検索頁へ
 
件 (1/392頁) 総数7833件
  日本再生・共同体社会の実現  

357306
共同体社会の実現 20/05/31 PM10
集団を生きる場と据える=集団と一体化 女の職場話

357301
私権原理から共認原理への大転換 20/05/31 PM08
地方が生き返るためにベーシックインカム−1 若林勇夫

357274
日本を守るのに、右も左もない 20/05/30 PM08
代々木忠(AV監督、映画監督、映画プロデューサー)の追求〜日本は何を失ったのか?〜 木戸康平
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/05/29 PM09
農的社会8〜農の可能性を”体感”させる場 新しい「農」のかたち

357245
これからの暮らしはどうなるの? 20/05/29 PM06
一斉休校で教育との向き合い「変わる」親たち 山本紀克
トラック
バック
新しい共認勢力 20/05/26 PM05
追求勢力登場の予感 日本を守るのに右も左もない

357152
日本を守るのに、右も左もない 20/05/26 AM09
秀吉の朝鮮出兵の目的はイエズス会の野心撲滅だった! 木戸康平
トラック
バック
新資源・新エネルギーの開発は? 20/05/25 PM09
木は伐採してからも生きている〜「自然界にある温度でなきゃかわいそう」 生物史から、自然の摂理を読み解く

357104
共同体社会の実現 20/05/24 PM03
若手が組織の活力を引っ張る!その秘密は? 女の職場話
トラック
バック
私権原理から共認原理への大転換 20/05/24 AM00
今回のコロナ禍でグローバル社会から共同体社会へ転換するのか? -エピローグ 共同体社会と人類婚姻史

357090
経済破局は来るのか? 20/05/23 PM10
コロナ禍で人々の意識は一転。なのに、市場の狂気と都市の毒気が人々を孤立させ不安を煽り、マスコミの扇動に乗せられる。 持国天
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/05/23 PM09
農的社会7〜改めて、日本農業の強みと課題を整理する 新しい「農」のかたち

357025
新しい共認勢力 20/05/21 PM09
◆奥の院考・世界人口を半減するには? 匿名希望
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/05/17 PM03
農的社会6〜産業政策に偏重する日本の農政 新しい「農」のかたち
トラック
バック
共認運動をどう実現してゆくか? 20/05/17 AM00
今回のコロナ禍でグローバル社会から共同体社会へ転換するのか? -5.本来の共同体が持っていた機能としての福祉、教育などを共同体で取り組んでいく課題 共同体社会と人類婚姻史

356812
いい女って、何? いい男って、何? 20/05/16 PM01
女の照準力は応望して充足することで磨かれる♪ 女の職場話
トラック
バック
これからの暮らしはどうなるの? 20/05/14 PM08
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 日本を守るのに右も左もない

356679
共同体社会の実現 20/05/14 AM00
ベーシックインカムはどうだったのか? フィンランド政府が最終報告書を公表 匿名希望
トラック
バック
学者とマスコミはグルで頭脳支配 20/05/14 AM00
コロナに見る頭脳支配の構図 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
共認運動をどう実現してゆくか? 20/05/12 PM09
今回のコロナ禍でグローバル社会から共同体社会へ転換するのか? -4.既存ライフラインへの危機感とエネルギー自給への流れ 共同体社会と人類婚姻史
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp