検索頁へ
 
件 (1/16頁) 総数305件
DARKNESS
ランキングお勧めサイトへ

325298
市場は環境を守れない、社会を統合できない 17/03/26 PM06
赤ん坊が「商品」となるおぞましいビジネス。資本主義の末路1 近藤文人

324395
マスコミに支配される社会 17/02/19 PM00
多文化共生で大混乱する現代社会の主犯はいったい誰なのか 別所彦次郎

324215
生命原理・自然の摂理 17/02/12 AM01
動物にとっての「弱い者いじめ」は、自分が助かるための戦略 別所彦次郎

324063
日本人と縄文体質 17/02/06 PM09
保護貿易と関税で混乱する世界でも日本企業が生き残る理由 別所彦次郎

323865
市場は環境を守れない、社会を統合できない 17/01/29 PM10
「世界で最も裕福な8人」にまつわる秘密を暴いて応用せよ 別所彦次郎

323710
否定脳(旧観念)からの脱却 17/01/23 PM10
これからの日本人に求められるのは対立する度胸を持つこと 別所彦次郎

323686
民主主義と市民運動の正体 17/01/22 PM10
ドナルド・トランプの激しい女性攻撃の裏側に何があるのか 匿名希望

323685
マスコミに支配される社会 17/01/22 PM10
誰も気にしないところでプロパガンダが日本人を蝕んでいる 紀伊谷高那

323610
経済破局は来るのか? 17/01/19 PM10
アメリカ グローバル経済は破壊できるのか? 匿名希望

323498
次代の活力源は? 17/01/15 PM05
地獄と化していく世界では、プラス思考はあまりにも無力だ 別所彦次郎

323299
共認心理学:現代の精神病理 17/01/08 PM11
ツイッターは憎悪と暴力を拡散するのに効率的なシステムだ @ 匿名希望

323254
民主主義と市民運動の正体 17/01/07 PM06
現在社会では静かに「言葉狩り」が始まっている 別所彦次郎

323098
試験・身分制度の根深い害 17/01/03 PM00
「資格を取れば何とかなる」が社会を滅ぼしてしまう理由とは 紀伊谷高那

322506
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 16/12/13 PM08
ドナルド・トランプは、対立を煽り立てて戦争を引き起こす 本田真吾

322486
試験制度と暗記脳 16/12/12 PM09
『この10項目に当てはまる人は、次の時代に淘汰されてしまう』 紀伊谷高那

322303
学校って、必要なの? 16/12/05 AM10
『日本の学校は、考えない人間を5つの方法で生み出している』 紀伊谷高那

322280
マスコミに支配される社会 16/12/04 PM01
マスコミが世論誘導する力を失い、学校教育も行き詰まり。今こそ「自考力」が必要な時代に突入した 紺碧空

322202
共認心理学:現代の精神病理 16/12/01 PM05
現代社会の仕組みに合わない人間は、病気として排除される@ 鎌田華菜

322087
試験・身分制度の根深い害 16/11/27 PM05
学歴・会社・資格に頼っている人は未来がないという現実 紀伊谷高那

321722
世界各国の状況 16/11/15 PM02
中国の軍事拡張。現在は対立だがその先には軍事衝突がある 紀伊谷高那
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp