検索頁へ
 
件 (1/1227頁) 総数24528件
  人材・教育  
必読一覧 秀作一覧 佳作一覧 全記事一覧

351714
次代の活力源は? 19/12/07 PM11
感謝のこころから新たな人生の始まり〜代々木忠まとめ〜 木戸康平

351713
日本を守るのに、右も左もない 19/12/07 PM10
闘う男を輩出する企業が日本を再生させ、生産力を底上げしていく 持国天

351712
収束不全:やりたいことが見つからない 19/12/07 PM10
なぜ「質の高い人材」を獲得できないのか – 採用に強いといわれる企業はここが違う kanarchy

351699
次代の活力源は? 19/12/07 PM01
「遊ぶように働く」を本当に実現した人の発想 〜学歴や職歴よりずっと大事なこと〜 井垣義稀

351684
次代の活力源は? 19/12/06 PM09
現在の、そしてこれからの活力源:『一体化充足』をつかむためにどうするか! 酒井俊弘

351681
社員の活力を引き上げるには? 19/12/06 PM08
優れた思考は、練られた言葉に現れる。 別所彦次郎

351678
もはや学校は終っている 19/12/06 PM07
日本の15歳の子どもたちの読解力が8位→15位に 匿名希望

351676
日本人と縄文体質 19/12/06 PM06
江戸時代の算学は過酷な自然災害との格闘で発達した 花田裕実

351675
事業・仕事 19/12/06 PM05
トヨタ車の“違和感”を五感で見つける整備士の仕事 二島圭入

351673
社員の活力を引き上げるには? 19/12/06 PM01
時間が足りないと嘆く人は、まず最初に「行動の断捨離」をせよ 津田大照

351672
次代の活力源は? 19/12/06 PM00
教育の本質は実体験と感動からくる恩返し たかじん

351669
社員の活力を引き上げるには? 19/12/06 AM10
「働き方の多様化」の裏側と〈箱〉の秘密 匿名希望

351668
もはや学校は終っている 19/12/06 AM09
大卒・院卒の方が高卒よりもAIに仕事を奪われる可能性が高いという報告 蔵端敏博

351642
社員の活力を引き上げるには? 19/12/05 PM01
あなたのタイプはどれ?リーダーにふさわしい自己表現の型は? 伊達政宗

351635
次代の活力源は? 19/12/05 PM00
コミュニケーション能力、トーク力。似ているようで実は違う? 八千頭身

351631
社員の活力を引き上げるには? 19/12/05 AM10
オフィスを創造空間にするには? 新川啓一

351630
社員の活力を引き上げるには? 19/12/05 AM09
誰でも歓迎!の社員食堂を作った設計事務所 北口真穂

351605
試験・身分制度の根深い害 19/12/04 PM00
我が子の「早期教育」は要注意〜流行に踊らされず、子ども時代にしかできない経験を十分にさせること 中村英起

351603
もはや学校は終っている 19/12/04 AM10
入試改革に対して文句を言っているような時代はとっくに終わっている 野崎章

351575
収束不全:やりたいことが見つからない 19/12/03 PM01
お客様の「購入後に喜ぶ姿」も想像できない販売員に未来などない 土偶
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp