検索頁へ
 
件 (1/13頁) 総数256件
国際情勢の分析と予測
ランキングお勧めサイトへ

331365
学校って、必要なの? 17/11/23 PM09
大学の未来 匿名希望

331237
国家の支配構造と私権原理 17/11/18 AM00
英国王室が実は世界最悪の犯罪組織であったという事実 匿名希望

329885
一次・二次大戦 17/09/24 AM00
北朝鮮の独自路線を進めた金策という人物と、黒龍会と陸軍参謀 匿名希望

328664
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 17/08/09 AM01
縄文人・弥生人とは何者か−2 高嶋靖男

328663
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 17/08/09 AM00
縄文人・弥生人とは何者か−1 高嶋靖男

327475
試験・身分制度の根深い害 17/06/21 PM01
大学教育は企業や社会が求める教育機能を失った 高嶋靖男

326871
学校って、必要なの? 17/05/28 PM09
首都圏の大学と不動産という二つのバブルの終わり 匿名希望

326051
市場の支配構造(金貸し支配) 17/04/26 PM10
沖縄の石西礁湖「白化現象」により半分以上は死滅〜この報道に秘められた旧陸軍の暗号 takigawa hayami

325426
日本を守るのに、右も左もない 17/04/01 AM00
日本ではなくなった、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な(でもなく)、抜目がない、或る経済的大国 匿名希望

325091
新しい共認勢力 17/03/17 PM11
サウジ国王の訪日は46年前の国王訪日時に両国で決めたドル覇権支援を終焉させるため 匿名希望

323567
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/01/18 AM02
2035年、埼玉など首都圏北部は医療崩壊によりスラム化、新たに名古屋と京阪神地区が首都圏に加わる。 佐藤晴彦

321053
政治:右傾化の潮流 16/10/27 PM06
平成30年11月の即位の礼は奈良市の国営平城宮跡歴史公園の復元大極殿で行われ、それを期に皇室は関西に戻る 猛獣王S

320813
世界各国の状況 16/10/21 PM03
世界島西部はオーストリアによって統合される A 大西敏博

320810
世界各国の状況 16/10/21 PM02
世界島西部はオーストリアによって統合される @ 大西敏博

318640
市場の支配構造(金貸し支配) 16/08/20 AM02
「第四の神器」を所有する鎌倉に住む紳士(真の天皇)とは?〜真の裏天皇の可能性が極めて高い?〜 猛獣王S

318274
日本を守るのに、右も左もない 16/08/12 PM00
世界は表・裏・闇の三階層からなり、実質的支配は「闇=王族」(2) 大西敏博

318273
近代市場の拡大 16/08/12 PM00
世界は表・裏・闇の三階層からなり、実質的支配は「闇=王族」(1) 大西敏博

317103
現代意識潮流を探る 16/07/07 PM11
靖国神社の徳川康久宮司が「明治維新という過ち」と発言、靖国神社=官軍の正義を否定 匿名希望

315421
一次・二次大戦 16/05/20 AM01
瀬島龍三は従来からソ連のスパイであった 大西敏博

314867
世界各国の状況 16/05/05 PM11
豪潜水艦の共同開発、仏が受注 日本は落選 大西敏博
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp