検索頁へ
 
件 (1/1735頁) 総数34688件
  日本再生・共同体社会の実現  

362093
農村を活性化させる為には? 20/11/27 PM08
都市域企業には農業兼業を義務付け。鉄道沿線の就農定住事業を、企業と自治体と電鉄会社で進める。 持国天

362080
私権原理から共認原理への大転換 20/11/27 AM00
BIは何が問題か? ぐみん
トラック
バック
西欧科学は狂っている 20/11/26 PM10
共に生きるシリーズ〜(プロローグ)さあ共生の時代へ。大変動の時代こそ、自然や生命の摂理に学ぶ これからは探求の時代

362053
日本を守るのに、右も左もない 20/11/25 PM11
日本が売られる(農業、水道、金融、ワクチン・・・) 匿名希望

362033
市場は環境を守れない、社会を統合できない 20/11/25 AM02
資本主義経済が生み出す矛盾、大衆が向く方向ではなく実態をみよ どうなる資本主義

362032
環境破壊 20/11/25 AM01
水が澄み、山が見えた 新型コロナで「環境は自分の手で改善できる」を学んだ私たち 山本紀克

362030
環境破壊 20/11/25 AM00
パンデミック初期に中国とヨーロッパで実施されたロックダウンによって大気汚染の改善と早期死者が減少 沙茂
トラック
バック
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/11/25 AM00
民族派が作りつつある世界 日本を守るのに右も左もない

362013
暴走する悪徳エリートの所業 20/11/24 PM07
竹中平蔵氏に逃げ道なし。元国税が暴くパソナと政府間「黒いカネ」の流れ その@ takigawa hayami

362010
いい女って、何? いい男って、何? 20/11/24 PM05
人としての前に、男と女 女の職場話

362004
共認運動をどう実現してゆくか? 20/11/24 AM09
子育て不安から解放されるには?! 類グループ社員ブログ

361992
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 20/11/23 PM09
コロナ禍に隠れる重要な数値 「日本の妊娠届」と「米国の財政赤字」 酒井俊弘

361979
新しい男女関係(→婚姻制)の模索 20/11/23 AM10
参加するほど解放される!組織が強くなる女子会のポイント☆ 類グループ社員ブログ

361967
これからの暮らしはどうなるの? 20/11/22 PM10
BI(ベーシックインカム)は人々が望む社会への投資 匿名希望
トラック
バック
日本人と縄文体質 20/11/21 PM09
「鎖国」とは武器と傭兵輸出の禁止令でもあった  日本を守るのに右も左もない

361892
日本を守るのに、右も左もない 20/11/19 PM10
日本人の優れた食生活は今や風前の灯火、小食と和食の食習慣が活力を再生させる。 持国天
トラック
バック
新しい共認勢力 20/11/18 PM09
アメリカの選挙の劇場化と冷めた日本の選挙。これからどうなる? 金貸しは、国家を相手に金を貸す

361859
日本を守るのに、右も左もない 20/11/18 PM05
老舗大国日本の秘密〜なぜ老舗が多いのか?〜 穴瀬博一
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 20/11/18 AM00
【実現塾】コロナ勢力⇒世界はどうなる?2(基礎保障後の世界はどう変わる?) 金貸しは、国家を相手に金を貸す

361833
日本を守るのに、右も左もない 20/11/17 PM01
コロナ禍での自殺者の急増は、20年来進んで来た日本社会の集団解体政策とつながる。 持国天
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp