検索頁へ
 
件 (1/22頁) 総数436件
  注目書籍の紹介  

283157
歴史 13/11/08 AM03
『続・日本の歴史をよみなおす』網野善彦著 その3 岸良造

283155
歴史 13/11/08 AM01
『続・日本の歴史をよみなおす』網野善彦著 その2 岸良造

283153
歴史 13/11/08 AM01
『続・日本の歴史をよみなおす』網野善彦著
「その1」
岸良造

281447
思想 13/09/22 PM10
『縄文人に学ぶ』上田篤著
「日本人はなぜ玄関で靴を脱ぐのか」
岸良造

280217
思想 13/08/21 PM10
本質を見抜くために〜哲学的思想〜 高津悠輔

273011
歴史 13/02/13 PM04
『古事記とアトランティス王国の真実・黎明編』朝比奈 宏幸著
「世界中に広がっている古代宗教は、縄文思想が原点と考えられ、特に古代エジプトから続いた旧約聖書はアイヌ神話の日本列島への移動記録が元だった。」
朝比奈 宏幸

273009
歴史 13/02/13 PM02
『古事記とアトランティスの真実・黎明編』朝比奈 宏幸著
「現在の文明社会が縄文人達によって世界中に広められた事を証明する不思議な遺物が見つかった。更に此の遺物はアトランティス王国の存在と建国縄文人によって為された事を類推される物だった。」
朝比奈 宏幸

271625
農業 12/12/26 PM07
百姓の変遷 佐藤晴彦

270543
農業 12/11/14 AM01
農民の生活(3) 佐藤晴彦

270542
農業 12/11/14 AM00
農民の生活(2) 佐藤晴彦

270541
農業 12/11/14 AM00
農民の生活(1) 佐藤晴彦

266325
歴史 12/07/08 PM03
『縄文人とアトランティスの繋がり』朝比奈 宏幸著
「古事記とアトランティスの真実・黎明編」
朝比奈 宏幸
トラック
バック
性・家族・若者 12/01/16 PM07
相手を気持ちよくなどさせられない! 女の職場話

258892
歴史 11/11/22 AM01
石渡信一郎 と お盆 についての考察 むらかみからむ
トラック
バック
環境 11/11/15 PM09
【地震のメカニズム】4.プレートテクトニクスの成立過程・その3〜多様なプレート境界と地震発生地帯の関係 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
環境 11/11/09 PM03
【地震のメカニズム】3.プレートテクトニクスの成立過程・その2〜プレートテクトニクス理論の登場 地球と気象・地震を考える

257165
環境 11/09/28 AM01
『反プレートテクトニクス論』星野通平著
「地殻は歴史的に塗り重ねられてできている」
山澤貴志

257139
思想 11/09/27 PM00
色即是空 空即是色について hosop

257126
思想 11/09/26 PM10
『波動の法則』足立育朗著
「宇宙の仕組みを理解しよう 「波動の法則」より」
勝寛舟

255154
思想 11/08/05 AM01
『14才のココロ』藤波心著
「私もブログ見ていました。」
海上
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp