検索頁へ
 
件 (1/3頁) 総数45件
教育データ

174830
農業データ(食料を含む) 08/04/23 PM06
社会実情データ図録 奥村博己

160579
教育データ 07/09/06 PM05
日本文学電子図書館 tanvool

157223
教育データ 07/07/20 AM10
低年齢少年の生活と意識に関する調査 (内閣府より) 志水満

152623
教育データ 07/05/25 PM10
定年退職後の「第2の人生」 大木康子

152127
教育データ 07/05/20 AM11
「いじめられる側も悪い」という意見、どう思う?(サイト紹介) 志水満

150464
教育データ 07/04/28 AM07
文部科学省 平成15年度文部科学白書 奥村博己

148401
農業データ(食料を含む) 07/03/31 AM10
農林漁業体験学習ネット 小圷敏文

148000
教育データ 07/03/25 PM03
変わる高齢者像 林みゆき

147989
教育データ 07/03/25 AM11
女性にとっての仕事と結婚・育児の両立 上田幸恵

147855
日本経済データ 07/03/23 PM11
統計データ・ポータルサイト 統計で見る日本の姿 正国稔

147853
日本経済データ 07/03/23 PM11
日本総研 アンケート・リサーチ 奥村博己

146878
政治データ 07/03/10 AM10
社会実情データ図録 正国稔

146222
教育データ 07/03/02 PM06
「女性の再就職の壁を打ち破る動き」 匿名希望
トラック
バック
教育データ 07/01/22 PM02
育児期の女性の再就職 感謝の心を育むには

140916
教育データ 06/12/23 PM03
女性の再就職への支援体制が急がれる 匿名希望

140316
マスコミ・ネット・書籍データ 06/12/16 PM04
【サイト紹介】 マイ・エンジェル・Yuuki 不見天

140118
教育データ 06/12/14 PM09
【サイト紹介】いじめ撲滅ネットワーク 吉岡摩哉

139795
教育データ 06/12/10 PM04
女性の生活スタイル 平位和佳子

139630
教育データ 06/12/08 PM10
女性の結婚・出産を機にしての就業 大木康子

138264
教育データ 06/11/23 PM03
若年者の採用には企業側の意識変革も必要なのでは? 大木康子
このページの上部へ  
このお題板のトラックバックURL http://www.rui.jp/tb/tb_odai.php/msg_10482

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp