検索頁へ
 
件 (1/851頁) 総数17009件
  研究(人文)  
必読一覧 秀作一覧 佳作一覧 全記事一覧

335120
日本人と縄文体質 18/04/25 PM08
相手に喜んでもらうために。外国人には当たり前でない日本人の気遣い。 匿名希望

335082
近代市場の拡大 18/04/24 AM03
たたら製鉄により作り変えられた中国地方の山地と平野 −自然環境の保全とは− 高梨俊寛

335027
国家の支配構造と私権原理 18/04/22 AM00
秦氏=忍者=諜報組織⇒日本の産業界を支配してきた 田野健

335015
国家の支配構造と私権原理 18/04/21 PM06
軍事的な緊張を高めている英首相、その夫は戦争ビジネスに多額の投資をしている会社の重役 匿名希望

334981
日本人と縄文体質 18/04/20 AM02
実は世界最高水準だった! 江戸時代の「和算」とは 匿名希望
トラック
バック
日本人と縄文体質 18/04/20 AM00
江戸時代の日本人は幸せだった 共同体社会と人類婚姻史

334978
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 18/04/20 AM00
秦氏の遺伝子〜ユダヤ人のY染色体遺伝子 匿名希望

334952
サル社会を解明しよう 18/04/19 AM00
チンパンジーが好きな肉は脳? 初期人類も同様か 匿名希望

334930
国家の支配構造と私権原理 18/04/18 AM02
「鎖国」とは武器と傭兵輸出の禁止令でもあった  北村浩司

334929
国家の支配構造と私権原理 18/04/18 AM01
平安京を追い出された「鬼」たちの行方〜神社の「座」を中心とした商業ネットワークへ 山澤貴志

334928
日本人と縄文体質 18/04/18 AM00
日本人は「祈り」と「天命追求型」の民族 酒井俊弘

334903
国家の支配構造と私権原理 18/04/17 AM02
明治維新政府は修験道の大聖地、大峰山寺本堂の禁断の内々陣までも暴き、貴重な資料を焼き尽くし、その煙は大峰山上にたなびくほどだったという。 持国天

334902
国家の支配構造と私権原理 18/04/17 AM01
諜報機関としての修験道・陰陽道7(武装権力と天皇の諜報機関の関係) 冨田彰男

334901
国家の支配構造と私権原理 18/04/17 AM00
諜報機関としての修験道・陰陽道6(南北朝と薩長) 冨田彰男

334875
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 18/04/16 AM01
日本を支配したい為政者にとって採集型ライフスタイルが支配の上で不都合だった? 日出・真田十勇士

334874
古代社会 18/04/16 AM00
【日本とイスラエル】秦氏は古代ユダヤからの渡来人か 匿名希望

334851
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 18/04/15 AM00
三国史記も日本書紀と同様、嘘で固めた捏造書 田野健

334850
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 18/04/15 AM00
出雲文化の開花〜四隅突出型古墳の時代 高梨俊寛

334830
原始共同体社会 18/04/14 AM01
働き方改革が楽しくないのはなぜだろう3〜序列のない縄文組織から学ぶ〜 近藤文人

334828
原始共同体社会 18/04/14 AM00
働き方改革が楽しくないのはなぜだろう2〜序列のない縄文組織から学ぶ〜 近藤文人
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp