検索頁へ
 
件 (1/1255頁) 総数25085件
  人材・教育  
必読一覧 秀作一覧 佳作一覧 全記事一覧

360586
社員の活力を引き上げるには? 20/09/29 PM07
「あなたに仕事をお願いしたい」と言われる人になるためのコツ 土偶

360585
事業・仕事 20/09/29 PM06
「最後には必ず勝つ人」に共通する”たったひとつのこと” 匿名希望
トラック
バック
私権原理から共認原理への大転換 20/09/29 PM03
【実現塾】〜順応回路から脱し、自分の頭で考えるには? これからは探求の時代

360537
もはや学校は終っている 20/09/27 PM01
子どもが数学嫌いにならないように フィンランドの数学教育が工夫している4つのこと 新直

360535
もはや学校は終っている 20/09/27 AM10
子どもと子どもをつなぐのは「遊び」です! 女の職場話

360534
もはや学校は終っている 20/09/27 AM09
「日本の学校は、身近な小さな世界の全体主義をかたちづくっている」 日本の子どもの精神的幸福度ワースト2位 なぜ? HAYABUSA

360533
次代の活力源は? 20/09/27 AM02
いざというとき『論語』が頼りになる理由 森浩平
トラック
バック
共同体社会の実現 20/09/26 AM00
これからの共同体社会はどのように創られていくのか-16 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
子育てをどうする? 20/09/25 PM03
11歳の哲学者・中島芭旺くんのママが語る 「捨てられる母親」が子育てのゴール 感謝の心を育むには

360489
もはや学校は終っている 20/09/25 PM01
公立校の常識「自律」で変えた 工藤校長、改革の流儀 山本紀克

360460
もはや学校は終っている 20/09/24 AM01
「日本の学校は、身近な小さな世界の全体主義をかたちづくっている」 日本の子どもの精神的幸福度ワースト2位 なぜ? 野崎章

360453
るいネットを応援する 20/09/23 PM09
【メルマガるい934】 仕事は人々の活力源♪ [2020.09.22] るいネット編集部
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/09/23 PM03
言われたことしかできない「指示待ち人間」が増えている。 感謝の心を育むには

360414
社員の活力を引き上げるには? 20/09/22 PM03
「記事を書く」ことの効用。現場で役立つ知識が身につく新しい学び方 土偶

360413
日本を守るのに、右も左もない 20/09/22 PM01
「自然の摂理への同化力」は、自然と一体の生産力そのものから生まれる! 酒井俊弘

360412
もはや学校は終っている 20/09/22 PM00
「物事を習得するためには、 段階を踏んで積み上げていく必要がある」って本当? 女の職場話
トラック
バック
共同体社会の実現 20/09/21 PM03
これからの共同体社会はどのように創られていくのか-15 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
日本人と縄文体質 20/09/20 AM00
縄文体質は未来を拓く 第3回〜”職人気質” 生活が保障されれば、本物の追求力が芽生える 縄文と古代文明を探求しよう!

360336
社員の活力を引き上げるには? 20/09/19 PM09
リアルでたくさん褒めて欲しい!新入社員の実態が明らかに 光大

360335
否定脳(旧観念)からの脱却 20/09/19 PM09
優れたリーダーが伝えている「3つのなぜ」 直永亮明
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp