検索頁へ
 
件 (1/1234頁) 総数24664件
  人材・教育  
必読一覧 秀作一覧 佳作一覧 全記事一覧

353083
私権原理から共認原理への大転換 20/01/23 PM09
教育からの「不可能視」→赤ん坊に戻って一体の充足を求める☆ 男と女の職場話

353077
社員の活力を引き上げるには? 20/01/23 PM07
あなたの文章をスリム化する方法 孫悟空

352999
もはや学校は終っている 20/01/20 PM09
最近の学校に蔓延する「SNSいじめ」の実態 ビッグチキン

352966
密室家庭は人間をダメにする 20/01/19 PM00
本能に根ざした「遊び」だから能力形成に直結する 宮田一郎
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/01/18 PM09
農と全人教育3〜田植え体験の意味 新しい「農」のかたち

352944
民主主義と市民運動の正体 20/01/18 PM08
「多様性」はコストがかかる。 別所彦次郎

352937
社員の活力を引き上げるには? 20/01/18 PM06
学習やチャレンジを誘発させるシステムは作れるのか・・・闘える組織、人に活力をもたらす組織づくりとは? 是安知和

352925
社員の活力を引き上げるには? 20/01/18 PM01
「思い」より強烈な「野望」が責任感や実行力を生み出す 匿名希望

352908
試験・身分制度の根深い害 20/01/17 PM10
目指すものは「メシが食える大人」「モテる人」〜花まる学習会が目指すもの 石山 巌

352906
密室家庭は人間をダメにする 20/01/17 PM09
「折り紙」「けん玉」等。昔の子供たちは日本古来の遊びから多くを学んでいた 匿名希望

352900
試験・身分制度の根深い害 20/01/17 PM06
外国人留学生が過去最高 中国で「日本の大学は楽」と思われている 匿名希望

352893
次代の活力源は? 20/01/17 AM09
今年もムダに目標をたてた人たちへ~「絵にかいた餅」を作るより重要なこと~ 真鍋一郎

352874
企業を共同体化するには? 20/01/16 PM07
子連れ出勤を小さな常識に ある企業の取組み 新川啓一

352870
社員の活力を引き上げるには? 20/01/16 PM03
「企業らしさ」「その人らしさ」採用は“らしさ”との合致 三上公平

352869
収束不全:やりたいことが見つからない 20/01/16 PM01
キャリア選択とは。幻想と残酷な真実 藤井智子

352849
試験制度と暗記脳 20/01/15 PM08
知ってるだけの知識を「使える知識」や「知恵」に発展させる方法 伊達政宗

352848
社員の活力を引き上げるには? 20/01/15 PM08
ものづくり”と“モノづくり”、一層大事にしていくべきはどっち? 八千頭身

352768
次代の活力源は? 20/01/13 AM01
「生き物としての力を取り戻す「50」の自然体験」を実際にやってみよう! 峯川道明

352764
素人による創造 20/01/12 PM10
市民をイノベーションのパートナーにするリビングラボ 大森久蔵

352763
社員の活力を引き上げるには? 20/01/12 PM10
「話の噛み合わない人」の特徴 別所彦次郎
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
因果関係と収束関係(実現関係)の矢印
原因→逆境(不全)⇒どうする?⇒可能性収束  
原基構造の不変部分と可変部分
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(2) 5000年前の文字登場以降、共認機能は衰弱している?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
『生命と場所』より…生命観
共生思想ということ
精霊の措定は手順律の逆転か?
「生物的な知」と「機械的な知」
「変性願望」批判
認識の創発性
認知と探索と統合
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
未知の世界の知性?
シャーマニズムと幻覚回路
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp