検索頁へ
 
件 (1/1236頁) 総数24720件
  人材・教育  
必読一覧 秀作一覧 佳作一覧 全記事一覧

353913
もはや学校は終っている 20/02/20 PM01
知識や洞察力のない人による教育改革は悲劇(茂木健一郎)A 太刀川省治

353912
もはや学校は終っている 20/02/20 PM00
知識や洞察力のない人による教育改革は悲劇(茂木健一郎)@ 太刀川省治

353910
もはや学校は終っている 20/02/20 AM09
東大は今や「滑り止め」になった? 野崎章

353856
もはや学校は終っている 20/02/18 PM01
「講義型から対話型へ。世界で活躍する人材を育てる『考える教育』」〜特別講義「教える」から「考える」へー答えなき時代の教育トレンドー 津田大照

353834
次代の活力源は? 20/02/17 PM05
自分の仕事、働き方に満足し、生き生きと働いている方の特徴 匿名希望
トラック
バック
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/02/17 PM01
お手伝いする子は出来る子?10 〜児童労働は労基法違反なのか? 感謝の心を育むには

353798
社員の活力を引き上げるには? 20/02/16 PM00
「球が速い」と「打たせて捕る」、いいピッチャーはどっち? 森浩平

353795
否定脳(旧観念)からの脱却 20/02/16 AM09
【図解】外圧捨象(→活力ドン底) と 人類の再生 佐藤賢志

353770
もはや学校は終っている 20/02/15 PM03
子供たちなんて学校で教育なんかすることないんだ。自然の中に放り込んどきゃいい 匿名希望

353745
社員の活力を引き上げるには? 20/02/14 PM08
人間関係は効率化できない 別所彦次郎
トラック
バック
次代の活力源は? 20/02/14 PM08
中堅社会人へ〜アンテナ力を高める〜 これからは探求の時代

353722
次代の活力源は? 20/02/13 PM11
都会の中学生が「地方の公立高校に留学」してみたら 竹村誠一

353720
人類の起源と人類の拡散 20/02/13 PM10
「腕を広げた長さ=身長」って本当? 小5が「解明」 匿名希望

353717
社員の活力を引き上げるには? 20/02/13 PM10
一緒に仕事したい仲間ってどんな人でしょうか? 北口真穂

353687
試験・身分制度の根深い害 20/02/12 PM08
“教育熱心”という名の虐待〜努力家で高学歴の親が子供を潰す〜 稲依小石丸

353680
もはや学校は終っている 20/02/12 PM01
大学の今と今後 姜ヨセフ

353661
人材・教育 20/02/11 PM08
相手が発した小さな「no」を埋める営業マンが売れていくワケ 伊達政宗

353659
試験制度と暗記脳 20/02/11 PM07
暗記だけで数学を乗り切った学生の悲しい末路―1つの問題に1つの選択しかできない人― 穴瀬博一

353636
これからの暮らしはどうなるの? 20/02/10 PM08
ノルマに苦しむ営業マンたちの新たなる"憂鬱" 大崎

353633
もはや学校は終っている 20/02/10 PM06
間尺に合わくていい 大森久蔵
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp