検索頁へ
 
件 (1/1239頁) 総数24771件
  人材・教育  
必読一覧 秀作一覧 佳作一覧 全記事一覧

355140
共認運動をどう実現してゆくか? 20/03/30 AM09
闘わずして勝つ 是安知和

355061
もはや学校は終っている 20/03/28 AM02
定住の生産様式の変化が、子どもの遊び→内発意欲→能力にも影響 麻丘東出
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/03/27 PM03
企業立学校4 もう大学には任せられない byトヨタ 感謝の心を育むには

354919
もはや学校は終っている 20/03/24 PM05
大学の偏差値と入社後の仕事ぶりには何の関係もない、一流大卒の採用は無駄(日本電産・永守会長) 匿名希望

354917
次代の活力源は? 20/03/24 PM03
相手の目を見て会話をすること☆ 女の職場話

354902
もはや学校は終っている 20/03/23 PM10
イーロン・マスクが「大学は遊ぶ場所であり学ぶために大学へ行く必要はない」と語って話題に 孫市

354901
もはや学校は終っている 20/03/23 PM09
学校が子どもを無能で従順な人間に矯正する 麻丘東出

354892
社員の活力を引き上げるには? 20/03/23 PM06
断トツの離職率の低さを続ける飲食チェーンの組織作りとは 新川啓一

354866
次代の活力源は? 20/03/22 PM08
人脈づくりに夢中な人が、仕事で行き詰まりやすいワケ 大崎

354863
試験・身分制度の根深い害 20/03/22 PM06
解けない問題を出された時の反応が、その人の能力のバロメーターとなる 別所彦次郎
トラック
バック
次代の活力源は? 20/03/21 PM05
考える身体のつくり方(1)〜脱文字脳⇒本能次元で考える力を身につける これからは探求の時代
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/03/20 PM03
企業立学校3 新たな流れ2〜こんなにある 感謝の心を育むには

354752
もはや学校は終っている 20/03/19 PM07
「できれば大学を中退して、何かを成し遂げていてほしい」「大学は面倒な宿題の集まりだ」 by イーロン・マスク 野崎章

354741
これからの暮らしはどうなるの? 20/03/19 PM01
答え探索の追求おしゃべりに収束 匿名希望

354636
社員の活力を引き上げるには? 20/03/17 PM00
頭がいい人は「分かりやすい説明」をする時、何を考えているのか 長曾我部幸隆

354631
社員の活力を引き上げるには? 20/03/17 AM10
ビジネスにおいて「勝ち負けにこだわること」について 別所彦次郎

354516
もはや学校は終っている 20/03/14 PM09
教育と洗脳の違いは?日本の学校教育は洗脳と同義だと思う 木戸康平

354511
次代の活力源は? 20/03/14 PM06
過去もふまえてどう「次に向かって挑戦×更新しているか」が、周りの仲間の心も活力も動かす どうなる資本主義
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/03/13 PM05
企業立学校2 新たな流れ1〜始まりは教育にかける想い 感謝の心を育むには

354455
次代の活力源は? 20/03/12 PM03
闘う男から新人へ〜『仕事の心得3段階』 女の職場話
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp