検索頁へ
 
件 (1/1697頁) 総数33934件
  日本再生・共同体社会の実現  
トラック
バック
世界各国の状況 20/01/27 PM03
プーチン大統領の国内戦略(目指しているのは、西欧の金融支配の経済に変わる、国家経済体制の高度化) 金貸しは、国家を相手に金を貸す

353149
農村を活性化させる為には? 20/01/26 PM06
種苗法改正が1月からの国会で通ってしまうと大変です。 上前二郎
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 20/01/26 PM05
農と全人教育4〜地域の自然・風景・山河を守るために 新しい「農」のかたち

353146
環境破壊 20/01/26 PM04
5G推進にストップを!〜5Gが人体に与える影響 高梨俊寛

353127
密室家庭は人間をダメにする 20/01/25 PM05
学力も体力もカネで買う時代 長曾我部幸隆

353078
新資源・新エネルギーの開発は? 20/01/23 PM08
小水力発電こそ、日本列島の自然と調和したエネルギー 森羅万象

353069
収束不全:やりたいことが見つからない 20/01/23 PM03
日本の若者の活力ドン底(各国の意識調査より) 蔵端敏博

353064
日本を守るのに、右も左もない 20/01/23 AM09
帰国した日本人が見た久々の日本は自分のことだけで精一杯だった 伊達政宗

352997
日本を守るのに、右も左もない 20/01/20 PM08
けじめつけぬ文化の蔓延 高梨俊寛

352971
新しい共認勢力 20/01/19 PM06
日本の地方から、ポスト資本主義社会を具現化するA 大森久蔵

352969
新しい共認勢力 20/01/19 PM05
日本の地方から、ポスト資本主義社会を具現化する@ 大森久蔵
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 20/01/19 PM03
米バブル(国債経済)崩壊の兆し、・・・中央銀行システムの終焉と国家紙幣への転換は待ったなし 日本を守るのに右も左もない

352954
日本を守るのに、右も左もない 20/01/18 PM11
日本を襲う「海の異変」マグロ・イカ・サケ…漁獲激減の恐ろしい意味 コキマール

352947
日本を守るのに、右も左もない 20/01/18 PM09
種子法廃止を骨抜きにする反撃〜代替の条例制定に動き出した地方自治体〜 小圷敏文

352923
素人による創造 20/01/18 AM10
伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密(社員15倍! 見学者300倍! 踊る町工場) 紀伊谷高那

352912
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/01/17 PM11
原油価格上昇が日本経済に悪影響を与える理由 森浩平
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 20/01/16 PM09
国際情勢の大変動を見抜く!-47〜北方領土・竹島・尖閣問題は英米が日本を分割統治するために仕組んだ〜 金貸しは、国家を相手に金を貸す

352875
日本を守るのに、右も左もない 20/01/16 PM08
「目を覚ませ、日本人! 本来の大和魂を取り戻せ!」 姜ヨセフ

352874
企業を共同体化するには? 20/01/16 PM07
子連れ出勤を小さな常識に ある企業の取組み 新川啓一

352852
健康と食と医 20/01/15 PM09
玄米一粒の革命〜「食養」の考え 中村英起
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp