検索頁へ
 
件 (1/1233頁) 総数24656件
  人材・教育  
必読一覧 秀作一覧 佳作一覧 全記事一覧

352908
試験・身分制度の根深い害 20/01/17 PM10
目指すものは「メシが食える大人」「モテる人」〜花まる学習会が目指すもの 石山 巌

352906
密室家庭は人間をダメにする 20/01/17 PM09
「折り紙」「けん玉」等。昔の子供たちは日本古来の遊びから多くを学んでいた 匿名希望

352900
試験・身分制度の根深い害 20/01/17 PM06
外国人留学生が過去最高 中国で「日本の大学は楽」と思われている 匿名希望

352893
次代の活力源は? 20/01/17 AM09
今年もムダに目標をたてた人たちへ~「絵にかいた餅」を作るより重要なこと~ 真鍋一郎

352874
企業を共同体化するには? 20/01/16 PM07
子連れ出勤を小さな常識に ある企業の取組み 新川啓一

352870
社員の活力を引き上げるには? 20/01/16 PM03
「企業らしさ」「その人らしさ」採用は“らしさ”との合致 三上公平

352869
収束不全:やりたいことが見つからない 20/01/16 PM01
キャリア選択とは。幻想と残酷な真実 藤井智子

352849
試験制度と暗記脳 20/01/15 PM08
知ってるだけの知識を「使える知識」や「知恵」に発展させる方法 伊達政宗

352848
社員の活力を引き上げるには? 20/01/15 PM08
ものづくり”と“モノづくり”、一層大事にしていくべきはどっち? 八千頭身

352768
次代の活力源は? 20/01/13 AM01
「生き物としての力を取り戻す「50」の自然体験」を実際にやってみよう! 峯川道明

352764
素人による創造 20/01/12 PM10
市民をイノベーションのパートナーにするリビングラボ 大森久蔵

352763
社員の活力を引き上げるには? 20/01/12 PM10
「話の噛み合わない人」の特徴 別所彦次郎

352762
企業を共同体化するには? 20/01/12 PM10
指示待ち社員の集団が自ら考え行動する集団に変わる3つのステップ 直永亮明
トラック
バック
次代の活力源は? 20/01/12 PM03
農と全人教育2〜農業は、資本主義とは相容れない 新しい「農」のかたち

352735
社員の活力を引き上げるには? 20/01/11 PM09
未知収束が、本源的な新しい人間関係を築く鍵 佐藤有志

352734
社員の活力を引き上げるには? 20/01/11 PM09
「仕事を楽しめていない人は、仕事の質が低い。」という経営者の話。 長曾我部幸隆

352732
もはや学校は終っている 20/01/11 PM08
子どもの創造性を高めるには? 井垣義稀

352726
否定脳(旧観念)からの脱却 20/01/11 PM01
正当化観念を突破するには…観念停止と女の力が必要! 男と女の職場話

352716
もはや学校は終っている 20/01/10 PM11
寺子屋教育に学ぶ真髄 匿名希望

352715
もはや学校は終っている 20/01/10 PM10
国語は、論理整合力の獲得へ 望月宏洋
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp