世界の食糧バブル経済 ? 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
環境 08/03/09 PM10
「気象」って調節できるの? 金貸しは、国家を相手に金を貸す
トラック
バック
環境 08/02/26 AM09
水戦争:戦略商品としての水 はてさてブックログ
トラック
バック
環境 08/02/03 PM02
日本に乗り込むウォーターバロン;世論誘導しつつ、世界の水事業の民営化→支配を進めている 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
環境 08/01/29 PM07
年賀状から古紙リサイクルを考える 金貸しは、国家を相手に金を貸す
このページの上部へ  
  佳作一覧 全記事一覧  
このお題板のトラックバックURL http://www.rui.jp/tb/tb_odai.php/msg_10508

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp