検索頁へ
 
件 (1/392頁) 総数7833件
  日本再生・共同体社会の実現  

357306
共同体社会の実現 20/05/31 PM10
集団を生きる場と据える=集団と一体化 女の職場話

357301
私権原理から共認原理への大転換 20/05/31 PM08
地方が生き返るためにベーシックインカム−1 若林勇夫

357274
日本を守るのに、右も左もない 20/05/30 PM08
代々木忠(AV監督、映画監督、映画プロデューサー)の追求〜日本は何を失ったのか?〜 木戸康平
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/05/29 PM09
農的社会8〜農の可能性を”体感”させる場 新しい「農」のかたち

357245
これからの暮らしはどうなるの? 20/05/29 PM06
一斉休校で教育との向き合い「変わる」親たち 山本紀克
トラック
バック
新しい共認勢力 20/05/26 PM05
追求勢力登場の予感 日本を守るのに右も左もない

357152
日本を守るのに、右も左もない 20/05/26 AM09
秀吉の朝鮮出兵の目的はイエズス会の野心撲滅だった! 木戸康平
トラック
バック
新資源・新エネルギーの開発は? 20/05/25 PM09
木は伐採してからも生きている〜「自然界にある温度でなきゃかわいそう」 生物史から、自然の摂理を読み解く

357104
共同体社会の実現 20/05/24 PM03
若手が組織の活力を引っ張る!その秘密は? 女の職場話
トラック
バック
私権原理から共認原理への大転換 20/05/24 AM00
今回のコロナ禍でグローバル社会から共同体社会へ転換するのか? -エピローグ 共同体社会と人類婚姻史

357090
経済破局は来るのか? 20/05/23 PM10
コロナ禍で人々の意識は一転。なのに、市場の狂気と都市の毒気が人々を孤立させ不安を煽り、マスコミの扇動に乗せられる。 持国天
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/05/23 PM09
農的社会7〜改めて、日本農業の強みと課題を整理する 新しい「農」のかたち

357025
新しい共認勢力 20/05/21 PM09
◆奥の院考・世界人口を半減するには? 匿名希望
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/05/17 PM03
農的社会6〜産業政策に偏重する日本の農政 新しい「農」のかたち
トラック
バック
共認運動をどう実現してゆくか? 20/05/17 AM00
今回のコロナ禍でグローバル社会から共同体社会へ転換するのか? -5.本来の共同体が持っていた機能としての福祉、教育などを共同体で取り組んでいく課題 共同体社会と人類婚姻史

356812
いい女って、何? いい男って、何? 20/05/16 PM01
女の照準力は応望して充足することで磨かれる♪ 女の職場話
トラック
バック
これからの暮らしはどうなるの? 20/05/14 PM08
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 日本を守るのに右も左もない

356679
共同体社会の実現 20/05/14 AM00
ベーシックインカムはどうだったのか? フィンランド政府が最終報告書を公表 匿名希望
トラック
バック
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/05/14 AM00
コロナに見る頭脳支配の構図 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
共認運動をどう実現してゆくか? 20/05/12 PM09
今回のコロナ禍でグローバル社会から共同体社会へ転換するのか? -4.既存ライフラインへの危機感とエネルギー自給への流れ 共同体社会と人類婚姻史
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp