検索頁へ
 
件 (1/804頁) 総数16067件
  研究(科学)  
必読一覧 秀作一覧 佳作一覧 全記事一覧
トラック
バック
西欧科学は狂っている 19/06/20 AM00
西欧科学の不整合3 宇宙論・物理学系〜ビッグバン理論・相対性理論の矛盾 他 共同体社会と人類婚姻史

346907
生命原理・自然の摂理 19/06/19 PM05
土に触れる生活が心身の健康につながる。抗ストレスの妙薬は「土壌」にあった:研究結果 匿名希望

346899
脳回路と駆動物質 19/06/19 AM02
生物は情報伝達を「脳TO脳」で行う事が出来る? 岸良造

346898
脳回路と駆動物質 19/06/19 AM01
筋肉を失うと脳の細胞も減少する。 匿名希望

346897
脳回路と駆動物質 19/06/19 AM00
嗅覚受容体遺伝子は生活環境を反映してダイナミックに変化する 男と女の職場話

346871
西欧科学は狂っている 19/06/18 AM02
神を冒涜する科学⇒神の御業を理解する科学⇒実証論理の科学 匿名希望
トラック
バック
西欧科学は狂っている 19/06/18 AM00
西欧科学の不整合2 生命・人体系、医療系A〜「がんは治療すべきではない」が世界の常識 他 共同体社会と人類婚姻史

346866
西欧科学は狂っている 19/06/17 PM11
西欧科学が生まれ、魔女狩りが盛んだった時代は、大航海時代。全ての糸を引いているのはやっぱり金貸し。 久里亜

346852
脳回路と駆動物質 19/06/17 PM05
集中力は43歳! 人間の脳のピーク年齢は、能力ごとに違っていた 末廣大地

346836
生物の起源と歴史 19/06/16 PM10
原モグラの起源は、爬虫類を挟まない、単弓類←原両生類? 麻丘東出

346833
生物の起源と歴史 19/06/16 PM09
灼熱の地底の結晶の中で生き続けていた生物 井垣義稀

346832
生命原理・自然の摂理 19/06/16 PM09
根同士の接触と菌糸による「つながり」〜植物たちの驚異のネットワーク 斎藤幸雄
トラック
バック
生物学を切開する 19/06/16 PM09
西欧科学の不整合1 生命・人体系、医療系@〜人体エネルギーはどこから生じるのか?他 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
宇宙・地球 19/06/16 AM00
電気的宇宙論のススメ6〜太陽はファラデーモーターである 地球と気象・地震を考える

346761
人類の起源と人類の拡散 19/06/14 AM01
聴覚について人間と猿の脳には大きな違いがある 中田燿平

346760
脳回路と駆動物質 19/06/14 AM00
海馬を切断した患者の観察(医学界)から、短期記憶の概念が海馬に与えられた。 日出・真田十勇士

346759
西欧科学は狂っている 19/06/14 AM00
フリーマンのロボトニー治療(精神疾患者治療の為に、脳の神経回路を切断した) 日出・真田十勇士

346743
脳回路と駆動物質 19/06/13 PM06
ライブやフェスに行くことは、薬と同じくらい効果がある 木戸康平

346742
生命原理・自然の摂理 19/06/13 PM05
人の自殺に生物学的な意味はあるか? 匿名希望

346735
新資源・新エネルギーの開発は? 19/06/13 AM01
太陽光発電で海水を真水にする施設、なんと大きさはコンテナひとつ分 土偶
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp