検索頁へ
   
件 (1/1頁) 総数13件
雑談日記(徒然なるままに)
ランキングお勧めサイトへ

199433
暴走する悪徳エリートの所業 09/02/10 PM09
政府紙幣関連ブログ記事(雑談日記より)

187115
私権原理から共認原理への大転換 08/09/24 PM01
Re:世界の貧困…問題の核心と私たちにとっての新たな可能性 tanvool

178396
暴走する悪徳エリートの所業 08/06/04 PM09
今植草一秀が熱い、心ある諸君は「blog植草一秀の『知られざる真実』」のリンクをはろう。売国小泉一派鉄槌への一歩を踏出そう! 猛獣王S

169219
古代市場と近代市場 08/01/17 PM10
陰謀論について 遊撃手

166714
暴走する悪徳エリートの所業 07/12/08 PM09
民主党石井代議士兄弟が中心となって推進する電子投票法案とは何か? 猛獣王S

164973
暴走する悪徳エリートの所業 07/11/10 PM03
「中傷報道に厳重に抗議する」=民主党小沢代表の抗議A たっぴ
トラック
バック
暴走する悪徳エリートの所業 07/11/08 PM11
民主党小沢代表の抗議(緊急記者会見より) なんで屋−驀進劇−

141008
日本を守るのに、右も左もない 06/12/26 AM00
ブログ:雑談日記徒然なるままに〜安倍晋三にNO!AbEndキャンペーンに参加しよう の紹介 小澤紀夫

135834
実現論を塗り重ねてゆく 06/10/28 PM11
社会は観念によってしか統合できない。 たっぴ
トラック
バック
政治:右傾化の潮流 06/10/07 PM00
【転載】Wの衝撃:北朝鮮の鉱物資源に群がる米中韓(萬晩報) エクソダス2005《脱米救国》国民運動
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 06/09/28 AM02
「多数と匿名の暴力」に抗するために、引き続きご協力を 嗚呼、負け犬の遠吠え日記

131090
共認運動をどう実現してゆくか? 06/09/16 PM10
注目サイト・ブログを見た感想 ヘッドフォン

101479
暴走する悪徳エリートの所業 05/11/26 PM09
RE:「奪われる日本」を読んで 匿名希望
  このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp