検索頁へ
 
件 (1/182頁) 総数3631件
  現代意識潮流を探る  

335022
収束不全:やりたいことが見つからない 18/04/21 PM10
幼少期と思春期以降では、やりたい仕事が違っていく、 持国天

334997
私権原理から共認原理への大転換 18/04/20 PM10
主体性はどこから生まれるか 男と女の職場話

334986
共同体社会の実現 18/04/20 PM01
ベーシックインカム実験中のフィンランド:「大企業も安泰ではない」⇒「起業家の国」になりつつある 時田 弘

334964
企業を共同体化するには? 18/04/19 PM05
自発的に仕事の意味を理解してくれる、そういうパワーが会社に欲しい⇒命令、押し付け禁止! 男と女の職場話

334958
次代の活力源は? 18/04/19 AM10
20代で"やりたいこと"がないのは普通だ 月あかり

334918
社員の活力を引き上げるには? 18/04/17 PM10
成果主義を導入すると社員は頑張る、でも全体では損をする〜自律的な集団づくりの模索 根木貴大
トラック
バック
次代の活力源は? 18/04/17 PM07
職人の世界に学ぶ〜見習い=見て習うこと〜 これからは共同体の時代
トラック
バック
新しい共認勢力 18/04/16 PM09
反グローバリズムの潮流(オーストリアで極右派が参加する連立政権樹立、EU離れが加速) 金貸しは、国家を相手に金を貸す

334860
企業を共同体化するには? 18/04/15 PM03
「自分たちの場は自分たちで作る」 金川和弘
トラック
バック
日本人と縄文体質 18/04/15 AM09
日本企業の特徴 〜技術の継承が人材育成力をもたらし老舗企業になっていく〜 これからは共同体の時代

334795
次代の活力源は? 18/04/12 PM09
「必要とされる新しい活力」とは〜社会人一年目の実感から〜 池谷菜奈子
トラック
バック
学校って、必要なの? 18/04/10 PM09
「現役高校生が語る!3年半の不登校が僕をエンジニアにしてくれた」 感謝の心を育むには
トラック
バック
共同体社会の実現 18/04/09 PM09
国家紙幣による経済運営A 為替競争 ⇒世界的にも追求力・同化力の時代へ 日本を守るのに右も左もない

334722
現代意識潮流を探る 18/04/09 PM06
日本は7位にランクイン!世界で最も自殺率の高い国トップ10 志水満

334684
次代の活力源は? 18/04/07 PM10
モチベーションの誤解と主体性の鍵 斎藤幸雄

334683
次代の活力源は? 18/04/07 PM10
幸せに生きるために仕事をする。生きるために幸せに仕事をする。 森浩平

334674
現代意識潮流を探る 18/04/07 PM03
キリスト教への信仰心が消える欧州 根木貴大
トラック
バック
密室家庭は人間をダメにする 18/04/06 PM08
野外保育の可能性12 〜こどもへのまなざし1〜設立趣旨 感謝の心を育むには

334627
共認運動をどう実現してゆくか? 18/04/05 PM06
拡張家族 Cift 〜マジョリティの意思の総和は、自己愛なのか社会愛なのか す太郎

334607
次代の活力源は? 18/04/04 PM05
心の豊かさを求める時代は、自分たちの働き方が商品になる 高橋謙太
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp