検索頁へ
 
件 (1/9頁) 総数173件
試験・身分制度の根深い害
ランキングお勧めサイトへ
トラック
バック
学校って、必要なの? 18/02/20 PM07
学歴はなくてもかまわない。必要なのは学ぶ意欲と追求力。 感謝の心を育むには

333457
学校って、必要なの? 18/02/14 PM05
学生(の家庭)から金を巻き上げて延命を図る大学。授業料は60年と比べ、私立で19倍、国立大で82倍! 野崎章
トラック
バック
学校って、必要なの? 18/02/12 PM07
学校生活は軍事教練。日常全てが考えないための訓練になっている。 感謝の心を育むには

333071
学校って、必要なの? 18/01/29 PM03
現実を直視する「生産の場」と一体になった「学び場」 麻丘東出
トラック
バック
学校って、必要なの? 18/01/29 AM09
子どもの未来を考えるなら、学校で勉強などしている場合じゃない。 感謝の心を育むには
トラック
バック
共認運動をどう実現してゆくか? 18/01/18 PM10
私権社会から本源社会への革命的転換、その主役は子ども達 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
共認運動をどう実現してゆくか? 18/01/14 PM07
私権社会から本源社会への大転換、その本流は教育革命 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
試験・身分制度の根深い害 18/01/09 PM03
ゆとり世代は大活躍〜詰め込みをやめるだけで子供たちの才能が大きく開く 感謝の心を育むには
トラック
バック
試験・身分制度の根深い害 17/12/30 PM08
教育改革〜日本の受験システムの不思議さ 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
国家の支配構造と私権原理 17/12/25 PM08
教育改革〜自由な思考を封鎖するために共通一次試験が導入された 共同体社会と人類婚姻史

331960
学校って、必要なの? 17/12/19 PM06
さいころが作れない生徒、泣けない生徒 男と女の職場話
トラック
バック
学校って、必要なの? 17/12/18 PM08
いまだに労働者と兵士を育成しているのが学校。この制度が変らなければ日本に未来はない。 感謝の心を育むには

331837
試験・身分制度の根深い害 17/12/13 PM10
受験の真実 「すべり止め校」はあと伸びする 1 孫市

331808
子育てをどうする? 17/12/12 PM05
「成績」から「関係力と追求力」へ。子供を管理したがる親に迫るべきは、成果目標の転換 岡田淳三郎
トラック
バック
学校って、必要なの? 17/12/10 PM05
元々子供は勉強が好き。それを嫌いにさせているのが学校。 感謝の心を育むには
トラック
バック
試験・身分制度の根深い害 17/11/25 PM03
偏差値身分制、学歴身分制、、、学校は誰も幸せにしないシステムをつくりあげた 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
試験・身分制度の根深い害 17/11/19 PM07
学校が諸悪の根源であることに多くの人が気づき始めている。 感謝の心を育むには

331102
健康と食と医 17/11/12 PM08
末期癌、「抗がん剤」は余命を0日にする!@ 志水満
トラック
バック
学校って、必要なの? 17/11/05 PM08
子供は教わらなくても学ぶことができる。 感謝の心を育むには
トラック
バック
試験・身分制度の根深い害 17/10/21 PM07
試験制度が子供たちの創造性を殺し、社会の可能性を潰している。 感謝の心を育むには
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp