検索頁へ
 
件 (1/200頁) 総数3986件
  現代意識潮流を探る  
トラック
バック
日本人と縄文体質 19/04/20 AM00
「江戸しぐさ」に学ぶ 共同体社会と人類婚姻史

345115
’70年貧困の消滅と私権の衰弱 19/04/18 PM06
日本の生産性が低いのは、我々が「合理性」を憎んでいるからだった2 匿名希望

345022
素人による創造 19/04/14 PM10
「本当は貧乏になりたくないですか?」〜無圧力状態に危機感を抱、追求充足を求める若者の意識 小川泰文

345018
共認運動をどう実現してゆくか? 19/04/14 PM09
賢明に考えないと生き残ることさえ難しくなるような時代(平均IQ世界1位の日本)どうする? 匿名希望

344998
学校って、必要なの? 19/04/13 PM10
N高が有給インターンシップ開始、エンジニアからアイドルまで幅広い夢受け止める 藤井智子
トラック
バック
次代の活力源は? 19/04/13 PM10
増える子どもの起業〜学校の外で人間力が培われる〜 これからは追求の時代
トラック
バック
密室家庭は人間をダメにする 19/04/12 AM09
子供の仕事は遊びである!18 〜遊びと教育は対立する概念ではない1 感謝の心を育むには

344930
学校って、必要なの? 19/04/11 PM03
中学生起業が一般化された世界をータブーに挑む、ある連続起業家のまなざし 穴瀬博一

344843
次代の活力源は? 19/04/08 PM08
脳回路の仕組みの学びから、人の能力の本質部が見えてくる。 持国天

344830
私権原理から共認原理への大転換 19/04/08 PM01
「まず人に与える」を実践してみた話。 別所彦次郎

344792
学校って、必要なの? 19/04/07 PM03
本当の成長は学校の外〜12歳で起業した少年の戦い〜 望月宏洋

344732
現代意識潮流を探る 19/04/05 AM10
2019年版 新小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」 匿名希望

344708
社員の活力を引き上げるには? 19/04/04 PM06
どの仕事もこの3つを止めると急激に面白くなくなる。毎日の仕事の中に「楽しさ」を見つけるコツとは? 二島圭入

344703
現代意識潮流を探る 19/04/04 PM00
「こども20年変化」 調査結果を発表 柴田英明

344596
次代の活力源は? 19/03/31 PM07
1日3時間労働で何不自由なく暮らす方法〜「稼げる人は仕事が速い」のではなく「照準力が高い」 落地独歩
トラック
バック
次代の活力源は? 19/03/31 PM00
新社会人に捧ぐ:追求力・人間力の獲得へ向かえ! これからは追求の時代

344517
新しい共認勢力 19/03/28 PM10
世界で注目!”Z世代”の特徴とは?ミレニアル世代とはどう違うのか? おぬこ
トラック
バック
社員の活力を引き上げるには? 19/03/28 PM08
『青い理想をどす臭く実現する』 A〜企業理念でつながっているからこそ力を発揮できる これからは追求の時代

344467
次代の活力源は? 19/03/27 AM09
ヤンキー再生道場〜元ギャング、サイバーエージェントへ〜 野崎章

344397
次代の活力源は? 19/03/25 AM00
脳回路の仕組み15 思考ベクトルが逆転している架空観念 岡田淳三郎
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp