検索頁へ
 
件 (1/15頁) 総数299件
In Deep
ランキングお勧めサイトへ

326128
近代科学を切開する 17/04/29 PM11
「奇跡」とは人間本来が持っている力だということ Bannister

325996
試験・身分制度の根深い害 17/04/24 PM09
「現代医学は悪しき宗教」と40年前に述べた異端医師の懺悔 今野恵祭

325937
地震・噴火・気象 17/04/22 AM02
「超モンスター級」エルニーニョの出現の現実化。そして、ペルーの科学者は、「エルニーニョは海底火山の活動が原因で、それは惑星と太陽からの影響に起因している」と語った。 廣渕一志

325854
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/04/18 PM09
「すべての爆弾の母」MOABはユーラシア大陸最大の断層とプレートの交差地点で、なおかつ「北緯33度線の真上」の位置に投下された。これは偶然なのか、何かの意図なのか 匿名希望

325704
健康と食と医 17/04/12 PM05
世界規模での「失明の流行」の懸念 : LEDの光による「網膜の損傷」の実態を研究で明らかにしたスペインの専門家たちは「過度な液晶画面依存生活」へ警鐘を鳴らす 達磨防人

325529
地震・噴火・気象 17/04/05 AM00
イルカたちの死と太陽〜3月末の「数日間」で世界各地で連続したイルカの大量死は現在の異常な太陽活動と関係があるのか? 廣渕一志

325380
地震・噴火・気象 17/03/30 AM01
急停止した太陽活動 : 2010年4月以来最も長い「16日間連続で黒点ゼロ」を記録した日に「太陽活動は人間社会のすべてを牛耳っている」という概念を思い出す 廣渕一志

325238
市場は環境を守れない、社会を統合できない 17/03/24 AM00
サイコパスとその理念が世界を動かしている「悪意の時代」の中で (その1) 岸良造

325157
経済破局は来るのか? 17/03/20 PM10
アメリカのデフォルトの可能性は、多くの人々が考えているよりも大きいと思われる 大森久蔵

325141
人工物質の脅威:大気・水・食品 17/03/20 AM02
「マイクロファイバーがプランクトンを殺しながら食物循環に入る様子」が初めて撮影される。そして、魚、微生物、クジラ、海鳥などあらゆる海の生物たちがプラスチック大好きな状況から想像する「海の終焉の日」 前田重男

324680
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/03/01 PM05
医療異端者の告白 〜ある医師の「犠牲にしてしまった」数多くの患者たちへの懺悔〜 紺碧空

324679
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/03/01 PM03
「現代医学は悪しき宗教」と40年前に述べた異端医師の懺悔 廣渕一志

324488
健康と食と医 17/02/23 AM00
《病気・肉体的苦痛・そしてその治癒の真実》「思考」が人の体と細胞を「実際に変化させる」多数の医学的・科学的証拠が示す未来A 前田重男

324487
西洋医療と東洋医療 17/02/23 AM00
《病気・肉体的苦痛・そしてその治癒の真実》「思考」が人の体と細胞を「実際に変化させる」多数の医学的・科学的証拠が示す未来@ 前田重男

324480
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/02/22 PM09
FBIが「アメリカの影の政府」の存在を発表し、そしてその影の政府メンバーたちが政権から追放されている? 廣渕一志

324479
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/02/22 PM09
FBIが影の政府に言及 加賀正一

324428
子育てをどうする? 17/02/20 PM07
共同体解体は世代を経るごとに生体へも影響 匿名希望

324228
人工物質の脅威:大気・水・食品 17/02/12 PM08
世界規模での「失明の流行」の懸念 : LEDの光による「網膜の損傷」の実態 日出・真田十勇士

324131
健康と食と医 17/02/09 AM01
量子物理学的な医学見地から病気は「意識と思考」で作られることを確信した日 廣渕一志

324099
健康と食と医 17/02/07 PM11
ほとんどの痛みと症状は思い込み 本田真吾
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp