検索頁へ
 
件 (1/7頁) 総数135件
経済破局は来るのか?
ランキングお勧めサイトへ
トラック
バック
経済破局は来るのか? 17/11/18 PM03
サウジアラビアのクーデターと迫るオイル・株の大暴落 日本を守るのに右も左もない

331230
新しい共認勢力 17/11/17 PM09
ロシア中央銀行が新金担保通貨を来月発表 橋口健一

330791
経済破局は来るのか? 17/10/30 PM07
株高の裏に潜む恐怖の反作用  「根拠なき熱狂」支える日銀@ 新聞会

329964
市場の支配構造(金貸し支配) 17/09/27 AM00
アジア王族と欧米国際金融との密約〜アジアの金を軍資金に第一次・第二次世界大戦の武装化が始まった 中村英起

329866
新しい共認勢力 17/09/23 PM00
「仮想通貨は危険だ」というなら、紙幣が安全な根拠はどこにある?@ 志水満

329570
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/09/13 AM09
北朝鮮の核武装をどう見るか?〜民族自決の闘いを貫徹。頭がおかしいのは卑屈な属国根性が染みついて何も見えなくなっている日本の政府・マスコミ。実は米軍は張子の虎。戦えば北朝鮮に負ける 縄文男児

329547
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/09/12 PM06
日銀の異次元緩和はどこに向かうか ー敗戦直後の預金封鎖を振り返るー 新聞会
トラック
バック
経済破局は来るのか? 17/08/19 PM10
お金は、コンピューター内の数字(幻想)に成ってきた。 金貸しは、国家を相手に金を貸す
トラック
バック
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/07/31 PM09
世界を動かす11の原理-5〜ドルを基軸通貨の地位から引き摺り下ろす動きが加速〜 金貸しは、国家を相手に金を貸す
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 17/07/07 PM03
金融と云う金儲け、詐欺システム+電子マネー化⇒さらに世界支配。 金貸しは、国家を相手に金を貸す
トラック
バック
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/07/03 PM07
世界を動かす11の原理-4〜「基軸通貨」を握るものが世界を制す〜 金貸しは、国家を相手に金を貸す

327555
経済破局は来るのか? 17/06/24 PM03
株価は国の買い支え(GDPの38%の金額)で、現状維持であるという事実を、どうとらえるか?! 猪 飼野

326872
経済破局は来るのか? 17/05/28 PM09
もう資本主義の限界が見えてきた。ここから国はどう動くのか? どうなる資本主義

325887
市場の支配構造(金貸し支配) 17/04/20 AM09
国際基軸通貨はほぼ100年毎に変わってきた。次は金に裏付けられたSDRか? 縄文男児

325867
市場の支配構造(金貸し支配) 17/04/19 AM10
三菱UFJが国債入札資格を捨てて、ビットコインに切り換え 縄文男児

325866
市場の支配構造(金貸し支配) 17/04/19 AM09
中央銀行・断末魔のバラマキ〜後は野となれ山となれ 縄文男児

325841
市場の支配構造(金貸し支配) 17/04/18 AM10
ビットコインと中央銀行2 中央銀行の成立に見るその詐欺性 縄文男児

325840
市場の支配構造(金貸し支配) 17/04/18 AM09
ビットコインと中央銀行1 開発者サトシ・ナカモトの正体がバレた 縄文男児

324273
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 17/02/14 PM07
トランプ政権の政策とその展開その7 志水満
トラック
バック
新しい共認勢力 17/02/07 AM00
反グローバリズムの潮流(スペインのポデモス) 金貸しは、国家を相手に金を貸す
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp