検索頁へ
 
件 (1/1006頁) 総数20105件
  現代意識潮流を探る  

330458
共同体社会の実現 17/10/16 PM10
ベーシックインカムは、誰もが飢えずに生きる社会をデザインする B:私たちはすでに、太陽や水という恵みをベーシックインカムとして自然から貰っている 松重臣

330457
共同体社会の実現 17/10/16 PM09
ベーシックインカムは、誰もが飢えずに生きる社会をデザインする A:とりあえず飢えない収入があれば、働くことを義務とせず働いてしまう世の中になる 松重臣

330456
共同体社会の実現 17/10/16 PM09
ベーシックインカムは、誰もが飢えずに生きる社会をデザインする @:税金は生前より死後とるのがいちばん効率いい 松重臣

330440
否定脳(旧観念)からの脱却 17/10/15 PM11
相手の考えや期待に同化するにはどうすれば良いのか? 尾崎大翔
トラック
バック
次代の活力源は? 17/10/15 PM10
教育イノベーション事例〜世界最難関・ミネルバ大学とは 共同体社会と人類婚姻史

330429
次代の活力源は? 17/10/15 PM09
なぜ「ゲーム」が日本の教育を変えるのか 〜楽しい勉強が長続きする理由〜 高橋謙太

330419
これからの暮らしはどうなるの? 17/10/15 PM03
資本主義の終焉?「価値を破壊することがもっとも儲かる」という禁断の果実 どうなる資本主義

330398
学校って、必要なの? 17/10/14 PM07
探求回路を再生する学び「ドルトンプラン教育」 白海豚

330395
素人による創造 17/10/14 PM05
12歳で「量子力学の教科書」執筆 日本の未来を支える若き天才 瀬部倫一郎

330374
共認心理学:現代の精神病理 17/10/13 PM07
スマホにより崩壊する共認社会 二島圭入

330369
次代の活力源は? 17/10/13 PM05
イノベーションを起こす「越境人材」の育成 雪竹恭一

330345
学校って、必要なの? 17/10/12 PM08
自然の不思議に目見開く感覚を「小3までは本物触れて」ファーブル昆虫記を完訳 奥本大三郎さん 楊数未知

330344
子育てをどうする? 17/10/12 PM08
エジソンは、3ヶ月で小学校を中退していた!母はどうやって息子を偉大な発明家に育てたのか? 匿名希望

330343
学校って、必要なの? 17/10/12 PM07
偏差値重視の親が知らない「食える力」の教育〜2020年、教育界の「関ヶ原の戦い」が勃発する 津田大照

330342
次代の活力源は? 17/10/12 PM07
大学名関係なし。Google社が解明した「採用すべき人材」の法則 廣渕一志

330325
日本人と縄文体質 17/10/11 PM10
「お上」意識と依存心の裏返し。 長曾我部幸隆

330324
次代の活力源は? 17/10/11 PM09
「ミスなし、締切厳守」だけの経理では今後通用しない理由 孫悟空

330300
健康と食と医 17/10/10 PM10
その病気「自作自演」かも。武田教授が原始時代の生活を勧める訳 加藤俊治

330280
未知なる回路:気・霊感・予知 17/10/10 AM00
ありがとうと無視 月あかり

330245
次代の活力源は? 17/10/08 PM07
新しいオフィス=上足・森・未来=素足感覚+本物の木+子供の笑い声=共同体 酒井俊弘
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp