検索頁へ
 
件 (1/1133頁) 総数22644件
  現代意識潮流を探る  

353039
これからの暮らしはどうなるの? 20/01/22 PM00
環境共生住宅がいま求められている!!〜90年も前に建てられた藤井厚二『聴竹居』の豊かさから学ぶ〜 道民

353010
現代意識潮流を探る 20/01/21 AM09
70際前後の「団塊の世代」がとにかく元気なのはなぜか 匿名希望

352974
次代の活力源は? 20/01/19 PM08
自分の行動は自分の内側からやってきたものだと勘違いする人々⇒外圧によって内なる意思が生起する事実 わたっきー

352971
新しい共認勢力 20/01/19 PM06
日本の地方から、ポスト資本主義社会を具現化するA 大森久蔵

352969
新しい共認勢力 20/01/19 PM05
日本の地方から、ポスト資本主義社会を具現化する@ 大森久蔵

352965
私権原理から共認原理への大転換 20/01/19 AM10
感謝の周波数に乗ると、奇跡を起こすエネルギーとつながる。 原てふ子

352924
素人による創造 20/01/18 PM00
閃きを生むにはどうする? 佐藤有志

352923
素人による創造 20/01/18 AM10
伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密(社員15倍! 見学者300倍! 踊る町工場) 紀伊谷高那

352896
本能⇒共認機能⇒観念機能 20/01/17 PM01
追求の根っこには充足があるもの♪ 男と女の職場話

352895
次代の活力源は? 20/01/17 PM00
資本主義の中で解決できない“理想と現実の乖離”を埋める仕組みづくり〜本当の豊さとは?〜 どうなる資本主義

352893
次代の活力源は? 20/01/17 AM09
今年もムダに目標をたてた人たちへ~「絵にかいた餅」を作るより重要なこと~ 真鍋一郎

352875
日本を守るのに、右も左もない 20/01/16 PM08
「目を覚ませ、日本人! 本来の大和魂を取り戻せ!」 姜ヨセフ

352873
これからの暮らしはどうなるの? 20/01/16 PM06
会話が上手い人は「何でもグーグル検索」しない 新直

352869
収束不全:やりたいことが見つからない 20/01/16 PM01
キャリア選択とは。幻想と残酷な真実 藤井智子

352803
環境破壊 20/01/14 PM01
近代科学に極度に依存した人類の活動を、自然の摂理に即した活動へ転換することが必要な時代 本田真吾

352799
日本人と縄文体質 20/01/14 AM09
海外で日本の手工芸を伝える。京都の職人が本音で語る“職人”とは 藤井智子

352788
現代意識潮流を探る 20/01/13 PM09
「未知収束」に向かうための「影響力の地図」 是安知和

352768
次代の活力源は? 20/01/13 AM01
「生き物としての力を取り戻す「50」の自然体験」を実際にやってみよう! 峯川道明

352762
企業を共同体化するには? 20/01/12 PM10
指示待ち社員の集団が自ら考え行動する集団に変わる3つのステップ 直永亮明
トラック
バック
次代の活力源は? 20/01/12 PM03
農と全人教育2〜農業は、資本主義とは相容れない 新しい「農」のかたち
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp