検索頁へ
 
件 (1/30頁) 総数595件
株式日記と経済展望
ランキングお勧めサイトへ

330323
世界各国の状況 17/10/11 PM09
日本は少子高齢だから、人口減少だから投資の価値がないからみたいなことを強調されるけど、色んな国の人達が似たようなことを考えている 匿名希望

330115
試験・身分制度の根深い害 17/10/03 PM00
超進学校は親の大きな期待を背負わされ、中高は精神病の子だらけ。異常な状況でした。中学3年になるとクラスの女子の半分くらいがリストカットした 匿名希望

329754
恋愛って、何?結婚って、何? 17/09/19 PM08
コンドームの出荷数は近年、激減しています。2000年には341万8000グロスが199万9000グロスと、実に4割も減っている 新聞会

329448
世界各国の状況 17/09/09 PM00
金正恩暴走の影にロシアの支援あり、プーチンはなぜ北を守るのか  匿名希望

329259
世界各国の状況 17/09/02 PM01
南北戦争の構図が復活するほど、米国社会は分裂がひどくなり、意思決定が困難になっていく。 匿名希望

329133
日本人と縄文体質 17/08/28 PM08
自動翻訳を可能にする時代に、日本語は、感受性と理解力と創造性を育てる言語として、将来の世界共通語になる可能性があります。その2 匿名希望

329131
日本人と縄文体質 17/08/28 PM08
自動翻訳を可能にする時代に、日本語は、感受性と理解力と創造性を育てる言語として、将来の世界共通語になる可能性があります。その1 匿名希望

329079
るいネットを応援する 17/08/26 PM01
古典の重要性 匿名希望

328544
日本人と縄文体質 17/08/04 AM00
『 日本語 』と言う優れた『 高度技術や理論を発達させる言語 』 秋田稔行

328238
恋愛って、何?結婚って、何? 17/07/22 PM06
専業主婦制は、経済の停滞した現代では少子化の一因に 吉 四六

328201
一次・二次大戦 17/07/20 PM11
「二度とアメリカに歯向かわない 国にする」と確信したマッカーサーは、教育で徹底的に破壊した。 洞口海人

327994
政治:右傾化の潮流 17/07/12 PM00
都議選、本当に負けたのは誰なのか  匿名希望

327871
国債経済とその破綻(大破局の予感) 17/07/07 PM00
開発ブームだが過熱感はナシ 匿名希望

327345
世界各国の状況 17/06/15 PM08
日本が米国の意向を汲んで真っ先に対中経済制裁を解くことで、国際社会世論の流れを変えることになった。 匿名希望

326008
学校って、必要なの? 17/04/25 AM10
英語教育よりも漢字教育が大切であるA 新聞会

326007
学校って、必要なの? 17/04/25 AM09
英語教育よりも漢字教育が大切である@ 新聞会

325502
地震・噴火・気象 17/04/03 PM11
2週間以上にわたる黒点の完全消失が続いたため、本格的に「ミニ氷河期」が近づいている 新聞会

325346
これからの暮らしはどうなるの? 17/03/28 PM07
不動産を所有すると、自由な生き方を奪われる時代 本田真吾

325179
政治:右傾化の潮流 17/03/21 PM09
アメリカが北朝鮮を潰したくても出来ないのは、韓国や日本には統一教会を通じて北朝鮮のスパイが大勢いるからだ。 加藤俊治

324437
学者とマスコミが人類を破滅に導く 17/02/20 PM11
福島第一原発2号機が、再び暴れ出した。2号機の[650シーベルト/時]という線量は破滅的事態 新聞会
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp