検索頁へ
 
件 (1/26頁) 総数516件
  子育て・能力形成(家庭・学校・企業)  

347750
もはや学校は終っている 19/07/19 PM08
遊びが学びに欠かせないわけ〜学校が監獄になる必然 男と女の職場話
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/07/16 PM08
「学問は最高の遊びである」 感謝の心を育むには

347609
子育てをどうする? 19/07/14 PM03
遊びが学びに欠かせないわけ〜寛大さと信頼にあふれた狩猟採集民の子育て 男と女の職場話

347556
共同体社会の実現 19/07/12 PM07
集団の中で生きる、いなかの母の生き方「母業」を学ぶ。 山本紀克
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/07/10 PM03
学校に対する違和感の正体〜原因は自分ではなく、社会から隔絶した学校にある。 感謝の心を育むには

347470
子育てをどうする? 19/07/09 PM08
遊びが学びに欠かせないわけ〜遊びから得られるもの 男と女の職場話
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 19/07/09 PM03
民族・集団本能を開放するには?8 〜日本人の不整合感からの突破口〜 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/07/03 PM03
脳回路を解く(6)〜・成績圧力と文字脳・公式脳・〜 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
密室家庭は人間をダメにする 19/07/02 PM09
私たちは保護者という名の支配者になっていないか? 感謝の心を育むには

347263
密室家庭は人間をダメにする 19/07/02 PM06
何して遊ぶの?になる前に〜親がお膳立て症候群から抜け出そう! 男と女の職場話
トラック
バック
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/06/30 AM00
民族・集団本能を開放するには?7 〜頭脳支配機構(学校・マスコミ)を超え、外圧・期待をつかむ〜 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/06/28 AM00
江戸時代の教育〜生産を中心とした共同体集団に根ざしたものだった〜 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
国家の支配構造と私権原理 19/06/26 PM09
脳回路を解く(5)〜・文字と書き言葉の弊害・〜 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
学者とマスコミはグルで頭脳支配 19/06/26 PM06
民族・集団本能を開放するには?6 〜思考停止・頭脳支配の仕組み〜 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/06/25 PM05
大人になるのは何歳から? 感謝の心を育むには

347047
子育てをどうする? 19/06/24 PM06
人間は遊ぶ動物〜ごっこ遊び(真似)が大切〜 望月宏洋
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/06/17 PM03
ゴールデンエイジは二度来る〜遊ぶこと・社会に出ることが可能性〜 これからは探求の時代
トラック
バック
もはや学校は終っている 19/06/13 AM00
★明治時代初期:なぜ、学校一揆や学校焼き討ちが起こったのか? 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 19/06/08 PM09
一億総百姓化社会のススメ〜日々の暮らしの中に、『農』の時間を 新しい「農」のかたち

346606
もはや学校は終っている 19/06/08 PM06
もはや学校は終っている⇒子供たち自身の手で学校に代わる教育の場づくりを! 宮田一郎
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp