検索頁へ
 
件 (1/187頁) 総数3723件
  現代意識潮流を探る  

336617
素人による創造 18/06/20 PM10
できる人が「自由」ではなく、「制約」を求める理由@ 鎌田華菜
トラック
バック
学校って、必要なの? 18/06/20 PM03
学校が変われば地域が変わる。そして社会が変わっていく 「みんなの学校」B 〜子供主体の考え方 これからは共同体の時代

336568
次代の活力源は? 18/06/18 PM10
自分も楽しめることを相手にお勧めする 匿名希望

336559
共認運動をどう実現してゆくか? 18/06/18 PM06
ゲストハウスやシェアハウスより「住み開き」。限界集落にある「ギルドハウス十日町」に、3年間で6700人が集まった理由 匿名希望

336540
私権原理から共認原理への大転換 18/06/17 PM08
日大アメフト部の指導者に欠けていた、「コーチに最も必要な資質」とは? 匿名希望

336490
次代の活力源は? 18/06/15 PM09
意味を発見し、創意工夫を重ねること♪ 男と女の職場話

336462
学校って、必要なの? 18/06/14 PM09
学校に行かないと決めた、12歳の哲学者が教えてくれることA 蔵端敏博

336461
学校って、必要なの? 18/06/14 PM08
学校に行かないと決めた、12歳の哲学者が教えてくれること@ 蔵端敏博

336387
学校って、必要なの? 18/06/11 PM08
「選択格差がない日本社会」を目指し、ある企業がはじめた“中・高卒のヤンキー”と企業をつなげる制度 月あかり

336386
学校って、必要なの? 18/06/11 PM08
従順な工場労働者と兵士を養成するための義務教育は、「被仰出書(立身出世思想)」の洗脳により広まった。 麻丘東出
トラック
バック
新しい共認勢力 18/06/11 AM09
“働くこと”も“学ぶこと”も“遊ぶこと”も全ては『生きること』 これからは共同体の時代

336363
学校って、必要なの? 18/06/10 PM09
子どもたちによる自治的集団づくり 竹村誠一

336358
学校って、必要なの? 18/06/10 PM07
コエン・エルカ氏の著書から〜「学校には行かなくてもよい」(1) 田野健

336337
思考革命:問題意識発から可能性発へ 18/06/09 PM08
今でなければ、いつするのか? 原てふ子

336333
子育てをどうする? 18/06/09 PM06
レゴなどの四角いブロックおもちゃが子どもの意識をロボット化して、創造力を奪う 匿名希望

336293
学校って、必要なの? 18/06/07 PM11
学校が「実力を育てる場所」に変わるべき理由 華里

336247
試験・身分制度の根深い害 18/06/06 AM10
難関大学合格者急増!富山・奇跡の学校の「頭のいい子の育て方」 開校10年の今年、東大理Vに2名合格(その2) 野崎章

336232
次代の活力源は? 18/06/05 PM07
「消費=幸せ」ではなくなった日本人へ。渋谷区在住ヒッピーが語る、“今”に満たされる豊かな村生活の魅力 月あかり

336226
次代の活力源は? 18/06/05 PM01
結局のところ生き残るのは「仲のいい会社」だ 吉 四六

336199
私権原理から共認原理への大転換 18/06/04 PM00
期応関係は現代の錬金術〜一日50円のなんでも屋の話〜 文太
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp