検索頁へ
 
件 (1/3頁) 総数52件
NPOデータ

222005
NPOデータ 09/12/16 AM00
NPO「トリウム熔融塩国際フォーラム 匿名希望

152934
NPOデータ 07/05/29 AM08
一新塾もNPO法人 匿名希望

152916
NPOデータ 07/05/28 PM09
アメリカのNPO活動 匿名希望

152896
NPOデータ 07/05/28 PM05
マイクロソフトのNPO支援活動 村田貞雄

152845
NPOデータ 07/05/27 PM11
中間法人 apbank にゃにねこ

152805
NPOデータ 07/05/27 PM06
IT活用でNPOの経営力を強化・・・「NPO plus」 バナナわっふる

152749
NPOデータ 07/05/27 AM01
中間法人 にゃにねこ

151660
NPOデータ 07/05/14 PM11
北海学園大学法学部の樽見弘紀研究室 公式ブログより 江岸元

151636
NPOデータ 07/05/14 PM01
大阪のNPO検索 匿名希望

151625
NPOデータ 07/05/14 AM09
山内直人研究室(大阪大学大学院国際公共政策研究科教授) 山田真寛

151604
NPOデータ 07/05/13 PM11
オンライン寄付サイト「ガンバNPO」 りんご&りんご

151601
NPOデータ 07/05/13 PM11
ADB(アジア開発銀行)総会に際したNGO活動のサイト 村田貞雄

151576
NPOデータ 07/05/13 PM06
18年度・NPO法人の調査報告書<内閣府> 笠原光

151571
NPOデータ 07/05/13 PM05
日本のNPO史 日本のNPO史、現在・過去・未来 山田真寛

151546
NPOデータ 07/05/13 AM06
NPO法人の会計と税務 笠原光

151513
NPOデータ 07/05/12 PM09
認定NPO法人名簿 笠原光

150222
NPOデータ 07/04/25 PM03
NPO(主に市民活動団体)に関する研究報告書 江岸元

150205
NPOデータ 07/04/25 PM01
NPO形成の背景や歴史について書かれたサイト 山田真寛

150199
NPOデータ 07/04/25 PM01
大学のNPO研究室、研究センター(九州大学、大阪大学) 山田真寛

150156
NPOデータ 07/04/24 PM11
千葉県のNPO活動実態・意向調査結果 笠原光
このページの上部へ  
このお題板のトラックバックURL http://www.rui.jp/tb/tb_odai.php/msg_10484

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp