検索頁へ
 
件 (1/2頁) 総数29件
科学データ

216098
科学データ 09/09/30 AM00
微生物が田んぼを電池に変える(1) のりだぁ

215958
科学データ 09/09/27 PM10
微生物が田んぼを電池に変える(2) のりだぁ

199479
環境データ(気候を含む) 09/02/11 AM11
?を!にするエネルギー講座 ‐ (財)日本原子力文化振興財団、(財)エネルギー総合工学研究所) ‐ 上島貫九郎

193770
科学データ 08/12/02 PM00
『ワープする宇宙』リサ・ランドール著
「もしもう一つの次元が存在するなら、なぜ私たちには見えないのか?5次元時空の謎を解く」
せいめい

179981
環境データ(気候を含む) 08/06/26 AM00
国立情報学研究所(ナメクジウオゲノム) 奥村博己

177993
科学データ 08/05/31 AM10
Voice Store Cafe 匿名希望

164241
科学データ 07/10/27 PM06
「有機化学美術館」の紹介 阿部和雄

159659
科学データ 07/08/24 PM10
石油技術協会 匿名希望

156397
科学データ 07/07/08 AM01
産業技術総合研究所(産総研) 村田頼哉

154043
科学データ 07/06/10 PM06
海流の画像 ウィキペディアより きっちょむ

149369
歴史データ 07/04/14 PM04
「地球温暖化」はウィキペディアの解説がお勧め 岸良造

149327
環境データ(気候を含む) 07/04/14 AM05
日本の公害の歴史〜薬害 渡辺卓郎

149323
歴史データ 07/04/14 AM03
日本の公害の歴史〜アスベスト 星埜洋

146878
政治データ 07/03/10 AM10
社会実情データ図録 正国稔

138744
歴史データ 06/11/29 AM10
『こまきのいせきものがたり』感想 R

134393
科学データ 06/10/15 PM06
東京大学総合研究博物館−刊行物データベース 蘆原健吾

133138
歴史データ 06/10/05 AM00
明快!森羅万象と百家万説の系譜 大嶋洋一

132179
科学データ 06/09/27 AM02
広島大学科学史研究室の成定薫氏のHP 近藤文人

132152
科学データ 06/09/26 PM10
『おてんきひろば』 林昭光

132127
科学データ 06/09/26 PM08
全地球史 川井孝浩
このページの上部へ  
このお題板のトラックバックURL http://www.rui.jp/tb/tb_odai.php/msg_10499

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp