検索頁へ
 
件 (1/1621頁) 総数32414件
  日本再生・共同体社会の実現  

335946
次代の活力源は? 18/05/25 PM07
これからは社員とお客様の区別がない企業が増える! 男と女の職場話

335938
日本を守るのに、右も左もない 18/05/25 AM02
【書籍紹介】太田龍著:『西郷隆盛とイルミナティの秘密戦争〜「日本殺しの真犯人を見つけた!」』 takigawa hayami

335937
国家の支配構造と私権原理 18/05/25 AM01
世界を動かす闇資金・・・Bフルフォード 本田真吾

335932
日本を守るのに、右も左もない 18/05/24 PM10
政府は人手不足が深刻な分野の労働力を補うため、外国人の受け入れを拡大! 峯川道明

335928
日本を守るのに、右も左もない 18/05/24 PM09
ロシアの志向性を示す事例 天神地祇
トラック
バック
これからの暮らしはどうなるの? 18/05/24 PM08
ベーシックインカムが導入されると、どのような社会になるか 日本を守るのに右も左もない

335869
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 18/05/22 PM03
【驚愕】種子の自家採種、農水省が原則禁止に大転換か!?自家採種禁止に衝撃!法改正も視野 花山薫

335867
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 18/05/22 PM00
世の中腐りきった人間が多すぎる 匿名希望

335854
共認運動をどう実現してゆくか? 18/05/21 PM10
アマゾンの「Echo Dot Kids」は子どもの健康を脅かす──米プライヴァシー保護団体や専門家が猛反発 大川剛史

335849
政治:右傾化の潮流 18/05/21 PM09
国会における安倍氏の言い逃れと居直りが、遂に、全国規模でモラル・ハザードを蔓延させ始めた:アメフト暴行事件を起こした日大が早速、安倍氏を真似て逃げまくっている 匿名希望

335843
社員の活力を引き上げるには? 18/05/21 PM07
「全員同じ机」「スマホで打ち合わせ」─生産性高める組織運営とは?2 匿名希望

335842
社員の活力を引き上げるには? 18/05/21 PM06
「全員同じ机」「スマホで打ち合わせ」─生産性高める組織運営とは?1 匿名希望

335833
共同体社会の実現 18/05/21 AM03
人口減少は問題ではなく可能性ではないだろうか 匿名希望

335830
新しい共認勢力 18/05/21 AM00
全ては「教育革命」に通ず 大森久蔵

335828
国債経済とその破綻(大破局の予感) 18/05/20 PM11
暗号通貨は経済崩壊を食い止めるのか 深ヰ紫

335826
新しい共認勢力 18/05/20 PM11
イタリアで進行している草の根民主主義革命 蒔田一雪

335825
新しい共認勢力 18/05/20 PM10
プーチンの戦略がとうとう機能しはじめたのか?ドイツは「自分たちの運命は自らが決める」とネオコンに反発 村上祥典

335823
共同体社会の実現 18/05/20 PM10
新追求のススメを追求 本日の議題で感じたこと 匿名希望

335821
次代の活力源は? 18/05/20 PM09
数多の企業が適応不全に陥る中、組織の主体となることで培われる関係能力が重要となってくる 清水昌広

335820
新しい共認勢力 18/05/20 PM09
お金の未来をひらくのは、現代の金融システムを越えてお金と向き合いはじめた生活者たち 秋田稔行
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp