検索頁へ
 
件 (1/3頁) 総数60件
農村を活性化させる為には?
ランキングお勧めサイトへ

341219
人工物質の脅威:大気・水・食品 18/11/29 AM00
農薬成分はハチの集団活動を破壊する 野崎章
トラック
バック
新しい共認勢力 18/09/19 PM07
限界集落は『希望の集落』である これからは共同体の時代
トラック
バック
新しい共認勢力 18/08/29 PM03
若者が注目を集める農業・林業・漁業の可能性 これからは共同体の時代

333777
農村を活性化させる為には? 18/02/28 PM10
歴史は繰り返す? “荘園”化する日本の農業〜系列化の中で変わっていく農業の「働き方」@ 津田大照

314079
農村を活性化させる為には? 16/04/12 PM02
「ブータン農業の父・西岡京治」国王からも爵位。日本人「ニシオカ」はなぜブータンで国葬されたのか?@ 志水満

292775
農村を活性化させる為には? 14/07/25 PM06
藻(微生物)の力を利用した”儲かる(?)自然農法” 岩澤農法 西谷文宏

292713
農村を活性化させる為には? 14/07/24 AM02
雑草とは何か? 雑草は土地を荒らすのではなく、土地を豊かにする 西谷文宏
トラック
バック
日本人と縄文体質 14/02/14 AM00
『農業全書に学ぶ』シリーズまとめ〜市場化の波から農を守った江戸時代の生産革命〜 新しい「農」のかたち
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 13/04/02 PM09
タネから次代の農業を考える1〜種の歴史(種は、元々みんなのものだった!) 新しい「農」のかたち
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 12/08/29 AM10
日本の農業の可能性はどこにあるのか?(後編) これからは共同体の時代

261550
農村を活性化させる為には? 12/02/19 PM11
自然(農業)学校が、地域を牽引している事例:NPOグリーンウッドの取り組みA「信州子ども 山賊キャンプ」 千葉裕樹

257509
食糧危機は来るのか? 11/10/09 AM07
農業再興のチャンス 新聞会
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 10/08/15 PM01
「日本は世界5位の農業大国〜大嘘だらけの食料自給率〜」の書籍紹介(1) 新しい「農」のかたち

235868
農村を活性化させる為には? 10/08/09 PM00
『市民皆農の時代へ』という考え方 mosimobox

207099
農村を活性化させる為には? 09/05/22 AM02
専業農家の年間所得は644万円なのに、兼業農家の所得は792万円ってどうなの? 夢想仙楽Ж

196605
日本を守るのに、右も左もない 09/01/06 AM08
『わら一本の革命』 @科学技術の完全否定と誰でもやれる自然農法 井上宏

196146
農村を活性化させる為には? 08/12/31 AM11
農協の実体A〜経営悪化を政府救済でしのいだ組織の宿命〜 三浦弘之

196142
農村を活性化させる為には? 08/12/31 AM09
農協の実体@〜農業協同組合の誕生〜 三浦弘之

194531
農村を活性化させる為には? 08/12/10 PM08
兼業農家の必然性――世界に冠たる担い手システム 匿名希望
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 08/07/18 AM00
排出権と投稿ポイント⇒社会統合本位制通貨への転換 日本を守るのに右も左もない
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp