検索頁へ
   
件 (1/1頁) 総数17件
  経営板  

103220
子育てをどうする? 05/12/27 PM03
出来ない、覚えられない 西知子

121281
社員の活力を引き上げるには? 06/06/15 PM08
「みんなの成功体験」ならいくらでも積める 西知子
トラック
バック
社員の活力を引き上げるには? 10/03/02 PM11
2/28なんでや劇場レポート(2) 隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制 日本を守るのに右も左もない

229248
社員の活力を引き上げるには? 10/03/31 PM10
3/28なんでや劇場レポート(3) 今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる  匿名希望

232519
本能⇒共認機能⇒観念機能 10/05/31 PM09
5/30なんでや劇場レポート「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか? 匿名希望

257244
企業を共同体化するには? 11/09/30 PM10
感謝の心を損なう「有給制度」に代わる、『有給休暇一括買取方式』 西知子

260719
新しい共認勢力 12/01/21 AM02
1.これから生き残る企業に求められる能力は? 岡田淳三郎

270307
企業を共同体化するには? 12/11/05 PM01
学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ 岡田淳三郎

270326
企業を共同体化するには? 12/11/06 PM00
学生に与う5 共同体の母胎は女性が生み出す充足空間 岡田淳三郎
トラック
バック
企業を共同体化するには? 13/02/04 PM10
『共同体経営とは?』10〜民主主義の欺瞞性☆〜 これからは探求の時代
トラック
バック
企業を共同体化するには? 13/02/19 PM03
『共同体経営とは?』11−2 社内ネットの可能性 〜認識の進化と実践の積み重ね この両輪が会社を変える〜 その2 これからは探求の時代
トラック
バック
共同体社会の実現 13/02/23 AM00
いま、社会の基底部で何が起きているのか−6 この行き詰った社会をどう再生するか これからは探求の時代
トラック
バック
企業を共同体化するには? 13/05/05 PM07
「共同体経営とは何か?」17−1 生産様式ではなく統合様式が要 その1 〜因果関係と収束関係・・・思考方法の違い〜 これからは探求の時代

286504
私権原理から共認原理への大転換 14/01/23 PM06
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代企業が生き残っていくのに必要な力は何か(前半) 野田雄二

286505
私権原理から共認原理への大転換 14/01/23 PM06
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代、企業が生き残っていくのに必要な力は何か(後半) 岩井裕介
トラック
バック
・国家時代  14/05/21 AM08
企業の『追求力』を高めるには?−1− なぜ「追求力の時代」なのか? これからは探求の時代
トラック
バック
思考革命:問題意識発から可能性発へ 14/06/13 PM05
追求してるとどんなことでも楽しい☆*:・° 女の職場話
  このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp