検索頁へ
 
件 (1/1237頁) 総数24727件
  人材・教育  
必読一覧 秀作一覧 佳作一覧 全記事一覧

354012
次代の活力源は? 20/02/24 PM03
本当の遊びは生産にこそある! 女の職場話

353990
社員の活力を引き上げるには? 20/02/23 PM03
成長よりも適応が生物のありかた 匿名希望

353969
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/02/22 PM08
◆自覚なき外圧捨象と組織的劣化収束の構造 Bannister

353963
私権原理から共認原理への大転換 20/02/22 PM01
最大限の充足可能性を追求することが、最大限の共認圧力を作り出す! 女の職場話

353941
もはや学校は終っている 20/02/21 PM06
親和の場づくりは現実の外圧を直視して実現される→外圧の無い学校では不可能 匿名希望

353918
社員の活力を引き上げるには? 20/02/20 PM07
【追悼】初公開、野村克也元監督が語る「リーダーへの4つの教え」〜(2) 津田大照

353917
社員の活力を引き上げるには? 20/02/20 PM06
【追悼】初公開、野村克也元監督が語る「リーダーへの4つの教え」〜(1) 津田大照

353913
もはや学校は終っている 20/02/20 PM01
知識や洞察力のない人による教育改革は悲劇(茂木健一郎)A 太刀川省治

353912
もはや学校は終っている 20/02/20 PM00
知識や洞察力のない人による教育改革は悲劇(茂木健一郎)@ 太刀川省治

353910
もはや学校は終っている 20/02/20 AM09
東大は今や「滑り止め」になった? 野崎章

353856
もはや学校は終っている 20/02/18 PM01
「講義型から対話型へ。世界で活躍する人材を育てる『考える教育』」〜特別講義「教える」から「考える」へー答えなき時代の教育トレンドー 津田大照

353834
次代の活力源は? 20/02/17 PM05
自分の仕事、働き方に満足し、生き生きと働いている方の特徴 匿名希望
トラック
バック
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 20/02/17 PM01
お手伝いする子は出来る子?10 〜児童労働は労基法違反なのか? 感謝の心を育むには

353798
社員の活力を引き上げるには? 20/02/16 PM00
「球が速い」と「打たせて捕る」、いいピッチャーはどっち? 森浩平

353795
否定脳(旧観念)からの脱却 20/02/16 AM09
【図解】外圧捨象(→活力ドン底) と 人類の再生 佐藤賢志

353770
もはや学校は終っている 20/02/15 PM03
子供たちなんて学校で教育なんかすることないんだ。自然の中に放り込んどきゃいい 匿名希望

353745
社員の活力を引き上げるには? 20/02/14 PM08
人間関係は効率化できない 別所彦次郎
トラック
バック
次代の活力源は? 20/02/14 PM08
中堅社会人へ〜アンテナ力を高める〜 これからは探求の時代

353722
次代の活力源は? 20/02/13 PM11
都会の中学生が「地方の公立高校に留学」してみたら 竹村誠一

353720
人類の起源と人類の拡散 20/02/13 PM10
「腕を広げた長さ=身長」って本当? 小5が「解明」 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp