検索頁へ
 
件 (1/260頁) 総数5187件
  子育て・能力形成(家庭・学校・企業)  

355089
試験・身分制度の根深い害 20/03/28 PM10
子どもの将来は偏差値ではなく○○で決まる! 「難関校に行けば安泰」の時代はもう去った 紀伊谷高那
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/03/28 PM03
何のための運動会?もうやめた方がいい5つの理由【教師の現場リアル談】 感謝の心を育むには

355061
もはや学校は終っている 20/03/28 AM02
定住の生産様式の変化が、子どもの遊び→内発意欲→能力にも影響 麻丘東出
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/03/27 PM03
企業立学校4 もう大学には任せられない byトヨタ 感謝の心を育むには

354919
もはや学校は終っている 20/03/24 PM05
大学の偏差値と入社後の仕事ぶりには何の関係もない、一流大卒の採用は無駄(日本電産・永守会長) 匿名希望

354901
もはや学校は終っている 20/03/23 PM09
学校が子どもを無能で従順な人間に矯正する 麻丘東出
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/03/23 PM09
「子どもは学校に行かなくてもいいんじゃない?」 感謝の心を育むには

354889
生物の起源と歴史 20/03/23 PM05
役割を全うすることが集団の外圧適応力を押し上げる 女の職場話

354863
試験・身分制度の根深い害 20/03/22 PM06
解けない問題を出された時の反応が、その人の能力のバロメーターとなる 別所彦次郎
トラック
バック
密室家庭は人間をダメにする 20/03/22 PM05
ほめてはいけない!『ほめる子育て』4つのリスクを小学校教師が解説!【アドラー心理学】 感謝の心を育むには
トラック
バック
次代の活力源は? 20/03/21 PM05
考える身体のつくり方(1)〜脱文字脳⇒本能次元で考える力を身につける これからは探求の時代
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/03/20 PM03
企業立学校3 新たな流れ2〜こんなにある 感謝の心を育むには

354766
マスコミに支配される社会 20/03/19 PM10
休校で困っていること 1位「運動不足」 2位「ストレスや精神面」 匿名希望

354642
心の本体=共認機能の形成過程 20/03/17 PM03
「褒める教育」は本当に根拠があるのか? 北村浩司
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/03/17 PM01
「小1問題」の本質は学校の古臭さにある 感謝の心を育むには

354567
心の本体=共認機能の形成過程 20/03/16 AM00
男が闘争存在であるために、まず必要なのは? 女の職場話
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/03/14 PM09
子供が学校を休みたいと言ったら休ませても良い理由4つ【小学校教諭の視点】 感謝の心を育むには
トラック
バック
もはや学校は終っている 20/03/13 PM05
企業立学校2 新たな流れ1〜始まりは教育にかける想い 感謝の心を育むには

354465
子育てをどうする? 20/03/12 PM10
農業体験は技術を教えるのではなく、芸術性を感じてもらい命を感じる事 三上公平

354371
サル社会を解明しよう 20/03/09 AM00
霊長類では異例 専門家が教える、「孤独」極めるオランウータンの生き様 匿名希望
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp