検索頁へ
 
件 (1/3頁) 総数52件
心が、どんどん壊されてゆく
ランキングお勧めサイトへ
トラック
バック
学校って、必要なの? 17/06/20 PM07
子どもの問題は大人が問題〜大人の思考停止が子どもを追い詰めている。 感謝の心を育むには
トラック
バック
学校って、必要なの? 17/05/27 PM09
「発達障害児」の大半は、近代という特殊な時代に適応できない普通の子どもたちではないか。 感謝の心を育むには

326490
密室家庭は人間をダメにする 17/05/14 PM00
愛情を与えない毒親 1/2 加藤俊治

326390
密室家庭は人間をダメにする 17/05/10 PM01
過干渉・過保護型の毒親  1/2 加藤俊治

325239
市場は環境を守れない、社会を統合できない 17/03/24 AM00
サイコパスとその理念が世界を動かしている「悪意の時代」の中で (その2) 岸良造
トラック
バック
共認心理学:現代の精神病理 16/12/13 PM05
ゆき過ぎた「子供」観念が不安や悩みを抱える若年層を増大させている。 感謝の心を育むには

317002
心の本体=共認機能の形成過程 16/07/04 PM10
「誰かを助ける」のは哺乳類の本能? 文太

312578
健康と食と医 16/02/23 AM10
人生を幸せにするのは何?-最も長期に渡る幸福の研究- 文太

309255
子育てをどうする? 15/11/10 AM10
非合理としての育児―本源性を充足させる日本の育児方法@ 匿名希望

309160
思考革命:問題意識発から可能性発へ 15/11/06 PM09
「決意」が人をもっとも元気にする 佐藤大輔

285658
共認心理学:現代の精神病理 13/12/31 AM08
買い物をしても幸せにはならない スズムシ

285432
共認心理学:現代の精神病理 13/12/24 PM08
テレビが人間を愚鈍にさせるというのが科学的に証明された 中村英起

284589
共認心理学:現代の精神病理 13/11/28 PM09
『総子化』〜親子共存年数は約60年に。人生の3分の2以上を子供として過ごす時代へ 中川翔子

269869
共認心理学:現代の精神病理 12/10/22 AM00
「自由自在」とは意味不明な言葉であるA 新聞会

165347
共認心理学:現代の精神病理 07/11/16 AM00
不登校生徒の家庭の共通の特徴から見える過保護空間 近藤文人

135033
共認心理学:現代の精神病理 06/10/21 PM00
人としての不変認識が欠落してしまっている。 走馬灯

133823
共認心理学:現代の精神病理 06/10/11 AM07
それがどうした、いんちき教授! 匿名希望

132369
共認心理学:現代の精神病理 06/09/28 PM08
自己中を許さない事実の共認 辻一洋

131216
共認心理学:現代の精神病理 06/09/18 AM00
暴れる小学生増加? ⇒これはかなりヤバイ 感謝の心を育むには

130851
共認心理学:現代の精神病理 06/09/14 PM08
「学力問題の小中学校長意見調査」〜家庭での教育力低下,しつけの欠如との答えが9割 猛獣王S
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp