検索頁へ
 
件 (1/27頁) 総数535件
地球と気象・地震を考える
ランキングお勧めサイトへ
トラック
バック
脳回路と伝達物質 19/01/12 AM00
”意識(波動)”を科学する〜全ての人間は予知能力を持っている〜 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
宇宙・地球 19/01/09 AM03
電気的宇宙論のススメ3〜プラズマが生み出す波 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
地震・噴火・気象 19/01/09 AM00
定説・常識に囚われず、宇宙史・地球史・生物史を貫く自然の原理の本質解明にチャレンジしていく 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
地震・噴火・気象 19/01/02 PM10
2018年の災害を振り返る 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
脳回路と伝達物質 18/12/06 AM00
”意識”を科学する〜「無機物を含めたこの世の存在すべて」と人間の意識は常に共鳴している〜 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
近代科学を切開する 18/11/24 AM00
本所先生の言葉より 〜 癌の治療薬に注目が集るが、近年急激に癌患者が増えた原因究明こそが本質課題 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
宇宙・地球 18/11/06 AM00
『宇宙〜生命の起源〜進化』は繋がっている 〜 宇宙での、電磁波→電子と水素のプラズマ→核融合→ケイ素の形成過程 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
地震・噴火・気象 18/09/26 AM00
大地震も台風も豪雨も人工的に起こすことが出来る「気象兵器」を科学者が暴露 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
人工物質の脅威:大気・水・食品 18/09/11 AM00
素人たちによる追求 〜電磁波を「浴びた植物」と「浴びてない植物」の比較画像がヤバい! スマホやWi-Fiで超絶劣化〜 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
未知なる回路:気・霊感・予知 18/09/03 AM01
”意識”は物質や確率に影響を与える 〜精霊信仰(≒観念原回路)への新たな科学的アプローチ〜 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
生物の起源と歴史 18/08/27 AM00
観念機能の低下から観念体系の崩壊へ。⇒突破口は”観念ではなく”言葉以前の本能・共認機能をいかに再生できるかにかかっている 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
宇宙・地球 18/08/25 PM09
電気的宇宙論のススメ2〜銀河の螺旋運動は宇宙を構成する気体プラズマがつくりだすピルケランド電流が生み出している 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
宇宙・地球 18/08/25 PM09
電気的宇宙論のススメ1〜観測事実が近代科学の虚構を突き壊し、科学革命が始まろうとしている 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
生物の起源と歴史 18/08/19 AM00
近代科学の思考パラダイムが、生命の起源・進化の追求を妨げてきた 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
地震・噴火・気象 18/08/03 AM00
国際条約にまで明文化されている気象操作技術。人工地震や気象操作を行うその技術とは一体どんな技術なのか?〜西洋科学の異常性〜 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
世界各国の状況 18/07/31 PM08
「行き所のない「西洋ゴミ」で分かった中国の”重要性”」  地球と気象・地震を考える
トラック
バック
地震・噴火・気象 18/06/26 AM00
地球の回転速度が減少していることが、昨今の大規模地震増加に影響しているのではないか? 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
暴走する悪徳エリートの所業 18/05/24 AM00
抗がん剤を初めとする薬(=毒)が生物全般の絶滅を招くという危険性 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
近代科学を切開する 18/02/08 AM00
近代(現代)科学はもう旧い!物質世界に傾斜した近代(現代)科学に替わる新たな”ポスト物理(質)主義科学”とは? 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
私権原理から共認原理への大転換 18/01/10 PM03
「ドル基軸の崩壊」と「ベーシックインカム」の潮流は、環境破壊の原因である市場拡大を抑止するか 地球と気象・地震を考える
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp