検索頁へ
 
件 (1/753頁) 総数15050件
  研究(科学)  
必読一覧 秀作一覧 佳作一覧 全記事一覧

336574
脳回路と伝達物質 18/06/19 AM02
海馬は自分の努力で大きくすることができる 文太

336573
近代科学を切開する 18/06/19 AM01
空の青さは、合体するS極磁気単極子とN磁気単極子が発する青色光 佐藤有志

336527
生物の起源と歴史 18/06/17 AM00
イルカは互いに「名前」で呼び合い会話していることが判明! 同盟を結んで戦いも… 異様に賢い実態に戦慄 水沢奈々

336526
人類の起源と人類の拡散 18/06/17 AM00
生物は子ども時代に可能性をかけてきた 男と女の職場話

336500
新資源・新エネルギーの開発は? 18/06/15 PM11
1回転で家庭1日分を発電! 世界最大の巨大な洋上風力タービンから、欧州の再生可能エネルギー事情が見えた 末廣大地

336471
生物の起源と歴史 18/06/15 AM00
生命・細胞・血球の起源C-3 本田友人

336427
未知なる回路:気・霊感・予知 18/06/13 AM01
「予祝(よしゅく)のススメ」〜古代日本人の夢の叶え方〜 原てふ子

336424
これからの暮らしはどうなるの? 18/06/12 PM10
「医療×ブロックチェーン」の絶大なメリット 本田友人

336396
生物の起源と歴史 18/06/12 AM00
『植物が感じている世界』に驚き 匿名希望

336374
地震・噴火・気象 18/06/11 AM01
新しい小氷期はすでに始まっている 匿名希望

336372
生物の起源と歴史 18/06/11 AM00
[特報]ダーウィンの進化論が崩壊 : かつてない大規模な生物種の遺伝子検査により「ヒトを含む地球の生物種の90%以上は、地上に現れたのがこの20万年以内」だと結論される Bannister

336348
生物学を切開する 18/06/10 AM01
イモリの高い再生能力のカギは未成熟な赤血球にある 稲依小石丸

336347
生物学を切開する 18/06/10 AM00
AWG(段階的素粒子波動発生装置)〜病原性の低い状態に戻す AWGのマイナス電流〜 楊数未知

336346
生物学を切開する 18/06/10 AM00
AWG(段階的素粒子波動発生装置)〜特定の周波数で細胞に働きかけるAWG〜 楊数未知

336345
近代科学を切開する 18/06/09 PM11
ニュートリノと宇宙の輪廻 匿名希望

336268
生命原理・自然の摂理 18/06/07 AM01
イモリの実験:血液は再生に必要な物質を運んでいる 田村正道

336266
生物の起源と歴史 18/06/07 AM00
生命・細胞・血球の起源C-2 本田友人

336245
生物学を切開する 18/06/06 AM02
「腸は第二の脳」……ではない。腸内システムは脳をも支配している「第一の脳」である可能性が高まる。それが意味するところは「人間は細菌に理性までをも支配されている」ということで…… 廣渕一志

336243
生命原理・自然の摂理 18/06/06 AM01
私たち人間の遺伝子情報(ゲノム)は「自らの腸内細菌によってコントロールされている」 岸良造

336225
生命原理・自然の摂理 18/06/05 PM00
変化をしていけるものが適応できる 石山 巌
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp