検索頁へ
 
件 (1/4頁) 総数68件
桜井ジャーナル
ランキングお勧めサイトへ

324915
現代意識潮流を探る 17/03/10 PM10
トランプ大統領が現代の制覇力である情報をめぐって対立関係にあるCIAを潰しにかかってきたか? 岸良造

324866
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/03/08 PM09
東電福島第一原子力発電所はチャイナシンドロームで危険だが、廃炉までに数百年必要 2/2 明石 甫

324865
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/03/08 PM08
東電福島第一原子力発電所はチャイナシンドロームで危険だが、廃炉までに数百年必要 1/2 明石 甫

324808
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/03/06 AM09
背後で石油産業が見え隠れしているトランプ大統領が金融資本と戦争産業のヒラリーと戦う 池波真二

324594
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/02/26 PM10
ネオコンはプーチンに対する直接的な戦争を始めた 本田真吾

324203
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/02/11 PM07
トランプが迅速に公約を実行する中、反トランプ派は「パープル革命」を目指してカナダを拠点に〜背後にジョージ・ソロス 蔦宇兵衛

323755
世界各国の状況 17/01/25 PM07
トルコとロシアの接近は両軍戦闘機が共同してダーイッシュを攻撃する段階に達し、NATOに衝撃 前田重男

323703
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/01/23 PM07
トランプ就任を巡って、第三次世界大戦を引き起こしたい勢力と引き起こしたくない勢力がバトル中。 匿名希望

323539
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/01/16 PM11
原子力にのめり込んでいる東芝の粉飾決算が問題になっているが、その背後では核兵器開発の動きA 猛獣王S

323538
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/01/16 PM11
原子力にのめり込んでいる東芝の粉飾決算が問題になっているが、その背後では核兵器開発の動き@ 猛獣王S

323003
原発 16/12/31 PM03
原子力にのめり込んでいる東芝の粉飾決算が問題になっているが、その背後では核兵器開発の動き A 立川久

323002
原発 16/12/31 PM03
原子力にのめり込んでいる東芝の粉飾決算が問題になっているが、その背後では核兵器開発の動き @ 立川久

322929
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 16/12/29 PM05
オバマ大統領は国防授権法の中に言論の自由を破壊する条項を入れ、ファシズム体制を強化して去る 匿名希望

322835
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 16/12/26 AM10
日本でも進められているキャッシュレス社会は支配層が庶民から際限なくカネを巻き上げる仕組み 前田重男

322586
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 16/12/16 PM10
後ろ盾になってきた米国の好戦派が衰退、独自の判断ができない安倍政権は暴走の度合いを強めた 蔦宇兵衛

322000
世界各国の状況 16/11/24 PM03
とりあえず最悪の事態(世界大戦)は避けられた やっさん

321770
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 16/11/16 PM10
不正選挙に失敗し、デモを起こしている反トランプのネオコン勢力 田村正道

321749
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 16/11/16 PM00
トランプが次期米大統領に決まったことを受けてソロス一派が秘密会談、露では新自由主義者逮捕 前田重男

321691
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 16/11/14 AM09
トランプ当選により金貸しによる新自由主義の破綻を取り繕うための核戦争の可能性は一旦回避された 蔦宇兵衛

321534
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 16/11/09 PM09
自衛隊の部隊が派遣されているジブチと南スーダンは米国がアフリカと中東を侵略する拠点になる 前田重男
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp